「ね」
の部分て
本当に大事な事だと思う

昨今は「I(私が)
表現する人が多くて
会話の流れを自分の話に
すり替えている感覚で

自分 だ け が 楽しければ それでいいの?と
思ってしまうオレと、話が合わない人ばかりで
イライラしてしまうし

かと言って
自分の思い通りにならないから
イライラしている
とも、とれる訳で

よく判らなくなってきて
人間不信になっているけど、

めぐ姉の言葉を読んで
今のままでいいんだ、と
ちょっと安心した

多分、第一次 心が折れた際に
スレイヤーズの曲や めぐ姉のラジオを
沢山聞いて、息を吹き替えしたから
オレの根っ子は ソコにあるんだろうな

てか、元々スレイヤーズの原作でも
傍若無人ではあるけれど
リナちょんの言動は
人を惹き付けるモノがあるから
魅力的な作品

スレイヤーズは全部が好き

何かの記事で、
国民的アニメのサザエさんの収録が
無期限収録中止、と読みました

あああ…ガウリイのお仕事が ←サザエさんのオレ的な見方

確かに、アフレコ(アテレコオフレコ)現場は
濃厚接触や飛沫感染が懸念されますもんね

なのでラジオの収録現場も心配です

どうか めぐ姉を始め
皆様 感染しませんように…

小さい頃「世界名作劇場」が好きで
よく見ていたのだけれど
ティコからハマらなくなってしまい
世界名作劇場を卒業し(見なくなった)

後にナナミの声が めぐ姉って事を知り
今月に入ってからGyaO!を見てた際に
偶々見かけ、懐かしくなって
見ているのだけれど

23・24話は
トラウマレベルで泣く
(´ノω;`){ティコォ…)

いやもぅほんと めぐ姉すごすぎる

めぐ姉の泣きシーンは
涙腺が抗えない、崩壊する

BLUE SEEDやスレイヤーズ
セイバーマリオネットJ等々
主役がめぐ姉だと作品に惹き付けられてしまう

…いや、SMJの主人公は小樽か
オレの中では花形美剣がBest of 主人公なんだけど←
それは置いといて


話を戻して
ティコの23・24話ではライムが垣間見れて
次回予告や25話辺りからリナちょんが垣間見れて
ティコで既にライムとリナちょんは
めぐ姉の知らない所で
産声をあげ始めていたんだな、と感じた

ティコの放映年代ググったら1994年で
BLUE SEEDと同じ年代(スレイヤーズは95年)
おおお…マジか

BLUE SEEDは
幼少の頃から八岐大蛇(日本神話)が好きなので
それがキッカケで見始めたアニメで
生まれて始めて"声優"を意識したアニメで
好きキャラは紅葉
推しキャラは草薙さん(cv:井上和彦さん)
草薙さんは初恋の人←

で、スレイヤーズは
当時DQⅤにハマってたのがキッカケで
(オレはFFじゃなくてDQ派)
DQに似たアニメだな、と見始め
OPでリナちょんに一目惚れし
EDで声優さんを確認したら
まさかの紅葉と同じ声優さん

運命 感じたわ←

めぐ姉の声優歴を遡ると
「魔神英雄伝ワタル」「チンプイ」から
オレ、お世話になってた
めぐ姉の声で育ってた

運命 感じたわ(2回目)

…と、いう経緯から
めぐ姉のラジオやエッセイや作詞で
お人柄を知り、思考や感性に惹かれて
どっぷりFAN不可避

て、お話
めぐ姉は良いぞ好いぞ

↑このページのトップへ