男の友情を描きたくて、ずっと頭を悩ませていた。
自分には河原で殴り合った記憶もないし、だからってミュージシャン同士の熱い友情みたいな歌も描きたくなかった。

友情なんて熱くなくていい。
もっとひっそりと、静かな気持ちを描きたくて、ここ最近頭を悩ませていた。

その時に昔のスタッフからラブ人間ってこんなイメージだよって言葉を伝えられて、それはどんなものかというと「大人になりきれない大人」だという。

それもなかなかうなづけるんだけれど、30歳を超えた俺はもう砂男のような生活をしてないわけで、それはつまりそんな気持ちも持ち合わせてないわけだ。

だからって大人になりきれてるかっというとそういうわけでもない。
相変わらず小さなことでイライラしたり、たった一曲で世界が変わるんじゃないかとか思ってる。

「大人になりきれない」だけじゃなく、「子供のまんまでもいられない」んだよって気持ちをやっぱり持っていて、今の俺にはそれがとても大切なように思う。

大人になりきれない人ってのは、守るものを持ち合わせてない。
だから大人になりきれないでいられる。
でも守るものをポケットいっぱいに入れた今の俺を語るには「子供のまんまじゃいられない」って言葉の方が近い気がした。

そしたら男同士の友情があっさりと描けた。
どうぞ、歌詞を読んでみてください。
高校の頃、図書室に入り浸ってた俺の手を取り引っ張り出してくれたアイツ。
運動もできて、みんなから人気者だったアイツが、なんで俺のこと気にしてくれて、なんでもかんでも話してくれたのか今でもわからないまんまだよ。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5928.JPG
photo by MiNORU OBARA


今日も今からスタジオ。
自主企画「環七エレジー」まで1ヶ月切った。
がんばるぞ。


【今日の新曲】

「図書室のひかり」

この角度だとあの数行が
光の具合で読めなくなってる
外の世界はとても広いけど
さわがしくて思わず立ち止まってしまう

この図書室は誰もいなくて
お弁当食べるのにちょうどいいんだ
本の世界は外の世界より
もっと広くて とても静かなのです

きみが大きな声で僕を呼んで
屋上までの階段を何個も何個も飛ばして
息が上がるよ やめてくれよ
息が上がる 息が上がってしまう

また青空があっけらかんと
調子はどう?とか聞いてくるから
皮肉めいてる ひらり万国旗
さっき読めなかった数行忘れそうになる

いつか産まれて来る子供の名前を
ああでもないこうでもないと君は考えてる
なんかつらいよ やめてくれよ
なんかつらい 胸が詰まってしまう

親の病気のことを案じたり
きみもきみなりに人生が実っていく
息が上がるね でもやめないでいいよ
息が上がる 息が上がるけど

きみが大きな声で僕を呼んでくれる
図書室の光から引きずり出してくれる
大人になる なんてうそみたい
大人になる いつか大人になる


6月13日。
雨がジト〜っと降ってる。
ついに梅雨らしくなってきた。

‪ワンマンライブも終わって2週間近く。終わった時はほっと一息してやろと思ってたけど、相変わらずバタバタしてる。本当はポテチでも食いつつ録り溜めてたやすらぎの郷でも観ようかと思ってたけど、そういうわけにはいかないみたい。また新しいTHEラブ人間を始めなきゃいけないから休んでらんない。

メンバーとはこの2週間ちらちらと会ってるけど、下北沢近松を立ち上げたばかりのツネはいつも忙しそうにしてて「らしいなあ〜。」って思う。ツネはいつも何かに急かされてて、その後ろからのごづかれが原動力なんだなあと思う。俺はそういうのを見ててとても気合が入る。っしゃ!じゃあ俺は曲を書こうか!って気になる。あっと驚くような曲は100曲に1曲だろうから、とりあえず100曲書く。曲を書くのは歌詞を書く100億倍たのしい。

歌詞なんてのは詩とは違うからそんな簡単にでてこない。ボブディランが言ってるとおり歌詞は歌われるべきもので、読まれるべきものではないからだ。メロディーとリズム、すなわち音楽があってこそ歌詞は生まれる。歌詞が先にできる時ってのがあるけど、歌詞を書いてる段階でほとんどメロディーなんて出来てしまってる。いつも言葉なんて音楽に呼ばれて、引っ張られて浮かぶんだ。言葉なんてホント何の役にも立たない。

メンバー4人になってもうすぐ半年になるけど、相変わらずバンドってのはたのしい。明日は久しぶりにメンバー4人が揃う予定があるから楽しみでブログ書いてみた。早く明日にならないかなあ。楽しみだなあ。

金田

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5138.JPG


ワンマンから一夜明けた。
来てくれたみんなありがと。
チケット取れなかったけど来たがってくれてた人達もありがと。

1年2ヶ月ぶりのワンマン。
その間のライブってのは長くても1時間くらいなもんで、ほとんど40分とか、サーキットイベントとかだと30分ってのはザラ。
だから喋りすぎたな。
みんなと適当な雑談したくて仕方なかったんだな。
1時間45分で終わる予定だったのに、2時間20分もやってた。

今回はみんなからもらったリクエスト曲を1位から14位まで+新曲5曲っつーセットリストでやったんだけど、ほんとワクワクした。今までのワンマンは自分がその時にやりたいものを100パーセントどかんとブチかますってスタイルだったから、みんなからリクエストもらうってなるとやっぱ雰囲気違うよね。

でも、今までで一番じぶんらしい雰囲気だった気がする。あー俺ってこんな人なんだな。って。誰かに言われないとわかんないなんて恥ずかしいけど、そんな感じだった。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5176.JPG

リクエストもらった曲の中で一番長い間歌ってなかった曲は「bedside baby blue」かな。たぶんセカンドアルバムのリリースツアーで歌って以来まったく歌ってなかったから。4年ぶりくらい。

ダブルアンコールは客電つけて、BGMも流して、それでもアンコールの声が鳴り止まなかった時だけやる。って決めてたもんで、きっとやらないだろうなってメンバーはみんな思ってた。
なのにいくらもう終わりっすよーって雰囲気になっても全然アンコールの声が鳴り止まないでやんの。うれしくていじわるもしたくなるよね。ほんとどうもありがとさまでした。うれしかったよ。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5182.JPG

近松開店のために頑張ったうちのメンバー、スタッフみんな本当にお疲れさん。これからきっと素晴らしい毎日が始まると思う。しんどくて、しんどくて、しんどくてしんどくてしんどくて、しょうがない時に思い出せる日を作れたんじゃねえかなあ。

THEラブ人間はぶっ壊すんじゃなくて、治す。
下北背負って、東京背負ってんのは当たり前で、やっぱちゃんと日本背負って音楽やる。
俺たちがちゃんと音楽を治すから。
みんなよかったら付き合ってね。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5180.JPG
これは俺のアンプの上の守り神


そんな近松で俺たちの新しいイヴェント「環七エレジー」がスタートする。8月24日。対バンはまだ秘密。また面白い一日をみんなでつくろうな。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5196.JPG

今回も会場BGMは俺が家でターンテーブル回してつくったミックスです。今回は雨の歌縛りでつくりました。気になった曲があった人のためにプレイリストを置いておきます。どうせこの時代ユーチューブに全部あるだろうから聴いてみてね。

以下、プレイリスト。
じゃバイバイ。

K.K




It's Raining  Today / Scott Walker
Walking In The Rain / The Ronettes
Rainy Day Women #12&35 / Bob Dylan
雨上がり / THE BLUE HEARTS
雨に唄えば / 川本真琴
Rain / The Beatles
五月雨 / 大滝詠一
雨がやんだ / 豊田道倫
雨 / The Mops
雨の日の帰り道 / ひらくドア
雨にふられて / 雪村いづみ
雨にぬれても / サム・テイラー
雨にぬれても / B.J.Thomas
雨に唄えば / Gene Kelly



最後に来てくれた友達との写真を貼っておきます!

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5175.JPG
忘れらんねえよ柴ちゃん

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5174.JPG
チーモンチョーチュウしらいさん、紺野ぶるまちゃん

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5157.JPG
うんちなう。

↑このページのトップへ