◎必要な手順をきちんと踏んでいこう

現在は、インターネットなどで手軽に物件情報が入手できる時代になりました。ネットでさまざまな情報を集めて比較検討するのは楽しいものです。しかし本気で購入を考えるなら、必要な手順をきちんと踏んで、より多くの情報を集め、比較検討して候補物件を絞り込んでいくという作業がとても大切になります。

最初にいくつか候補エリアを決め、少しでも多くの物件情報を収集し、よさそうな不動産業者や物件を見つけて、現地やモデルルームに足を運んで現物や周辺環境をチェックする。
当たり前のことに感じるかもしれませんが、みなさんにとって本当の「理想の家」を見つけるには、この当たり前の手順が重要なのです。抜け道や近道はありません。王道をいくしかないのです。

この作業を面倒がらずに行っていくことで、「これだ!」と思える理想の家に巡り会うことができるはずです。

急ぐ必要はないのですから、巡り会うまでのプロセスを楽しみながら、じっくりと気長に自分にとっての理想の家を探していきましょう。




◎不動産知識に明るい人の手を借りよう

いい物件を探していくための各手順についてポイントを説明していきますが、手順とは別に、私が考える「理想の家」と巡り会うために大切なことを、最初にお伝えしておきたいと思います。
まずは、不動産・建築に関する書籍を読んだり、既に購入した人の体験記等をネットで見ることが有効です。不動産に関する知識や情報を増やしておくことが、失敗しないための最大のリスクヘッジになるということです。不動産を実際買う時になって何らかの疑問点や不安な点が出て来た場合は、不動産・建築の知識がある第三者に物件の適性価格や瑕疵がないか、または環境を調査してもらうことも考慮に入れるべきかもしれません。


◎不動産取引で失敗してしまう人の傾向は?

不動産取引で失敗してしまう背景には、その方の性格(決して悪い性格ではなく、むしろ優しくて、よい性格の方が多い)や、不動産取引独特の特性を知らないばっかりに被害に遭ってしまわれるということが少なくありません。これまで私が仕事上お会いした方の中で、そうした特徴の強いタイプを整理してみました。以下をぜひ参考にしてください。


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2086.PNG

1.不動産購入と自動車購入の根本的な違いを理解してない人 

トヨタの車を買う場合は、どこのディーラーで買おうが、どの担当者から買おうが車自体の品質に差はありません。が、不動産はすべての物件がそれぞれ異なり、一つとして同じ物はないのです。


2.人を信用し過ぎる人、任せ過ぎる人 

車であればいい加減な販売会社や営業マンから購入しても車自体の品質は同じです。不動産は営業マンが悪意の持ち主であったり、物件の瑕疵を見抜けない人間だったりすると、あとで大変なことになります。


3.多くの物件を比較検討せず、時間をかけずにすぐ買ってしまう人 

素人であっても、数多くの物件を見ることによって、価格的な相場感や物件の優劣の判断力がついてくるものです。不動産は急いで買うものではありません。後悔している方をみると、数件しか見ずに即決している人が実に多いです。くれぐれも衝動買いは禁物です。


4.疑問点、おかしいと思う点を質問できない人、そのままにしてしまう人 

不動産を売買する時、「おかしい思う点」、「疑問に感じる点」をそのままにせずに、根掘り葉掘り、100%納得いくまで聞いてください。「まあいいか。任せとくか」という態度では、のちに大きなトラブルになります。


5.住宅情報誌や書籍の情報だけで、にわか専門家になってしまっている人 

最近の情報誌には、非常に詳しい専門的な解説などが掲載されています。しかし、それらを読んだだけの中途半端な知識だけで取引を進めるのは危険です。
地味ではあっても、10件の物件を見てまわるなど、自分の足と耳と目で体験して得た知識のほうが10冊の本を読むよりずっと役に立ちます。


6.性善説に立って取引を進める人 

人と付き合う上では、性善説に立つことはすばらしいことだと思います。しかし不動産取引においては歓迎できません。高額な取引だけに、トラブル時の代償が大き過ぎるからです。この営業マンは良い人だから...、この販売員は優しい人だから...、ということと、物件がよいものであるかどうかは本質的に関係ありません。営業マンは誠実そうな良い人であっても、物件はいただけないというケースはあるのです。



営業マンが家族の写真を見せてくれたり、子どもの話をしたりすれば、自然と親しみが湧いてくるものです。でも、それと取引は別です。情に流されず、あくまで冷静に臨むということが不動産取引では重要なのです。



次回につづきます







私が代表を務めております、株式会社ライトハウスのホームページはこちらです https://light-house-osaka.com


「家」とは、人生の目標を達成するため、理想とするライフスタイルを実現するための「道具」と私は思っています。

しかし、自分が真に望むライフスタイルが「これだ!」とはっきり断言できる方は、少ないのではないでしょうか。なぜなら真に望むライフスタイルは、「本当に実現したい自分」や、よく言われる「自己実現の形」が分からなければ見えてこないからです。

自分のライフスタイルが決まれば、自分の「道具」である「家選び」もはっきりしてきます。

そこで、ここでは、まだはっきりしないと言う方への手助けになればとの思いで、お話しさせていただきます。

少し横道にそれますが、恥ずかしながら、私が自分の「本当になりたい自分」に気づいたときのことをお話しさせていただきたいと思います。

私が30歳を超え、サラリーマンを辞めて独立したときのことです。直後にある本と出会いました。「7つの習慣」と言う本です。

「7つの習慣」は、一見、日々の業務をいかに効率的にこなすかというテクニック的な要素について書かれた典型的なビジネス書に思いましたが、実は読み進めていくうちに人生の核心に迫る非常に深い内容であることがわかったのです。

その本には、自分自身の「本当になりたい自分」を簡単にするための有効な方法として「本当の自分の願望」を知るには、「自分の葬式」を想像してみると良いと書かれていました。自分の葬式で、たくさんの知人や友人に「何と言って偲ばれたいか?」と。そこにあなた自身の「本当の願望」に対する答えがあると。

そこで初めてわかったのですが、社会人になって漠然と「ビジネスの世界で成功したい」といった物質的、経済的な成功を欲していると思っていた自分が、実はそんなことを本質的には望んでいないことが。

私としては、よくも悪くも自分がもっと俗っぽい言葉を望んでいると思っていましたが、本当は実に人間として根源的かつシンプルな言葉を望んでいたのです。

これまで、同様の質問を私の周りの友人たちにも尋ねてみました。「君の場合はどう?」「葬式でなんてみんなに言われたい?」と。

答えは多岐に渡りましたが、共通している点が1つありました。それはやはり「いいやつだった」「純粋な人だった」など、非常にシンプルな答えだったと言うことです。

「彼は有数の資産家だった」とか「金持ちだった」とか「素晴らしい事業家だった」といった俗物的な言葉をあげた人は皆無だったのです。

十分にお金持ちで、事業家として大成功している方にも同じことを聞いてみましたが、帰ってくる答えは同様でした。。。



この先の生き方が見えない、今はライフスタイルがわからないと言う皆さんも、一度、お葬式で言われたい言葉を考えてみてください。その偲ばれたい言葉のような人生を送るためにはどうしたらいいか。。。そこから「本当の理想とする自分」や「自己実現」のイメージが少し見えてくるかもしれません。

それが見えてくれば、自分が目指す自分だけのライフスタイルも見えてくるでしょう。そして望むライフスタイルを実現するための「道具」である、皆さんご自身の「理想の家」も見えてくると思います。


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1640.JPG


次回「理想の家を見つけるために大事なこと」につづきます







私が代表を務めております、株式会社ライトハウスのホームページはこちらです https://light-house-osaka.com

これまでお伝えしてきたように、一般的に家を買うという事は、一つの場所に長く住み、長期のローンを組むことを意味しています。

そこで私がみなさんに確認したいのは、「家を買う事によって、人生のフレキシビリティー(自由度)が大きく損なわれるリスクを許容できますか?」ということです。

転職したいのに、ローンが気になって、いやいや勤め続けることになりませんか?

何かの機会で、ある場所に引っ越ししたいと思っても躊躇することになりませんか?

家を買うと、フレキシビリティーはどうしても減退していくことになります。

弊社のお客様で、家を買った後は今まで年に3回行っていた大好きな海外旅行が3年に1回になってしまった方がいらっしゃいました。好きなことを諦めましたというお話を聞くたびに、こちらが寂しい気持ちになってしまいます。「本当にそれで幸せですか?大丈夫ですか?」と心配にもなってしまいます。

家を買ったから他に好きなものを我慢する。これはある程度は必要なことかもしれません。しかし家を買うことによって人生の、日々の生活の大きな楽しみを我慢しなければならないとしたら、それは非常に悲しいことです。

本当に大切なのは「家」自体ではなく、みなさんの「人生」なのですから。

では、家を購入する場合のリスクをどのように考えていったらいいのでしょうか?

ここまで読まれて「なんだか家の購入はリスクが大きすぎて怖くなってきた」という方がいらっしゃるかもしれません。念のため申しますが、私はリスクが高いから家の購入はお勧めできないと言っているのではないのです。

リスクを承知の上で、そしてそれを十分認識した上で購入して欲しいのです。そのためにも、リスクとの付き合い方について触れておきましょう。

3B2KMBYK8U.JPG

◎リスクはチャンスと考えていく

riskというと、日本語ではdangerつまり「危険」という意味だけで捉えがちですが、私はリスクという言葉には「good chance」という意味が含まれていると思います。
危険ばかりの怖いものではなく、理解し備えてさえおけばチャンスが生まれる。それがリスクの本質です。

家を購入する場合のチャンスとは何かというと、自分の理想のライフスタイルが実現できるチャンスでしょう。また住環境を向上させるチャンスかもしれませんし、夢の田舎暮らしを手に入れるチャンス、通勤ラッシュから解放されるチャンスかもしれません。

そう考えると、リスクは全て「悪者」と捉えるべきものではなくなります。

大切なのは「自分が許容できるリスクかどうか」ということです。もしもの時に自分で、または周りの協力で対応できるリスクなら、リスクも許容範囲内の代物となり、決して恐れる存在でなくなります。


◎身の丈に合ったリスクを背負う

「自分が許容できるリスク」とは、言いかえれば「身の丈に合ったリスクを背負う」ということ。どういった場所、どういった種類の家にせよ、身の丈に合った家を購入すべきということです。もっと砕いて表現すれば、精神的、経済的に無理をしないということです。無理をすれば必ずどこかに歪みが生じます。
現在の不動産の販売市場においては、買い手側が無理をしても購入できるスキームが揃っています。

ほとんどの不動産業者は「お客様、決して無理をして買ってはいけません」とは言ってくれません。

銀行も同じです。「今は金利が安いですから目一杯ローンを組んで、できるだけ長期に、できるだけたくさんの額を借り入れてください。」というのが本音です。

売主サイドに立つ側は、注意や忠告はしてくれないでしょう。ですから自分自身で「無理をしていないか、身の丈に合っているか?」をよくよく考えていかないといけないのです。

最近の傾向として「本来家を買うほどの年収がない人」にまで、低金利のローンを利用させて家を買わせてしまっているという現状があります。これはすべて今の低金利がなせる業なのです。

日本の全員が一斉に本当に「無理をしないで」不動産を買うようになったら、銀行の収益に大きな影響を与えるでしょうし、上場不動産会社さえも倒産するかもしれません。

無理して「エイ、ヤー!」で買ってしまうのは日本人のDNAなのかもしれませんが、このコラムを読んで下さっているみなさんは、自分の収入や返済能力に見合った身の丈に合ったリスクを背負うようにしてください。

そのためのポイントが以下のような点です。

◉ローン返済では、ボーナス返済を入れないで、月々の返済のみで返済計画を立てるようにしましょう。高度成長期を終えた今、かつてのような好景気はこの先訪れないと思って、景気に左右されるボーナスをあてにせず、月額返済のみでローンを考えることが大切です。

◉万一失業した場合のことも考えておきます。勤務年数がある程度あれば、月給の7割程度の失業保険が最長10ヶ月程度もらえます。この失業保険が受給できる期間にプラスして数ヶ月無収入でも生活ができて、ローンも払える程度の返済額で住宅ローンを組むことが「身の丈」のひとつの目安です。

◉購入価格を決める際は、万一の時のために、食費と学費と住宅ローンの合計6ヶ月くらいの貯金を残しておくことも目安にしてください。少しでもグレードの高い物件を買おうと、貯金を全て頭金につぎ込んでしまう人も少なくありませんが、貯金が全くないのにローン払うというのは生活がギリギリになりやすく、かなり危険です。

◉ローンは「いくら借りられるか」を考えてしまいがちですが、「いくら返せるか、どのくらい返し続けられるか」を考えましょう。先述しましたが35年ローンを払い続けるのは、現実的に難しく、不可能にも近いことです。その前に5年ごと、10年ごとなど、数年おきに繰り上げ返済ができそうであるかシミュレーションしていくことが大事です。

◉最悪の場合、貸すことになったときのことを考えて、月々のローン返済額を考えておくことも大切でしょう。月々10万円のローン返済でも、買った家が12万円で人に貸せば2万円プラスになります。この差額が大きいほど「リスクに対する対応性が高い」ことになるのです。




次回「ライフスタイルがまだ見えないあなたへ」につづきます






私が代表を務めております、株式会社ライトハウスのホームページはこちらです https://light-house-osaka.com

↑このページのトップへ