こんばんわメロ✨
ご無沙汰メロディ😭
なかなかブログが書けずにいました。

_var_mobile_Media_DCIM_121APPLE_IMG_1899.JPG
最近の心境を綴ろうかと思います。
リサメロはこの通りとても元気です✨

しかし、考えさせられることが沢山ありました。

当たり前のように毎日は過ぎてます
でも時代は徐々に変わっていってるようにも思います。

この世の中は光と闇があって
光輝く瞬間っていうのは人から人へ伝染していきます。
光が満ち溢れたりする時は更に人を、ハッピーな気持ちにさせてくれたり、元気が湧いたりします。

逆に闇が溢れている時は、負のスパイラルに陥って、人から人へまた伝染していきます。

いろんな環境や状況において、私たちは日々心境の変化が起こります。

この何年か考えて、考えて、最近出した答えは、
光も闇も自分自身から生み出すことができるということ。
一人の光は小さくても、その光が1つから100つ集まれば偉大なパワーを産むし、逆も然り。

もちろん光が満ち足りている時や、前向きで元気な時の方が良いって思う人もいれば、
ポジティブに前向きに生きてる人に対して、嫉妬心や嫌悪感を抱く人もいます。
そんな気持ちになる自分が最低だなんて思う人もいます。


みんな必ず一つは大きい小さい関係なく闇を抱えているということです。

だからまずね、無理して前を向こうとするんではなくて、
自分の心にフォーカスすること。
自分の好きなものやテンションが上がるようなことを日常生活に取り入れること。
その時間がなくても作ること。
そして、自分の身体や自分の心を癒してあげることです。

一番現実的なことを伝えてると、
ストレスが溜まったり、心のもやもやが起きてしまったり、どうにもならない時は、
これらの4つのことをおすすめします。

①食生活を変えてみること
※保存料が入ったものや着色料が入ったものを口にしない。小麦粉をとらない。白い砂糖を食べない。
YzcidPcZGj.jpg

②運動をしてみる、温泉に入る
※ウォーキングしたり、ストレッチしたり。
手っ取り早いのは毎日プランク1分3セット朝をやるとか。
あとは、米ぬか酵素風呂とかすごく良いよ。
_var_mobile_Media_DCIM_120APPLE_IMG_0908.HEIC


③身の回りの生活の中に自分の好きなものを取り入れる。好きな時間を少しでも作る。

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2641.JPG
音楽でもいいし、インテリアでもいいし、なんでもいい。
例えばリサメロのインスタとかでも見て貰えば分かると思うけど、リサメロの私生活はカワイイで溢れてるって言ってくれることが多いんだけど、カワイイはリサメロにとって癒しでもあり、モチベーションになる薬です。
生活の中にカワイイものが溢れていれば、カワイイワールドを作るためにその時間に没頭するから、マイナスなことを考える時間がないんだ。
自分のための空間と自分のための時間。
それがどれだけ自分の心にとって重要なのか。
それをリサメロはみんなに伝えたいと思ってるメロ。

④SNSを見ない時間を作り、その時間は自分の好きな時間を無理してでもフォーカスすること。
SNSが普及してるいま、日常生活の中でSNSは欠かせない存在になっています。
インスタグラムを見すぎて、友達の生活レベルを見て羨ましがったり、嫉妬心を抱いたり、なんで自分はこうなんだろう。。。そんな気持ちになってしまう瞬間はとても勿体無いのね、
そうではなく、自分のための自分だけが輝ける時間を作ってください。


これらの4つを改善するのは最初はとてもしんどいとは思うけど、これらを少しずつ改善してから、リサメロは精神的に劇的に落ち込まなくなったし、心の中に余裕ができるようになりました。

結局は環境のせいや、人のせいではなく、自分の心が満ち足りていれば、社会がどれだけ負のスパイラルに陥ったとしても、自分がそれを跳ね除ける力があれば、落ち着いて物事の判断ができるのだと感じてます。

こんな感じで、リサメロなり、美容と健康と食についてSNSで沢山伝えてます。
それは本当に自分で実感して良いと思ったことだけをこれからも共有できたらいいなって思います。

リサメロの笑い方は激しいけど、笑うと元気になるの!だからみんなにも笑うことを忘れないでほしい。と、心から願います。

とてもとても語ってしまいました。

この文章を読んで、不快になってしまった方は本当にスマメロディ😭
でも書かずにはいられないし、自分がSNSをやっていく上でなにが必要か?
それは伝えることだと思いました✨


ハピメロ


Instagram
YouTube

フォロー&チャンネル登録そしてシェアしてね😍
コメントもどしどし受け付けてます💕

xoxo