山田が遠征でボストンへと飛んでしまったので、
さぁ、子供3人をどう楽しませよう。
ネットで検索すると、わりかし近所に動物園発見!!
ホームページからしかチケット購入できないし、人数制限されてる?ような感じがあったから、週末でも混んでなさそう!
とワクワクしながら車を走らせること15分。


綺麗!!
かなり綺麗!!
こりゃ期待できるぞ!

開園の9:30を目指して到着したから、嬉しいことにまだ人は少なめ。
コロナ対策用に動物もマスク姿。笑

大人はマスク必須だったけど、
5歳以下は気温も上がると危険とのことでマスク無しでOK。

入り口で購入できたリンゴが入ったコップを持って最初に見に行ったのは

トナカイ!!!!

サンタはどこ⁈
って顔の長女。笑
トナカイにはリンゴがOKなので、柵の奥へ投げる。
雑だな。笑

それでもやっぱり気になるサンタ事情。
双子が出した結論は。
クリスマスまでにトナカイが迷子にならないようにここでお留守番してて、サンタはもっと寒いところに旅行に行ってるんだと。
ほほぅ。
なるほどね。

サンタの話がエンドレスで繰り返される中次にたどり着いたのはて鳥エリア。

絶滅危惧種とかのとりも多く飼育されていて、
暇そうにしてた(失礼) 飼育員がかなりおしゃべりしてくれた。
双子は完全にスルー(また失礼)

私はもっと聞きたかったのに…
ビビリの代表の息子は柵がないって理由で全く近づくこともなく、ずっと私のシャツにしがみついていました。
やはり女子チームは強いのか?
次女は鳥の鳴き声に合わせて自身もリズムを取っていた。笑

続いてはアルパカ!

はぁ…可愛い。
ここもエサをあげていいとのことで、
さすが強い女子。 なんの迷いもなくすぐにアルパカにリンゴをあげる。
それを困った表情で眺める次女。
長男はまたもや私のシャツにしがみつき、
でも僕も写真撮って欲しい!
って連れて行かれたのが

ゴリラ。笑
動物園にきて偽物と撮る。
しかもなんの迷いもなくこのゴリラ。
まさか……木津選手と間違えたか⁈ (ドキドキ。失礼)

長女ばかりエサをあげてるのに対してなんだかジェラシーを感じ始めた息子。

ついに。

鹿にあげることに成功! 
なんでアルパカは無理で鹿は大丈夫だったのか聞いたら

鹿は舌でペロって食べるから歯がない。(あるよ)
アルパカは歯がガッツリ見えた。

要するに
歯=噛む
らしい。
なるほどね。
まぁーわからんでもない。
でもアルパカ可愛いのに…リンゴめちゃくちゃほしくてずっと目の前から動かないのに…
そして最後の最後でやっと一粒あげれることに成功した息子。
1時間の間でかなり成長しました。
(他の動物見て回ってまたアルパカへ戻ってきてた)

帰り際にどの動物が1番良かった?ってきいたら
本来メインのマウンテンクーガーを差し置いて、

ウルフ。

めっっっちゃ写真撮ってた。
ただ寝てるだけのオオカミを。
なぜ。笑
ダディーがシーウルブズだからかな?
まさか…笑

個人的にはずっと顔が見れなかった不貞腐れタイガーが1番好きでした。

こじんまりとした小さな動物園だったから数時間の間で2周もしちゃった。
途中でオヤツ休憩を挟んで(^^)


あまり大きすぎると双子が疲れちゃったり、
るーちゃんがグズったりする可能性があるから
これくらいのサイズはワンオペにとっては最高!
あとエサやりもできるし、動物について説明してくれる飼育員もあちらこちらにいたからお勉強にもなる。
ここはリピート決定したいと思います!!

あー楽しかった(^^)