不動産情報を集める三つの方法



よい不動産に出会うためには、やはり多くの不動産情報を集めなければなりません。今は、インターネットを利用することで、家にいながらにして物件情報を収集することも可能です。 しかしスーモやホームズなどの大手物件探しサイトにばかり頼っていてはダメです。特にいい情報は店頭や自社サイトにだけあって、ネット上ではオープンに掲載しない可能性があります。

不動産業者にとってよい物件とは、希少価値が高く、誰かがすぐに買ってくれる物件で、しかも安価な物件です。こうした物件情報があれば、できれば自分自身でお客さんを付けたい、 自分だけで極秘に売りたい、という思いをもつものです。

また不動産の場合、実際に現地に物件を見に行くことで、さまざまなことがわかってきますし、それ自体が知識の蓄積にもなります。

最初はあらゆる手段で情報を集め、かつ最低10件から15件の物件を実際に見て回り、「不動産を見る目」を養うようにしましょう。そのためにはCランクやDランクの物件も見る必要があります。

ランクの低い物件も見て回り、ムダ足をどんどん踏むことで、いい物件と悪い物件を選別し ていくことができるようになります。確実に目を養うことにつながりますから、ムダ足も大いに踏みましょう。

では、具体的に情報収集の手順を説明していきましょう。

①昔ながらのやり方で住宅情報誌や友の会を利用する

新築物件や中古物件、土地において、多くの物件を比較検討する上で、情報量は命となります。なかでも物件情報量という意味で、紙媒体でのチェックは不可欠でした。 最も簡単なのは各種フリーペーパーの住宅情報誌を定期的に収集し、掲載物件の資料を葉書などで請求することです。

また大手のデベロッパーは「◯◯友の会」なる会員を募集しており、購入希望予定者向けに、
無料で案内資料を定期的に郵送してくれます。 情報収集の手始めとして、こうしたところからスタートしていくといいでしょう。 しかし、これは今や古典的な情報収集方法となってしまいました。



②インターネットを利用する

最近の不動産業者は、インターネットでの情報提供に積極的に取り組んでいるというよりも、「情報提供はインターネットのみ」と言っても過言ではないでしょう。 新築の分譲マンションにおいては、契約物件の内、当初ネットを通じてアクセスされたお客様が大半を占めている状況です。

情報収集媒体として、家やオフィスにいながらにして、多くの情報が得られるネットを利用しない手はありません。インターネットからは積極的に情報を集め、興味のある物件が出てきたら、詳しい資料を取り寄せてみてください。



③エリア内の不動産屋さんに尋ねて回る

これがなかなか大変なのですが、この過程がいちばん大切です。新築マンションを購入する 場合以外は、①と②を省いても、それ以外の戸建、土地を探す場合にはこれを省略するわけにはいきません。 希望するエリアの中の不動産屋さんは、最低5軒は回ってください。「こういった条件の物件はありませんか?」と電話や訪問で尋ねて回り、情報が常にもらえる業者さんを最低3軒は確保しましょう。このうち長期的にお付き合いができ、なおかつ優良情報をいただける業者さんは、おそらく1、2軒です。

そこから少なくとも20件程度の物件情報をもらい、最初は勉強のつもりでとにかく現地に足を運んで自分の目で物件を見てください。多くの物件を見ることが「目」を養うことになります。ぜひ多くの物件を見て比較してください。徐々にプロ顔負けになっていきます。
4ADNq5_AGo.JPG
足や電話を使った不動産屋回りは、方法としては超アナログですが、これが優良情報を得るいちばんの近道です。裏技やウルトラCは残念ながら存在しないのです。



次回につづきます






私が代表を務めております、株式会社ライトハウスのホームページはこちらです  https://light-house-osaka.com

◎対象エリアを広げてみよう

家を買うことを決め、最初にするのは、住む場所を決める作業です。もちろん、みなさんの中には「この辺りがいいな」「ここに住んでみたいな」と思うエリアがすでに存在していることでしょう。

すでに住みたい地域が決まっている場合、大概の人はピンポイントで物件を探そうとします。 たとえば◯◯沿線の◯◯駅付近に住みたいと思っているとしましょう。交通の便もよく、人気のエリアで、物件価格は高くなります。そのエリアにこだわって探そうとすると、なかなか予算と合う物件が見つからないこともあります。そんな時、隣の駅まで対象エリアを広げると、似た環境で、もう少し価格的に安い物件に住むことができます (築年数や駅距離を犠牲にして、あくまでもその駅で探すという方法もありますが)。

他のエリアにも目を向けるために、たとえば希望の駅と会社までの通勤時間と同程度の時間で通える地域から探してみるのも手です。地図を広げて、会社のある場所を基点にコンパスでその駅までの距離をとり、ぐるりと地図上に円を描いてみましょう。円上にある地域は、希望の駅から会社までの通勤時間と変わらない時間で通える地域です。

その中に、「ここならいいかな」と思える地域があったら、実際に足を運んで、街の雰囲気 やそこで暮らしている人たちを目で確かめてみます。「◯◯駅周辺がよかったけれど、隣接エリアの△△駅に行ってみると緑は多いし、結構いいじゃないか」と思ったりするかもしれません。

実家が近くにあるとか、仕事上どうしても離れられないなど、何らかの理由で住む地域が限定されるわけではない限り、ブランドやイメージだけでエリアを決めてしまわず、自由に考えていきましょう。

◎体験談からは本音の情報がとれる

希望する地域のことが知りたいという時、大いに参考になるのが住んでいる人たちの体験談です。エリアを決めるにしても、住みたいエリアに実際に住んでいる人の話を聞くことは大事です。

知り合いがいるなら直接住み心地を聞いてみるのもいいですし、インターネットにも、その地域に家を買って住んでいる人たちの体験談がアップされている可能性があります。そうしたネット情報も参考にされるといいのではないでしょうか。

体験者たちからは、売らんかなのための情報ではなく、本音の話が出てきます

たとえば軽井沢に住みたくて居住者の話を聞いてみたら、「冬の厳しさは尋常じゃないよ」 など、本からは得られない情報が聞けたりします。

じつは私も、いずれは白浜の海の近くの家に住むのが夢なのですが、実際に住んでいる人からは「あまり海の近くに住まないほうがいいよ。塩害がすごいから」と言われます。 海風の塩害で、洗濯物はパリッと乾かないし、ベランダも自転車も金属部分はどんどん錆びていってしまう。白浜に移り住んできた人たちの大半が、最初は海の近くに住んでいたけれど、どんどん奥のほうに引っ込んでしまうということも聞きました。
こうしたナマの情報を知っているのといないのとでは、住み始めたあとの生活にも影響してくるでしょう。 

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2808.JPG

住んでいる人達に聞く以外でそのエリアを知る有効な方法は、ウィークリーマンション等で実際に一週間程度暮らしてみることを提案します。一週間でも実際に暮らすことで、環境や夜の治安(雰囲気)、買い物などの利便性、交通機関の混み具合が体感できるはずです。

◎とにかく足を使い、目で確かめよう

また、「ここでなければ!」と決め付けてしまわず、できるだけいろいろなエリアに足を運び、 目で見てみることも大切です。
多くの人が「いい」「住みたい」と考える地域以外にも、理想とするイメージや育った環境 と似たエリアが見つかることが少なくありません。考えてもみなかった場所に、意外に「これ!」 という環境があったりするものなのです。

ですからイメージや先入観をもたず、観光がてら探してみるといいと思います。イオンに行ったついでにその付近のエリアを見てみるなど、何かのついででかまいませんから、いろいろな地域をちょこちょこ見てみましょう。

ただしエリア探索に車移動は禁物です。自転車か徒歩でじっくり見て回るというのが地域を知るコツです。

私の場合、白浜は生まれ育った場所というわけではありませんので、「白浜がいいなあ」 と思いはじめた当初は、観光がてら地域をよく自転車で走り回りました。
そうやってウロウロしたことで、今ではあの辺りの様子はほとんどわかりますし、どの辺に住みたいかも決まっています。

今は地元の人たちが作っている街のガイドブックもたくさんあります。それを片手にブラブラ街歩きをするのもお勧めです。

そうやって住みたいエリアが固まってきたら、その地域の犯罪発生率や税金関係、子育て支援策や、保育園の空き状況などについても調べてみましょう。現在は自治体のホームページである程度調べることができますし、犯罪発生率は警察庁のホームページでわかります。役所に電話で問い合わせてもいいでしょう。




次回「不動産情報の集め方」につづきます






私が代表を務めております、株式会社ライトハウスのホームページはこちらです https://light-house-osaka.com


◎必要な手順をきちんと踏んでいこう

現在は、インターネットなどで手軽に物件情報が入手できる時代になりました。ネットでさまざまな情報を集めて比較検討するのは楽しいものです。しかし本気で購入を考えるなら、必要な手順をきちんと踏んで、より多くの情報を集め、比較検討して候補物件を絞り込んでいくという作業がとても大切になります。

最初にいくつか候補エリアを決め、少しでも多くの物件情報を収集し、よさそうな不動産業者や物件を見つけて、現地やモデルルームに足を運んで現物や周辺環境をチェックする。
当たり前のことに感じるかもしれませんが、みなさんにとって本当の「理想の家」を見つけるには、この当たり前の手順が重要なのです。抜け道や近道はありません。王道をいくしかないのです。

この作業を面倒がらずに行っていくことで、「これだ!」と思える理想の家に巡り会うことができるはずです。

急ぐ必要はないのですから、巡り会うまでのプロセスを楽しみながら、じっくりと気長に自分にとっての理想の家を探していきましょう。




◎不動産知識に明るい人の手を借りよう

いい物件を探していくための各手順についてポイントを説明していきますが、手順とは別に、私が考える「理想の家」と巡り会うために大切なことを、最初にお伝えしておきたいと思います。
まずは、不動産・建築に関する書籍を読んだり、既に購入した人の体験記等をネットで見ることが有効です。不動産に関する知識や情報を増やしておくことが、失敗しないための最大のリスクヘッジになるということです。不動産を実際買う時になって何らかの疑問点や不安な点が出て来た場合は、不動産・建築の知識がある第三者に物件の適性価格や瑕疵がないか、または環境を調査してもらうことも考慮に入れるべきかもしれません。


◎不動産取引で失敗してしまう人の傾向は?

不動産取引で失敗してしまう背景には、その方の性格(決して悪い性格ではなく、むしろ優しくて、よい性格の方が多い)や、不動産取引独特の特性を知らないばっかりに被害に遭ってしまわれるということが少なくありません。これまで私が仕事上お会いした方の中で、そうした特徴の強いタイプを整理してみました。以下をぜひ参考にしてください。


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2086.PNG

1.不動産購入と自動車購入の根本的な違いを理解してない人 

トヨタの車を買う場合は、どこのディーラーで買おうが、どの担当者から買おうが車自体の品質に差はありません。が、不動産はすべての物件がそれぞれ異なり、一つとして同じ物はないのです。


2.人を信用し過ぎる人、任せ過ぎる人 

車であればいい加減な販売会社や営業マンから購入しても車自体の品質は同じです。不動産は営業マンが悪意の持ち主であったり、物件の瑕疵を見抜けない人間だったりすると、あとで大変なことになります。


3.多くの物件を比較検討せず、時間をかけずにすぐ買ってしまう人 

素人であっても、数多くの物件を見ることによって、価格的な相場感や物件の優劣の判断力がついてくるものです。不動産は急いで買うものではありません。後悔している方をみると、数件しか見ずに即決している人が実に多いです。くれぐれも衝動買いは禁物です。


4.疑問点、おかしいと思う点を質問できない人、そのままにしてしまう人 

不動産を売買する時、「おかしい思う点」、「疑問に感じる点」をそのままにせずに、根掘り葉掘り、100%納得いくまで聞いてください。「まあいいか。任せとくか」という態度では、のちに大きなトラブルになります。


5.住宅情報誌や書籍の情報だけで、にわか専門家になってしまっている人 

最近の情報誌には、非常に詳しい専門的な解説などが掲載されています。しかし、それらを読んだだけの中途半端な知識だけで取引を進めるのは危険です。
地味ではあっても、10件の物件を見てまわるなど、自分の足と耳と目で体験して得た知識のほうが10冊の本を読むよりずっと役に立ちます。


6.性善説に立って取引を進める人 

人と付き合う上では、性善説に立つことはすばらしいことだと思います。しかし不動産取引においては歓迎できません。高額な取引だけに、トラブル時の代償が大き過ぎるからです。この営業マンは良い人だから...、この販売員は優しい人だから...、ということと、物件がよいものであるかどうかは本質的に関係ありません。営業マンは誠実そうな良い人であっても、物件はいただけないというケースはあるのです。



営業マンが家族の写真を見せてくれたり、子どもの話をしたりすれば、自然と親しみが湧いてくるものです。でも、それと取引は別です。情に流されず、あくまで冷静に臨むということが不動産取引では重要なのです。



次回「希望のエリアを決める」につづきます







私が代表を務めております、株式会社ライトハウスのホームページはこちらです https://light-house-osaka.com


↑このページのトップへ