ワンマンツアー"無完成"特別企画!
ライブレポート!



【ネタバレ注意】



京都出身を全面的に押し出しているLOCAL CONNECTにとって、関西・大阪でのライブは彼らの"ホーム"とも言える。対バン形式のイベントでは幾度となくステージに立っている梅田Zeelaも、今回は自分たちだけしかいないワンマンでの出演。一体どんなライブになったのか、6月9日『大阪編』をレポートする。

台風の接近もあって、この日の大阪はジメジメと蒸し暑い日だった。地下1階に位置する会場は、外気に比べて少しひんやりとしていて心地よい。そんなことを考えられたのも入場時だけで、開演間際になると場内は来場者に埋め尽くされ満員電車のような圧迫感とそれぞれの体温を感じるようになった。

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2363.JPG

満員御礼の場内にこれまでとは違う音と光が差し込めばライブスタートの合図。緊張感をはらんでいた『東京編』とは違い、自信を持った余裕ある表情でメンバーが登場する。

<僕から叫んでみるよ><今度は君も叫んでみてよ>と、オーディエンスを煽る『フォルメイカー』がガッツリと観客の心を掴みながら1曲目を飾る。『スターライト』では、大量の光をバックにISATOが強く強く拳を突き上げ、自分たちがステージに立つ意味とその喜びを身体で表現していた。

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2364.JPG

MCでは、東京編が終わった後の移動中に起きた珍事件から、大阪という縁深い場所でのワンマンに対する想いなどを笑いを交えつつ披露。楽曲の持つ繊細なイメージとは違い、素の彼らはいい意味で子供っぽい。すごいと思ったら「すごい」、かっこいいと思ったら「かっこいい」と、思ったことは隠すことなく言葉にしてくれる。そんなギャップも魅力のひとつなのだろう。

イントロに物悲しげなメロディーがプラスされた『おやすみ』は、歌い出しまで時間が空く分、イントロ明けからの歌を聞き取ろうと客席はじっとその時を待つ。歌詞において「僕=バンド」と「君=視聴者」という人称代名詞を使うことの多いローコネだが、この『おやすみ』という楽曲の「僕」と「君」には複数は入れない。「僕」のひとりごとを覗いているような不思議な感覚のまま静かに1曲が終わり、続く『Paradise Lost』で全てが解放された。

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2361.JPG

ここまで書いておいて言うのもなんだが、大阪編は東京編に比べて全てが感情的だった。東京編で力を抜いていたとか、そういう意味ではなく"力の入れ方が違う"ように思えた。例え声が出なくなっても、演奏を間違えても、その瞬間に「こうしたい!」というメンバーそれぞれの欲望が溢れ出た肉食的なライブ。客席もそんなメンバーに呼応するように食らいつく。「歌って」と言われれば遠慮なく大声で歌うし、拍手を求められれば頭上高くに手を構えて大きく手を叩く。もはやバンドと客のバトルだ。

「これが僕たちの命の歌です。全身全霊で歌います」と、DaikiとISATOによる泣き出しそうなアカペラから始まった『コスモループ』は、それまでのアッパーチューンの流れを切ると同時にツインボーカルの存在感を蘇らせる。魂を削るように繰り出す歌は、ところどころかすれて声になっていない部分もあった。歌詞が飛んで俯くシーンもあった。綺麗なだけでないハーモニーは、命の儚さ・厳しさ・小ささを感じさせてくれた。

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2362.JPG

アンコールは、自分たちを待ってくれている誰かのための歌『想い、願い、歌う』。描いていた未来と現実の違いに弱音を吐きながらも音楽を続けることを選んだバンドのストレートな想いが詰まったこの楽曲を最後に選んだのは、大阪の地がLOCAL CONNECTにとって、バンドの可能性を感じた始まりの場所だったからかもしれない。

「ONEMAN TOUR 無完成」は、このあと6月22日に愛知・池下CLUB UPSET、7月14日に福岡Queblickにて開催される。


<セットリスト>
01.フォルメイカー
02. Power Song
03.スターライト
MC
04.ツギノセカイヘ
05.優シイ人
06.沈丁花
07.呼吸
MC
08.またあした
09.おやすみ
10.Paradise Lost
11.君の右手
MC
12.ROAD
13.Gold
14.新曲
MC
15.コスモループ
16.幸せのありか
ENCORE
17.想い、願い、歌う


昨夜はワンマンツアー無完成 2ヶ所目!
なんぼのもんじゃい大阪編でした!
ご来場いただいたみなさんありがとうございました!

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0845.JPG

LOCAL CONNECTが始動してから何度もライブをしてきた梅田Zeela。

自分たちでのイベントは「7RAILS」リリースツアーぶりになるのかな??

巡り巡ってのワンマンライブ!
当日までこんなに人が入ると思ってなかったのですが、パンパンのZeelaでワンマンライブを迎えることが出来ました!

もしフロアに入れなかった人がいたらごめんなさい…

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0847.JPG

地元関西ということもあり、あたたかい空気感とMCでの笑いへの厳しさを肌で感じながら最高のライブになりました!

みんなありがとう!!
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0846.JPG


ワンマンツアー無完成 引き続きよろしくね!
次は愛知は名古屋にてお会いしましょう!

_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0672.JPG

APitGPwCm7.jpg


Drums. Natsuki


ワンマンツアー"無完成"特別企画!
ライブレポート!


【ネタバレ注意】


参加者にとって満足度の高いライブだったと思う。
共演者のいないワンマンだからこそできる濃密なライブと、終演後にメンバーが来場者をお見送りするアフターフォロー。新旧楽曲を織り交ぜたセトリで挑んだ『東京編』を、読むのが面倒じゃない程度の文字数でご紹介しよう。


19:00ジャストに客席の照明が落とされ、眩い光がステージに広がった。壮大なSE(入場曲)をバックにメンバーが一人ずつ登場し個々のポジションにつく。全員揃ったところでDr.Natsukiの元へメンバーが集結。ここから始まるワンマンツアーへの希望や覚悟を込めた一人ひとりの拳が5つ合わさった。

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2303.JPG

「はじめよう、Crest」

Vo.ISATOの一言をきっかけに一気に会場はライブモードへ。『コトバ と ココロ』から始まる本編は<意味のないことだらけでいいんだよ 正解(答え)なんてどこにもないんだよ>と、今回のツアータイトル「無完成」の意味を来場者へ訴えかける。

3曲続けて披露したところでDaikiが「連れて行きたい世界があるんですよ!」と、観客を『ツギノセカイヘ』と誘った。序盤からテンション爆発気味の5人と、立て続けに繰り出されるアッパーチューンに会場の熱も上がる。続く『優シイ人』では最前列から最後列までの全員が拳を突き上げ、ISATO曰く"下手くそな手拍子"を頭上で叩き、一緒に歌う。全身全霊で音楽を届けるメンバーはすでにこの時点で汗だくで、客席にも汗を含んだ生暖かい空気が流れ始めたこの瞬間に冷房をガツンと入れてくれたO-Crestのスタッフ。個人的にはこの日いちばんの優しい人だと思いました。

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2305.JPG

MCでは、プロレスの審判員が登場したり、Gt.まーきーが"つむじ"を披露したりと素の5人が垣間見える。中でもレアだったのはBa.しゅうま による客席とのコール&レスポンスではないだろうか。ちょっとハニかんだ「いけるか渋谷!」に心を持っていかれた女性は多いと思う。男性からしたら「ああいうキャラってずるいよな」という少しのジェラシーもあるだろう。

小気味良いMCの後は爽やかな『またあした』。落ち着いたテンポであればあるほど、ISATOとDaikiのハモりがさらに気持ちよく聞こえる。ひとつのバンドにこんなに歌の上手いボーカルが2人もいるなんて贅沢すぎる。正直、卑怯だ。そんな卑怯なバンドが次に何を繰り出すかと耳をすませていると、教会の鐘の音が聞こえてきた。あー、これは泣いてしまう。このワンマンのために用意された『ふたり』のスペシャルバージョン。ISATOの透き通る声で張り上げられる<結ばれ合ったその先に 生きている確かな証明を>のフレーズは誰が聞いても圧倒されるものがあるだろう。卑怯だ。完敗だ。

無限の広がりを見せる『ROAD』ではシンガロングが鳴り響き、ローコネの中でも随一のギターロック曲『Gold』は、客席から力強く挙げられる拳がステージからの照明を受けて光り輝く。ライブも終盤だというのにメンバーも観客もパワーが落ちるどころかどんどん強くなっていく。「本気でいくよ」のサブタイトルはガチだった。

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2302.JPG

「新曲持ってきました!!」の高らかな宣言から始まったのは、これからの季節にぴったりのタオルを振り回したくなるサマーチューン。これまでのローコネ曲を作ってきたDaikiに加え、作曲にNatsukiが参加したという新曲は、明るくハッピーな楽曲に仕上がっている。ぜひ、この後のワンマンライブに参加される方は遠慮なしにタオルをぶん回して欲しい。

本編ラストは"LOCAL CONNECTのはじまり"とも言える大事な1曲、『幸せのありか』。MCでも「僕たちだけでは作れなかった。あなたがいてくれたからやることができた」と常に感謝を述べていたメンバーたち。<幸せはここにある>とステージに立っている自分たちの幸福感を噛みしめるとともに、一緒にライブを作ってくれるファンにも<幸せが生まれるように>手をとり、この先も歩んでいく決意を見せてくれた約2時間の素晴らしいライブだった。

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2301.JPG

「ONEMAN TOUR 無完成」は、6月9日に大阪・梅田Zeela、6月22日に愛知・池下CLUB UPSET、7月14日に福岡Queblickにて開催される。



<セットリスト>
01.コトバ と ココロ
02.Power Song
03.スターライト
MC
04.ツギノセカイヘ
05.優シイ人
06.沈丁花
07.呼吸
MC
08.またあした
9.ふたり
10.Paradise Lost
11.君の右手
MC
12.ROAD
13.Gold
14.新曲
15.コスモループ
MC
16.幸せのありか
ENCORE
17.フォルメイカー

↑このページのトップへ