お久しぶりです。
一週間前にいきなりアカウント消して心配かけてごめんなさい。
アカウントを消すに至った経緯や、ここ数週間の葛藤を、この場を借りてみんなにお話しようと思います。
文字ばっかりで疲れちゃうかもしれないけど、最後まで読んで欲しいです。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8727.HEIC

私は3/31にバラエティイベント「オトニワ」に、ソロで出演させて頂きました。
しかしながらその日の朝方頃から頭痛や目眩、吐き気を伴う体調不良、今までに体験したことの無いような、ふわふわとした感覚に悩まされ、ただの風邪ではない、と感じました。

その日から徐々に症状が悪化し、常に夢の中にいるような、自分が自分ではないような感覚に陥り、ライブや打ち合わせに向かっている途中、電車に乗っていると、自分がどこに向かっているのか、どこに向かえばいいのか分からなくなってしまったり、マネージャーからの業務連絡を受け取っても、文の内容が全く頭の中に入ってこなかったり、理解に苦しみ、応答が困難になってしまいました。

何かの病気かもしれないと怖くなり、自分のその時の症状を、検索してみることにしました。すると、1番上に自分の症状と全く同じような内容が書かれたページが出てきました。なんとか4/4、6のライブを終えたものの、6日のライブが終わった後、さすがに1人では抱えきれなくなり、マネージャーに相談しました。私はその時、もう心から笑うことが出来ないくらい精神的に疲れていて、それでもあまり空気が重くならないよう、軽いノリで、もしかしたらこの病気かもしれない、と検索して出てきたページを見せました。
その時のマネージャーの反応を見て、ああきっとこれは他人には理解してもらえない、自分一人で闘っていかなければいけないんだ、と確信しました。

それから一気に何も手につかなくなってしまい、限界を感じ、栃木に帰省しました。
家族といる間は心から笑えたし、実家はやはり安心感もあって、心地よくて、それでも仕事のことは常に考えなければいけない状況にあって、その度に酷い頭痛に襲われたり、思考能力が低下してしまいました。

私はこれまで、常にSNSが中心の生活をしていましたが、SNSにはたくさんの堪え難い誹謗中傷や、心無い言葉がたくさん転がっていて、でもそれだけではなく、ファンのみんなの暖かい応援のメッセージもたくさんあります。しかしその時の私はもう、いつも支えてくれるファンのみんなのツイートやコメントですらも、悩みのタネになってしまっていました。
もう何も見たくない、もう何も聞きたくない、そう感じ、メンバーやスタッフ、家族、周りの友達、誰にも相談せず、自分勝手な判断でインスタとtwitterのアカウントを削除しました。

アカウントを削除した後すぐに、ささらから電話があって、でも人とまともに会話をできる精神状況ではなかったため、ひたすら着信音が鳴り止むのを待ちました。その後マネージャーからも何回か電話があって、それも全部無視して、ただ「生きてます」とだけ返信しました。
その時の自分の状態、症状を、誰に言っても理解してもらえないと思っていたので、詳細は何も話さず、ただ「疲れたから」という理由で済まそうとしました。

その後もメンバーやマネージャーから心配の連絡が来ましたが、文字を見ても分が全く頭に入ってこないし、理解が追いつかないし、ただただ頭が痛くなるだけで、何か言わなきゃいけないと思いつつも、考えれば考えるほどわからなくなって、こんがらがって、本当にこのままではいけないと思い、精神科に行きました。

自分がここ数週間感じていた違和感や症状を全て医師に相談すると、「離人・現実感喪失症候群」の疑いがあると言われました。
やはり、私が検索した時に出てきた病名と同じでした。
仕事でのストレスや、疲労が原因である可能性が高いため、精神安定剤を服用し、しばらくの間仕事から離れ休養を取った方が良いと言われました。

これが、ここ数週間の私の話です。SNSのアカウントを消していた間も、やはりみんなの反応が気になってしまって、何度かファンのツイートを確認したりしていました。アカウントを消した時は、特に何か気に病んでいたわけでもないし、ただ自分の精神状態がこれ以上悪化しないようにとSNSから離れましたが、なんの事情も話さず勝手にアカウントを消してしまった為、いつも通りただ病んだからアカウントを消したという風に捉えられていて、やはり勝手な憶測でツイートをしている人も何人かいて、私に対する怒りのツイートや、次会った時に色々詰められるんだろうなと感じるようなツイートを見るたびに、もう自分には戻る場所がないと感じました。突然消えて、心配かけて、不安を抱かせて、本当に本当に申し訳ないという気持ちは常にありました。情けないとも思います。

ただ、どうしたらよかったのか、どうするのが正解だったのか、今でもわからないし、でもSNSから離れている間は、確かにとても精神が安定していました。これは完治する病気ではないし、治療法も無くて、ただどうにか情緒を安定させるしかなくて、だからこれからも私は、この症状と闘っていかなければならないけど、きっとみんななら理解してくれると信じて、今この文章を書いています。
私はこれからもみんなと最高を更新していきたいし、一生の夢であるアイドルをここで投げ出したくはないです、でも1人で抱えるには大きすぎて、きっとまたすぐパンクしてしまうから、だからどうか、力を貸して欲しいです。これからも、ずっと一緒についてきて欲しいです。
呆れられたかもしれないし、もう着いて行けねえよって思われたかもしれないけど、それでも待っててくれたみんなには、本当に本当に感謝しかないです。ありがとう。

LOVEbiteはこれから、夏に向けて、夢のステージに向けて、とっても大切で、とっても大変な期間に差し掛かります。
どうかこれからも、漆間あやみとLOVEbiteをよろしくお願いします。

_var_mobile_Media_DCIM_128APPLE_IMG_8038.HEIC