月別アーカイブ / 2016年02月

1つの呟きから始まった朝ごはん。
小5から中1まで私のお家の朝ごはんは、変わらない。
バター椎茸、白米、牛乳。
なぜこの3点セットなのか。

それは、突然の出来事だ。

母は、ニュースを見た瞬間。
「あさひ、明日から椎茸と牛乳朝ごはんだわ」
ボソッと母は言う。
ニュースをみて1人で突っ込む。これはいつものことだからまた独り言かと思って適当にうんと相づちをしていた。

しかし悲劇は始まった。
毎日の朝ごはん。決まってバター椎茸白米牛乳がでてくるではないか。
しかも母は、目玉焼きを食べる。
「なんであさひだけいつもこれなの?」
「背伸ばすため」
何度聞いてもそう返ってくる。
そう。あのニュースは背が伸びる食べ物を紹介していたようだ。
はぁ。母よ。そう簡単に背が伸びたら苦労しないよ。
私はそう思いながらも黙々と2年間食べ続けた。
しかし背は変わらなかった。


アサヒ

頭に言葉のクローゼットが欲しい


品のある言葉を纏いたい


日曜日の日課は、Daisy Holiday!を聴くこと




manaka

先日、舞台オーファンズを観劇しました。


この舞台に登場する人物は3人


なので、一瞬一瞬の動き


泳ぐ目や、息遣い、感情が高ぶって赤くなっていく顔色、貧乏ゆすりだったり、張り詰める空気


普段は目で中々追えきれない


細かい部分もじっくり見れてとてもドキドキした。


そして柳下大さん演じる、トリートと自分を重ねて見入ってしまう場面もたくさんあって


胸がジリジリと 焼かれているような気持ちになっていました



柳下さんの熱いお芝居、本当に素晴らしくて 圧巻でした。



そして、舞台を見て泣いたのははじめてでした。


わたしの心にあったかくずっと残る作品だと思います。


皆さんに見て、感じてほしいです



manaka

↑このページのトップへ