月別アーカイブ / 2021年06月

シアトルにまさかの熱波到来。
週末には40度を余裕で超えるかも⁈との噂。
これはやばい。クーラーの付け方を管理人さんに教えてもらわないと!!と尋ね見たら。
まさかのクーラー無い事件。
がちょーん。
そんなことある⁈
普段からあまりクーラーとか使わないから油断してたけど、さすがに40度超えちゃうと我が家も大変よ。
窓を開けても熱風しか入ってこないし、逆に厚くなったしー!

だからどこか涼しめる場所はないかなと冒険へ出かけ山田家。
たどり着いた先は車で東に30分程のところにある
スノコルミー滝!!

迫力満点!!!!
↑の写真は下から眺めた滝だけど、スタートするのは実は上から。

駐車場に車を停めて、
いきなり滝ー!!

水飛沫も微かに感じれて、
ひゃーヒンヤリ気持ちいい(^^)

ここから下に行くハイキングトレイルをテクテク歩く。

標識は0.5マイルの距離って書いてあるから約800mの距離なら双子もヘッチャラだなと思い、みんなでスタート。

道自体は砂利だけど、たまにある急斜面を除けば歩きやすい。
双子も、るーを抱っこしてる私でもなんの問題もない。
ベビーカーを押している家族もチラホラいたけど、やっぱり砂利で車輪が上手く回れずみんな苦戦してた。
抱っこ紐やおんぶの方が良さそう。

道沿いには草木の説明が書いてある標識もあったりして双子とおしゃべりをしながら歩いてたらあっという間に下へ。


下からみた滝もかっこいい!
そして何より涼しい(^^)

川沿いの道は綺麗なデッキ調になっていて、とても歩きやすい。
川の色も綺麗なグリーンでなんだか癒される〜!

(クイズ!こうちゃんはどこだ⁈) ↑↑

下のエリアにはトイレも完備されていて、コロナで閉まっていたのが現在は女子トイレがオープン。
男性用はまだなぜか閉まっていて、仮設トイレが設置。

さて、帰ろうって時には風もピタっと止んでしまい、日陰にいてもジワジワ暑い。
今まで水のそばにいて涼しく感じてもやっぱり熱波には勝てない…

この暑さの中で今度は登るのか…
涼しさを求めてきたのに、なんじゃこりゃ。笑

双子も疲れてきてそうだし、 バテる前に一気に行こう!と目に止まったのがこちら。




はい⁈

ちょっとちょっとちょっとー!
下のエリアにアクセスするのはハイキングだけだと思ってたんですけど⁈
普通に駐車場あるじゃん⁈

ねぇー…もっとはやく教えてよ。(自分で調べろよ)

私と子供はここで待機するから山田だけまた来た道登って車を…

ってセコすぎる考えもよぎったけど、 地図をみると我が家が停めた上の駐車場とこの下の駐車場は距離があるみたいで、
このジリジリ日陰があまりない場所で待つより、みんなで来た道戻った方が早い!!

ってなことで、

るーは山田ディーにパス。笑
抱っこ紐に忍ばせてた保冷剤もぬるくなっちゃったから、この方が涼しげ(^^)

暑いー
足痛いー
長いー

って全くもってハイキングに向いてない双子を引き連れ
ゼーゼーいいながら坂を上がる。
でもこの道には沢山座れる場所が設置してあるから、休み休み、ゆっくり、歩くだけ。


暑さによって、絶対片道800m以上の距離はある感じはしたけど…笑
マイナスイオンをたっぷり浴びて、
帰りにギフトショップでみんなジュースも買えて、
大満足な冒険となりました(^^)

さぁー!またクーラーのない家へと戻りますか!

1週間のバスケットボールサマーキャンプが無事終了!
毎日9-12までボールを追いかけまわしていた2人。

初日はドリブルも中々続かなく、シュートをしてみると全く届かない。

グループの中で1番小さかった2人。
バスケとか初めてだし、大丈夫かな?
って心配していたけど、
毎朝ウキウキ気分でキャンプへ行く2人。

コーチによると
息子はロケットみたいで3時間ずっと走ってる。
どこにそんなエネルギーを溜め込んでるのか知りたいくらい。
そして諦めない。 シュートも全く入らなくても永遠と1人でリバウンドして、またシュート。

娘はバスケは好き?みたいだけど、途中で飽きてしまい他の子とおままごとを始めてしまう。マイペースで練習も参加したりしなかったり。
なんとなく予想はしてた。笑
練習参加しないのは私としてもあまりよくないと思う。

けど!

毎朝バスケ行く!って張り切ってるから良しとしよう。笑
初めてだしね!
向き不向きあるし!

そして1週間がすぎて、なんとー!
2人共走りながらドリブルがちょっとできるように!
息子はシュートする時にバックボードまで届くようになって、何回か決めてる!
娘はディフェンスしてる!(ちびっ子によるカオスな練習試合もするこのキャンプ笑)

成長してるな〜(^^)

双子よ、よくがんばりました!
そして何より疲れきってるコーチ陣もお疲れ様でした!!



シアトルが位置するワシントン州では現在、コロナワクチンは12歳以上であれば誰でも接種可能。
ワシントン州は接種率が70%になればコロナ規制が無くなるとして、現在は州民68%が接種完了!

受けれる場所は自身の主治医がいるクリニックの他に
薬局や公園、大型ワクチン接種会場などそれぞれ。
そして基本無料。
予約無しでいつでも行けるロケーションと予約必要な場合もあり、
我が家はネットで簡単に予約できた大型ワクチン接種会場で接種することに。

こんなとこ。
ショッピングモールの中にある巨大な会場は予約で行ってもいいし、予約無しのウォークインも可能。
第1回目の接種の日。
双子は友人に少しの間みてもらって、
会場の中へ向かう。

ガラガラ。

スタッフは大勢いるけど、接種するのは私たち夫婦だけ。 朝早すぎたのかな?
逆に緊張。笑

まずはチェックインステーションで予約の際に送られてきたQRコードをかざす。
そして身分証明書を渡して、簡単な健康チェック。
風邪の症状はないかとか、
過去にコロナ感染はどうとか、濃厚接触とかとか。
あとはアレルギーの有無もチェック。
この会場では
ファイザー (2回接種)
モデルナ (2回接種)
ジョンソンアンドジョンソン(1回接種) →(1回で済むからこの会場では割りかし若い年齢層に多いとか。)

こちらの3種類から選べる。

事前に色々調べ、
そして既に接種済みの家族や知り合いに話をきいてみて、
私達はファイザーを選択。

チェックインが終わり、
その後ろにある接種エリアに通される。
受け付けで貰ったワクチンカードと名前と生年月日、何回目の接種、種類を再び確認し、
いよいよ注射登場!


ドキドキするー!

そして注射を打ってくれるのがなんと。
かなりイケメンなダンディー消防士♡
私も山田も
かっこいいよね⁈
って更にドキドキ。

明るい優しい雰囲気のイケメン消防士はめちゃくちゃ手際良くて、話をしてたらいつのまにか打ち終わってたってくらい手慣れてて素晴らしかった。 

その後は接種エリアの更に奥にある待機エリアへ。
ソーシャルディスタンスを保ってる椅子がズラーっと並び、ここで15分待機。
この間に看護師の方が、もし副反応でた場合の対処法や次回の接種の説明。あと世間話をしてたらあっと言う間に15分終了。
このエリアには救急隊員や看護師がスタンバイしていて万が一何かあれば(蕁麻疹やアナフィラキシーとか)
すぐに対応してくれる。 
看護師の話によるとこの万が一もかなり低確率らしく、過去にアナフィラキシーを起こしたことがある場合は医師と相談し、もし接種する場合は15分ではなく30分以上のモニタリングが必要とのこと。

15分が経てばそのまま帰宅していいので


無事第1回目接種おわり〜!
シール貰った(^^)

さて気になる副反応は…
接種から数時間後に打ってもらった左手腕がズーンって重たく感じるように。
毎年インフルエンザの予防接種は接種したところがかなり赤く腫れちゃうから覚悟はしていたけど、
なんにもなかった。
体調も特に変わりなく、ちょっと疲れるな〜くらい。
接種済みの方々によるとその夜くらいが1番キツいって言ってたからドキドキ緊張。
寝るくらいの時間になってちょっと熱っぽいかな…?ってくらいで特に気にせず就寝。
翌朝。
完全に風邪の症状→鼻詰まり、鼻水からくる咳、頭痛、クシャミ→目の痒み。
あぁ…副反応かな…
身体もだるい、腕もズーンって重たい(痛くはない)

特に鼻詰まりが酷すぎて匂いも味もなんにもしないし、息苦しかったから心配なりすぎて薬局へ。
そこで状態を説明すると衝撃の事実が!!


これは…
腕の痛み以外は…


たぶん花粉症☆



花粉症…?

確かに目の痒み。透明な鼻水。クシャミ…
花粉症だな。

犯人はこちらです↓

コットンウッドツリー。 日本だとポプラの木(メスの方)
この見た目、日陰いっぱい作ってくれそうなかっこいい木。
この時期になるとこんな悪質なやつを放つのです↓

みてー!このフワフワ。
これがシアトル中に舞ってるのよ。
雪みたいに。
道の脇とか白くフワフワ積もってるのよ。

あぁ…アイオワ州に暮らしていた時もこんな悩ましい花粉症時代があったな…すっかり忘れていたよ…
ってことでアレルギーの薬をおススメされ、
飲んだらスッキリ良くなりました。
ちょうど接種した時期とコットンウッドちゃんが酷く舞ってる時期が重なってしまったみたい。
はぁ、ややこしいことしてくれるよ、コットンウッドめ。
そして腕の重み? (ちょっと筋肉痛にみたいな) 感覚も48時間以内には改善され、あとは普通に生活。


第2回目接種は21日後。

そしてまた再び前回と同じ会場へ!
今回は双子がバスケキャンプに行ってる時間を狙って。

1回目と全く同じ手順で受付を済ませて、ワクチン接種。 私達以外にも接種をする人も周りにチラホラ
今回はチャーミングな看護師さんが担当してくれました(^^)


そして今回はシールの他にも缶バッジ貰いました。
なんか…可愛い?笑

15分の待機中もまた看護師の方がおしゃべりにきてくれ、
何故かクイズ形式で副反応の対処法を教えられる。
腕が痛くなったら⁈→冷やす。
熱出たら⁈→タイレノールやアドビルを飲む (解熱鎮痛剤) 
水分補給は⁈→沢山する。これはかなり強調された。

見事全問正解した私と山田。あっさりクイズタイムも終わり、待機時間も残すこと13分。

そしてやっと待機時間も終わり帰宅。
この日もやはり数時間後に腕がズーン。
でもそれ以外は体調には変わりなし。
翌日もちょっと疲れる…かな?くらいに終わり、腕も夜までには違和感もなくなりました。

これでワクチン接種は終了。
でも接種してすぐにはコロナ前みたいな生活を送っていいわけではなく、2回目接種から更に2週間後でようやくワクチンの効果が出るみたい。
ワシントン州ではまだ接種済みと未摂取でマスクやソーシャルディスタンスのルールが違うけど、州の接種率が70%を超えると集団免疫の効果があると期待して現在ある規制がかなり緩和されるとのこと。 今のところ7月からは緩和される予定らしい!

今回のワクチンを打つ際にどうするか悩んだ時期もあったけど私はワクチン接種ができてよかったかなと。

移動が多い山田家、そしてラグビーで濃厚接触しまくる山田がいるからこそ
感染のリスクを減らしたり、もし感染してしまった場合でも症状が軽く済むのであればいいと思い接種することにしました。
他の予防接種でもそうだけど、注射や薬などは少なからずリスクはあるので悩むことも。
でも不安だったりわからないことがあれば医師や専門家に相談するのが1番。 特に今回の接種で私が個人的に悩んでいた理由は授乳中であること。
哺乳瓶拒否、ミルク拒否の次女がいる中、授乳中でも接種可能なのか分からず、ドクターに相談してからの判断でした。

新たな異変種がみつかり広まったりしている中、正直今受けたワクチンがそれにどこまで対応できるのかとか、いつまで効果があるかとか不安なこともあるけど、
私が打つことによって集団免疫に繋がり、ワクチンを受けれない人達を少しでも守れるなら…

そして今回私の副反応はとても軽く済んでよかったなと実感。
私の母は2回目接種後は熱で寝込んでしまったけど
逆に父は腕の痛みもなんにもなく翌日ゴルフへ。
山田は1回目は何もなく、2回目は腕痛い…かな…?でも前日の試合のせいもあるかも…?と謎な反応。

本当に人それぞれすぎて、このブログも参考になるかどうかもわからないけど…

とりあえず私ははやくまた普通の生活がしたい!!
海外を行き来する時に隔離とか検査とかなくなってほしい!!
満席な会場でスポーツ観戦で盛り上がりたい!
子供達にマスクちゃんとして⁈って怒りたくない!
コロナはやく落ち着いてー!!
と願うばかりです。






↑このページのトップへ