これまで2種類の睡眠法をご紹介してきましたね


いきなりですが、みなさんが思う一番眠れない状況って何だと思います?

それぞれ嫌いなものや、苦手なものがあると思いますが
僕が思うのは、命の危険に直面している時じゃないでしょうか!!?
銃撃が飛び交ってて、いつ死んでもおかしくない状態の時に休まないといけない人が世の中にいます。

そう、「軍人」です。

しかし、そんな銃声が響いている場所で眠ることは、普通の人はまず無理だと思います。
そんな状況にいる軍人が戦場で120秒以内に眠れる睡眠法があることはご存知でしょうか?

バド・ウィンターさんの本に「米軍が採用した睡眠法!」が紹介されています。
この人は、元々アメリカの陸上コーチで、同時に心理学の教授もやってた人です。
米海軍に招待された時に、パイロットの睡眠を改善させる方法を考え 

 

その結果、この方法を使ったパイロットのうち96%が120秒以内に眠れるようになったといいます。
しかも、マシンガンの射撃音が鳴り響いてる場所でも眠れるようになったというので驚きです。

 


では、米軍式爆睡テクニックをご紹介していきましょう!!
実際はパイロットのためのテクニックになりますので、一般人向けにまとめますね! 


寝た状態からスタートしていきます!

(1)顔面(目)
最初のステップでは、顔面に意識を集中します。
そのままゆっくり呼吸をしながら、顔の筋肉をすべてリラックスさせます。  
舌、アゴ、目のまわりの筋肉などの力みを取っていくのがポイントですが特にここでは目のまわりの筋肉が重要視されてて、「眼球が自重で頭に沈み込んでいくようにイメージする」と良いとのこと。

 

 

(2)肩
顔が終わったら次は肩に意識を向けます。
肩が重さで自然と床に向かって沈んでいくようなイメージで力を抜くのがポイント。
ここでも、ゆっくり呼吸しながら力みを解いていってください。

 

 

(3)腕
次は腕です。まずは自分の利き手に注意し、肩と同じように自重で地中に沈むようなイメージを持ちましょう。
もし力の抜き方が難しかったら、いったん手をギューッと握ってから開くとリラックスできます。 
さらに、手のひらや指も同じように力を抜いたら、もう片方の手もやりましょう1

 

 

(4)足
まずは右の太ももから力を抜き、足が自重で床に沈み込んでいく様子をイメージしましょう。
続いて、ふくらはぎ→かかと→足の裏でも同様に行なっていきましょう。 
あとは、左足でも同じプロセスをくり返して終了です。

 

 

(5)思考リリース
最後に、10秒だけ「何も考えない」時間を作ります。
その日にあった悪いこと、明日の起床時間など、細かいことを考えるだけで筋肉に力が入ってしまうので、たった10秒だけでいいんで思考を遮断しましょう。

 

「何も考えない」ことが難しければ、
ロウソクの火をイメージしたり、海の上にプカプカ浮いている姿を想像したりしてみると良いかも。


個人的には、「認知シャッフル(音声ガイドでランダムな言葉をイメージすることを繰り返す)」と、体の緊張を抜いていく「筋弛緩法」を組み合わせた方法が超おすすめです。

もっともっと、睡眠のテクニックはあるんですが、
ぜひ、これらの方法から実践してもらえばと思います


【姿勢矯正・骨盤矯正・小顔矯正】を受けたい方は

◯EXE鍼灸整体院 駒澤大学店

住所:東京都世田谷区駒沢2丁目1-5コンフォリア駒澤301
HP:https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000512130/
アクセス:駒澤大学店から徒歩7分



【ダイエット・ボディメイク】が気になる方は

カウンセリング・体験トレーニング無料!!!

◯パーソナルトレーニングジムEXE 駒澤大学店
住所:東京都世田谷区駒沢2-25-10ソフィー駒沢B1F 
HP:https://pbs-exe.net/
アクセス:駒澤大学店から徒歩7分


◯パーソナルトレーニングジムEXE 都立大学店
住所:東京都目黒区平町1丁目26-18 第一ベルハウス 204号室
HP:https://exe-toritsudaigaku.com
アクセス:都立大学店から徒歩1分



◻︎LINEブログ
https://lineblog.me/lmbeam313blog/

◻︎facebook
https://www.facebook.comtakahiro.shouzusima

◻︎instagram
instagram.com/shozushima_takahiro/?hl=ja