本日遂に、1st Album「Montage」をリリース。
アルバムにかけた想いは各メディアで沢山語って来たから、せっかくなのでそちらを読んで欲しい。

今日ブログを書いたのは他でもない。
明日のワンマンライブへの意気込みと、僕からのお願い。
そもそもなぜリリースした曲達をインストアイベントではなく、ライブハウスで初披露する事を選んだのか。
この意味は深い。

「自分達の曲を聴かせたい。」
この想いはアーティストにとって大切な想いなのは間違いないが、僕らはそこに+αを求めている。
それはリスナーとの一体感を作り出す事である。
その一体感はどうしても僕らとリスナーが同じ空間にいないと作り出せない。
尚且つ、それはライブでないと作り出せない。
1st Album「Montage」はライブを意識して制作したアルバムなので、ライブをして初めて完成します。

そう、勘のいい人なら気づいたでしょう。
『明日のワンマンライブは全員が盛り上がらないと意味がない。』
・初めての曲だから聴くのに徹したい。
→わかる。
・ノリ方がわからない。
→わかる。
わかっちゃいるけど僕らとみんなが同じ量盛り上がらないと明日のワンマンは今までのツアーを超えられない。
僕らも全力で煽って盛り上げに行くからみんなは安心してそれに乗っかってきて欲しい。
どうしても聴きに徹したかったら手をあげるだけでもいい。
ノリ方がわからなければ、体をリズムに合わせて揺らすだけでもいい。
その僅かなアクションが僕らを更に奮い立たせる。
この相互作用がライブの醍醐味。
どうか、一緒に明日のワンマンライブを成功させよう。
そしてMontageを名盤にしてやろう。
君はもうLenny code fictionの1メンバーなのだ。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1418.JPG

フィギュアスケートを習った。
水泳を習った。
サッカークラブに入った。
陸上クラブに入った。
バスケットボール部に入った。

それなりに、人並みにこなす事は出来た。
でも、何もかも続かなかった。

その中で唯一続けられたのが高校生の時に始めたギターだった。
きっと大好きなんだ。
僕にはこれしか無いんだ。

継続は力だと思う。
自分が天才的なセンスがあるなんて自信はとてもじゃないけど持ち合わせていない。
でも、努力はセンスを超えられると信じてる。
だからこそ始めた時間は周りより遅かったけど、ここまでやってこれた。

「自分なんて…」
「今から始めても遅い…」

こんな言葉は「何かをやらない為の、言い訳だ。」

僕はそれを伝える為に音楽をやっているのかもしれない。
僕らの音楽が、誰かの何かを始めるキッカケになれればいい。
本心からそう思っています。

8/22 4th single「Make my story」リリース
自分のやりたい事は自分が1番わかっている。
そうでしょ?
なら、やっちゃおうよ。

Gt.ソラ

Make my story MUSIC VIDEO
https://youtu.be/Pbqxgmp-hD4
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0341.JPG

もう皆さんご存知の通り、この度テレビアニメ「僕のヒーローアカデミア」の主題歌敷いてはオープニングテーマを担当する事になりました。

僕から今の等身大の想いをここに書き置いておきます。

僕らが小学生や中学生の時に、音楽を聴くきっかけはいつだって夕方の時間帯に放送される少年アニメの主題歌だった。
今でこそレーベルの偉大な先輩になりましたが、彼らの存在も、そこで知ることが出来た。
学校の話題や、放課後のカラオケでの選曲だったりを今でも鮮明に覚えている。
そんな存在に僕らが成る時が来た。
与えられる側から与える側へ。
今のキッズ達の憧れ、そして何より音楽を始めるきっかけにもなるかもしれない。
そう考えるとワクワクが止まらないな。

この主題歌は無論、僕達の力だけで決まった訳ではない。
スタッフの方々が全力で動いてくれたからこそ決まった。
それは僕達に期待してくれてるからであって、その期待を裏切る事は絶対に出来ない。

ではなぜ、期待してくれた?
それは何よりリリースが一度止まったこの一年間側にいてくれた貴方達のお陰なんだ。
この言葉は月並み過ぎて少々危険だと思うから具体例をあげよう。

----------------------------------------------------------
これは真実だから正直に話しておきます。
例えば、もしこの一年間でライブ会場に足を運んでくれる人が少なくなってしまったとする。

するとどうなる...?

周りの期待値もどうしても下がるんだ。
これは当たり前の事だよね。
それでも、AWAKENINGツアーを始め、実際に僕らの音を聴いてライブ会場に足を運んでくれて、そういったライブの成功があったからこそ期待値も上がった。
だからこそ、今回の主題歌に繋がったんだ。
----------------------------------------------------------

きっとこれから新しく僕らの音楽を好きになってくれる人達が増えると思う。(そうでなきゃ困る)
その時は貴方達が、ライブのノリ方だったり、見所だったりを、教えてあげて欲しいんだ。
どうかよろしくお願いします。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0135.JPG

↑このページのトップへ