もう皆さんご存知の通り、この度テレビアニメ「僕のヒーローアカデミア」の主題歌敷いてはオープニングテーマを担当する事になりました。

僕から今の等身大の想いをここに書き置いておきます。

僕らが小学生や中学生の時に、音楽を聴くきっかけはいつだって夕方の時間帯に放送される少年アニメの主題歌だった。
今でこそレーベルの偉大な先輩になりましたが、彼らの存在も、そこで知ることが出来た。
学校の話題や、放課後のカラオケでの選曲だったりを今でも鮮明に覚えている。
そんな存在に僕らが成る時が来た。
与えられる側から与える側へ。
今のキッズ達の憧れ、そして何より音楽を始めるきっかけにもなるかもしれない。
そう考えるとワクワクが止まらないな。

この主題歌は無論、僕達の力だけで決まった訳ではない。
スタッフの方々が全力で動いてくれたからこそ決まった。
それは僕達に期待してくれてるからであって、その期待を裏切る事は絶対に出来ない。

ではなぜ、期待してくれた?
それは何よりリリースが一度止まったこの一年間側にいてくれた貴方達のお陰なんだ。
この言葉は月並み過ぎて少々危険だと思うから具体例をあげよう。

----------------------------------------------------------
これは真実だから正直に話しておきます。
例えば、もしこの一年間でライブ会場に足を運んでくれる人が少なくなってしまったとする。

するとどうなる...?

周りの期待値もどうしても下がるんだ。
これは当たり前の事だよね。
それでも、AWAKENINGツアーを始め、実際に僕らの音を聴いてライブ会場に足を運んでくれて、そういったライブの成功があったからこそ期待値も上がった。
だからこそ、今回の主題歌に繋がったんだ。
----------------------------------------------------------

きっとこれから新しく僕らの音楽を好きになってくれる人達が増えると思う。(そうでなきゃ困る)
その時は貴方達が、ライブのノリ方だったり、見所だったりを、教えてあげて欲しいんだ。
どうかよろしくお願いします。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0135.JPG

2018.1.31 08:30頃
生まれてこのかた1番怖い夢で起きた。
色んな死を経験する夢。
絶望の淵に落とされました。
何が絶望かって、ループする事。
死んでも死んでも、死ぬ直前に時間が巻き戻る。
しかも前回なのか前世なのかわからないが記憶も痛覚も引き継ぐ事が絶望極まりない。
痛い思いをしてもすぐまた痛い思いをする。
信じられないかもしれないけど今日は夢の中に痛覚があったんだ。

嗚呼、怖かった。

只、怖くなった私は夢占いなんて調べたら、自分が死ぬ夢を見る時はどうやら良い傾向にあるみたい。
新しい自分に生まれ変わるらしい。
2月に怒涛のライブを控えた僕等にとってはとても良い夢だったのだ。

皆さんは、どんな夢見ましたか?

嗚呼、怖かった。

ソラ
https://www.instagram.com/sora_style7/
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6511.JPG

年末年始いかがお過ごしですか?
もう年始でも無いのか。

「Lenny code fictionは改めて自分のやりたかった、理想のロックバンドだ。」

最近強く思います。
片桐航の作る曲がどうしようもなく愛おしいし、4人で作るライブはどうしようもなく気持ちが良い。
麻薬なんてものはやった事ないのだけれど、イメージの中のそれはライブに少し似ている気がする。
Lenny code fictionが自分のやりたい理想のロックバンドと思えたのもAWAKENINGツアーがあったからだと思う。
メジャーデビューして色々遠回りしてきたけど、やっと理想の形になれたと今は自信を持ててる。
2017年頭にSHOWROOMで書き初めをしたと思うのですが、その時に「自信」と書きました。
しっかり叶えられたと思うよ。

そして自信をつけられたが故に1ヶ月以上ライブがない現状にとてもフラストレーションが溜まっている。
そう、ご無沙汰しているラインブログを更新するぐらいライブがしたい。(よくわからないが。)

兎にも角にも2018年はバズります。
17位が1番バズってもいいと思うのだけれど、どう?

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5868.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5888.JPG

↑このページのトップへ