_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8181.JPG

どうも。元気にしてますか?金田です。

写真は6年ほど前にセカンドアルバム「SONGS」のリリースツアーワンマンを終えた後の写真です。

2013年に発売された、そのアルバムの再現ライブがもうすぐ開催されます。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8164.JPG

このアルバムは、死に向かって走る祖父を見て、自分も死に向かって走っている最中なのだということを理解するところから楽曲制作を始めました。

その日を境に、時計の秒針の音が物凄く重いものになり、自分の言葉や態度は、その濃度を増していきました。

用意されていた椅子に座って26年の月日が経ったところでアルバムを作り、それからまた6年が経ちました。

座っているばかりではいられないことを、いずれ立ち上がらなければいけないことを知ったからには、美徳もストーリーも無い歌をうたわなければいけないと、俺は今でも思うわけです。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8182.JPG

俺はそれをなぜか残したかったのだ。

そして、この個人的な俺の歌をなぜか待ってくれていた人たちにも、なぜか聴かせたかった。

あの当時の五人と、今の四人(とあなたたちひとりひとり)の物語は時に山を超え、海を超え、好みや偏見や人格を超え、進んで行く。

それは何かを手に入れる旅であると同時に、何かを失うための旅なずだ。

8lICvpb68x.jpg

THEラブ人間「SONGS」再現LIVE
▼8/28(水)新宿紅布
▼8/31(土)神戸太陽と虎

※入場無料+2drink
without OKIMOCHI(投げ銭)

予約はtheloveningen@gmail.comまで。

ゲストベーシストは梅津拓也。

夏が暑いです。今年の夏は最高な始まりだった!

2019年8月4日(日)にロッキンに7年ぶりに出演できた。

S__5906434.jpg

THEラブ人間としてこのステージに立てたこと幸せでした。
ここからまたいろんなことをやりたいと思えた。

バンドを10年もやっていると
希望みたいなことや光みたいなものがバンド動かす。
その光みたいなものが今回のステージで!

いつも絶望というわけでもないんだけど
当たり前をやり続けると自分たちの正解みたいなものがわからなくなる。
状況は変わらない、変わるきっかけを作っていきたい!といつも思っていて
これだ!と思って進み続けても、うまくいかないことの方が多い。。。
それでもいいライブをして、曲を作って、RECして
ってことをやらせてもらえているのは、こうゆうステージに立てることがバンドを続ける力になっている。

7年前は立つことだけでいっぱいだったけど
今年は何か残せたかな?
少なくともロッキンに向けてTHEラブ人間の動けた。
まだまだ満足のできる結果ではないけど・・・
僕らをステージに立たせてくれた、ロッキンの皆さま、関係してくれているあなた達とお客さんだと思ってます。
もっと一緒に音楽で登っていきたい。

ありがとうございました。ツネ






昔から生活音が小さい人が好きです。



生活音というのは、歩く音や扉を閉める音など、
とにかく生きていく上で避けられない音ですな。



適材適所な音量ならばうるさいとは感じないはずの音でもありますね。









なぜ好きなのかというと、

生活が丁寧な人が多い気がするからです。


生活が丁寧な人は、周りへの配慮も自然としているはず。そんな人がぼくは好きです。






たとえば、ドアを「バシーン!」と閉められると、いやでも気になりますよね。
"怒ってるのかな?"とか"自分のせいかな..."みたいに気を使わせる原因にもなり得るのですわ。







当方、生活音は静かにすることを心がけております。

クローゼットなどの扉にはクッション材を貼ったり、
常に携帯電話はマナーモードだったりと。



静かにしといて、損することはなかなかに無いのです。










ここで自説をひとつ。



「生活音の"標準値"が近い人が、一緒にいて居心地の良い人である」





事実、ぼくの友人には常にマナーモードにしている人が多いように感じます。

べつにカウントはしていませんが。





付き合う人間や恋人は金銭感覚ができるだけ近いほうがうまくいく、みたいな話をちょくちょく聞きますが、それと似たものなのかなあと。





個人的に気にしてしまいますね。
だからどうだ、という話でもないのですが。




世間で言われる「クチャラー」とかいう旧人類は
この意識が極端に低いものと思われます。

あと、貧乏ゆすりと舌打ち。






このあたりは特に気をつけている生活音かもしれません。



また、音楽にも通ずるものがあるかもしれませんね。
適材適所の音量や音程、音質etc...




なにか情報があれば随時お待ちしております。


_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3538.PNG



謹んで生きることは大事だなあと思いますが、時にはうるさくすることも大事なんだよなあ、と思う今日このごろ。



生活音には全く関係ないのですが、
この頃の遊戯王の命の扱われ方スゴいなあと。



なんの罪もない高校生が手首ちょん切られるかもしれんて。早いとこカードゲームで遊んでくれい。


富田

↑このページのトップへ