_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7480.JPG
5回目となる今日は、
哀ちゃんのプロフィール(年齢・髪型・家族関係)を詳しくやろうと思います。


哀ちゃんの実年齢は18歳。
コナンの中で、哀ちゃん自身が明かしており、
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7481.JPG
原作者・青山剛昌さんは、
「18歳だけど、内緒だよ」とサンデー公式ガイドの質問で答えているそうな😅


現在は、
コナンたちが通っている帝丹小学校の1年B組に在籍。
コナンや少年探偵団の3人と同じクラスです。


父親が日本人、母親がイギリス人のハーフ。

赤みがかったウェーブ状の茶髪が特徴で、
本来の姿(宮野志保)を見たことがある少年探偵団の3人には「美人」と評された。

アニメでは、
2009年に放送枠が月曜から土曜の現在に移動してからは髪の毛が淡いオレンジ色に描かれており、

2013年に公開となった劇場版『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』を除いて茶髪のままだそうです。

2015年4月18日放送の第775話「消えたムンクの叫び」から髪の毛が茶髪に戻ったが、
以前の茶髪とはまた違った色で描かれているそうです。

このように、
アニメ版では哀ちゃんの茶髪だけでも大きな違いがあることがわかります。


家族は、
父の宮野厚司(みやのあつし)。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7482.JPG
*2017年時点で、明確な顔は描かれていないそうです(青山さんは、読者の質問対してこれから書くかもと発言している)。画像は、アニメ第340話-第341話「トイレに隠した秘密」のワンシーンで、唯一後ろ姿が写っている。

黒の組織内での地位は不明であり、
数年前に研究所の火災で妻の・エレーナとともに焼死したとされている。
阿笠博士とは、過去に発明品の発表会で何度か顔を合わせており、博士には「自分の発明品を気に入ってくれた。気さくで感じのいい人」と評している。
哀ちゃんは「学会を追い出されたマッドサイエンティスト」と言われており、博士にも自分が何の研究をしているか全く話さなかった。


母は、宮野エレーナ。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7483.JPG
夫・厚司とともに黒の組織の科学者であり、
研究所の火災に巻き込まれ、彼とともに焼死したとされている。
物静かな性格で、無口だった様子。
幹部クラスではあったが、コードネームは不明。
「ヘル・エンジェル(地獄に堕ちた天使)」と称されていた。

しかし、実際は2人の娘との別れを悟り、
志保(灰原哀)への誕生祝いを録音したカセットテープ(亡くなった時期は明確ではないが、1歳から20歳までのものが用意されていた)を用意するなど、娘思いだったことがわかる。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7484.JPG
降谷零(バーボン・安室透)とは、
彼が少年だった頃に面識があり、
零の回想によると、エレーナは零がケンカなどで傷を作ってくるたび手当てしていたことや、
「遠くへ行かなければならない」と言って、別れを告げていたことが判明している。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7485.JPG


そして唯一の姉、宮野明美。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7486.JPG
父・厚司と母・エレーナとの間に生まれたハーフ。
(ただし、顔立ちは妹の志保と異なり、イギリス人の特徴らしきものは見られない。)

年齢は24-25歳と思われ、偽名は"広田雅美"。

黒の組織の幹部だった志保とは違い、構成員ではあったがコードネームは付けられておらず、組織の監視付きではありながらも大学へ通い、友人たちと遊ぶ比較的に自由な生活を送っていた。

明るい性格であり、妹の志保にも慕われていた。

自分の命が危うい状況でも気丈に振る舞い、
心配する妹の志保を気づかっていた。

5年前に諸星大(赤井秀一)が黒の組織に潜入するために利用され交際を始め、それから3年間は恋人として付き合っていた。
FBIのアンドレ・キャメル捜査官のミスにより、FBI捜査官・赤井秀一であることが発覚する。
赤井が黒の組織に明美と志保を残し逃亡したため、2人は別れている。
その影響で明美は黒の組織から危険人物と認識されてしまう。

それから2年後、自分と妹の志保を黒の組織から抜けさせるというか条件で銀行強盗(アニメでは現金輸送車強盗)を実行する。
強盗を実行する前に、2年間音信不通だった赤井にメールを送っていた。
10億円を強盗したことは成功するが、その隠し場所を教えなかったためジンに撃たれてしまう。
ジンとウォッカが立ち去った直後、コナンが来るが時すでに遅く、自分が黒の組織の一員であることと同時に10億円を隠した場所を告げて息を引き取る。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7487.GIF

原作コミックでは第2巻という早い段階で登場する。
アニメでは、哀ちゃんが初登場する話の前に、「黒の組織10億円強奪事件」というタイトルで原作の事件の本筋を残しながらも大幅に原作とキャラクター設定を変更した形で放映された。

アニメ版の方で、"灰原の姉とは同姓同名にして奇しくも偽名を使った別人が、現在も刑務所に服役中"ということが公式設定のままになっていたそうで、
2016年に放送されたテレビスペシャル『名探偵コナン エピソード"ONE" 小さくなった名探偵』。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7488.JPG
で、原作に準拠した設定に軌道修正して描かれた。

その後も、たびたび哀ちゃん・赤井秀一の回想シーンで登場している。

コナンが自分が工藤新一であることを告げた数少ない人物であり、黒の組織の存在を初めて知らされることになった、コナンにとって大きな影響を残した人物の一人である。

姉・明美の死によって、哀ちゃんは黒の組織から逃亡し、新一の家の前で倒れているところを阿笠博士に拾われることになる。


というわけで、今日はここまで❗️

今日は、家族関係を中心に書いてみました。

次も引き続き人物像を書きたいと思います。