月別アーカイブ / 2021年05月

るーちゃん気がついたら8ヶ月になってました(^^)


本格的に後追いスタートで、ママが見えなくなると悲しくてないちゃう。
一生懸命私のあとを追ってハイハイ。
結果疲れて泣く。
可愛いな〜(^^)

ハイハイはもうちゃんとスピードもでて、油断してると行って欲しくない場所に必ず行く。笑
そしてとんとん拍子につかまり立ちからの伝い歩き!
そして捕まらなくてもスクワットから立とうとする!
マミーは常にハラハラ。
でも必ずお尻から落ちるから上の子達に比べると私は油断しがちかも。

未だに歯は生えてこないけど、ずっと何かをカミカミ。
最近は布とシリコンのおしゃぶりストラップがお気に入り。
離乳食は安定のスロースピード。 もしかしたら温かい物より冷たいご飯の方が好きなのかも⁈
そして。母乳もダメ、コップもダメ、ストローダメ、マグダメ。
おーい。

ストローは一応吸えてるけど中身ぜんぶ口から出すし、これも温度関係してるかも⁈(って今ブログ書きながら気がつく。笑)

お兄ちゃんお姉ちゃんが大好きすぎて、双子が抱っこしてくれるとニコニコ!
夜は時差ボケもまだあるせいか、夜中絶対4時間くらいは覚醒しちゃいう。

でも基本まだ癒し系ベビーで静かなニコニコちゃん(^^)
天パもまた更に進化を遂げて、湿気ある時はちびまる子のお母さん状態。笑

シアトルで迎えた8ヶ月。環境が変わってまた更に進化するんだろうな〜、

持ち運びが大変だから最小限の荷物で行きたいけど、コロナ。
子共3人。
自動的に大量荷物になってしまう。
コンパクトにまとめてみた結果がこちらです!↓

手荷物のリュックの中身は右上から時計回りに
  • 私と子供パスポート
  • 山田パスポートとビザ、その他書類
  • 感染予防グッズ→除菌ワイプ、ティッシュ、予備マスクなど。
  • 液体→除菌ジェル、子供の薬、クリームなど
  • ベビーオモチャ→離陸で使えるようにサイドポケット収納。 お気に入りの鍵オモチャとマスキングテープ。
  • 殺菌ワイプ→機内で座る前にすぐ使えるようにサイドポケットへ。
  • タオル
  • スタイ
  • オヤツ→ベビーせんべいからグミ、アメちゃん、子供の耳抜きの助けになるようなもの。 私用にチョコ。笑
  • サイフ
  • 薬→絆創膏、アンパンマンの虫刺されパッチ、のど飴、大人用薬など。
  • ケープ→ブランケットにもケープにもチャイルドシートの日除けにもなる優れもの。
  • スリング→すぐにベビーを出し入れでき、軽い物。


機内持ち込み用のスーツケースは毎度お馴染み、ベビーカーにもなるMountain Buggyの物。
着陸後に眠たい子供をスッと乗せれるから楽ちん!
こちらも右上から時計回りで
  • お包み
  • 予備オムツx10
  • 大人着替え一式
  • オヤツ
  • ベビーオモチャとワイプ
  • おむつ替えセット
  • 家族分イヤフォン
  • ベビー着替え一式x2セット
  • 双子着替え一式
こちらのスーツケースは機内乗り込んだらおむつ替えセットとイヤフォンは取り出し、あとのアイテムは使わないことを祈るばかり。笑
今回は水をこぼした娘がお着替えが必要となり、 お包みはベビーを寝かしつけた際にバシネットの底にしきました。

私のKindleや iPad、その他電子機器類は山田がリュックで持参してくれ、保安検査時にすぐ取り出せるようにまとめてました。

普段は双子と一緒に子供のリュックをパッキングするのですが、今回はサプライズの楽しみとの意味で私が準備。
写真撮り忘れたけど…
中身は離陸時にすぐ食べれるオヤツセット(小分けのグミや棒つきアメ、など)
空の水筒(軽いプラスチック製、機内で水など入れるように)
フライングタイガーで購入した色鉛筆と紙がまとまってるお絵かきセット。
フライングタイガーのシールブック(離陸までの時間を潰すのに丁度いい)↓

電子メモ↓

何回でも繰り返し書いて消せる、今回双子のお気に入り。
さっちゃんは端っこからチマチマ色を塗ってた。笑

双子がまだ見たことないサプライズオモチャ入りのジップロック

結構長時間遊んでくれた!
わーい!
ただ細かいパーツも多く、無くしそうになったのは反省点。

ベビー用のマスキングテープは↓

本体でも遊べるし、
ちぎって、貼って剥がす遊びできるし、
結構エンターテイメント性があって、離陸までの時間稼ぎとしては最高でした。

双子はAmazon Kindle fire kidsを持っていて、2人が楽しめそうなアプリや映画をダウンロード。
今までと違って賢くなってきた双子。
飛行機乗るとすぐ使いたがるので今回は
ちゃんとグッスリ寝たあとに使ってもいいよ作戦!

リュックに忍ばせたサプライズを全制覇し、機内食も食べ終え、機内エンターテイメントをやり尽くしたあとに、
約束通り寝てくれ…睡眠4時間経過!
わーい!
着陸までの残り時間は約束通りタブレットを使えました(^^)



るーちゃんは寝たり起きたりを繰り返し、
最終的にはフライトマップで遊んでご機嫌でした。笑

わりかしスムーズだったフライト。
山田ディーとのナイス連携プレーで特にハプニング無く到着。
そして山田家の大移動、無事終了!

一年前にコロナ禍で日本→ハワイへ渡米したので、前回の反省を生かしつつ念入りの準備。
アメリカのCDCのホームページやシアトルがあるワシントン州の政府のページやらを調べまくる。
コロナの状況によって制度もコロコロ変わるから油断ができない!

今回は成田発の飛行機の便の出発時間72時間以内にPCR検査の陰性証明書が必要とのこと。
早速英語の証明書を発行できるクリニックへ連絡。
フライト時間の48時間前のタイミングで検査へ!
2歳以上の子供も必要なため、
私、山田ディー、双子の4人の
唾液検査。

るーちゃんはまだ7ヶ月だから無くてよし。
昨年度末に日本へ帰国した際はるーちゃんまで検査を受けることになり、唾液は無理だからと鼻に棒を突っ込まれました。 今回は検査免除で本当によかった…

すでに唾液検査を経験済みだった双子は慣れた感じで採取成功!
あとは翌日に結果をとりに行くだけ。
金額は家族4人でざっと10万以上。
どひゃー!
あぁ…気楽に旅に出れない時代だなー。

翌日全員陰性だったため、英文の検査結果をゲット。

そしていよいよフライト当日。

成田空港ガラガラ。


まぁーですよね…


チェックインカウンターはビニールがはられ、
他に旅行者がいないためすぐに対応してくれました。
渡す物は
  • パスポート。
  • コロナ検査の陰性証明書
  • コロナの検査を受けた、又はコロナから回復した証明書を提示したと書かれてある宣誓書とサイン(家族分。2歳以下は免除)

チャイルドシート含め10個もの荷物を預けてチェックイン完了!

次は成田のバージョンアップしたセキュリティーも無事通過。
リニューアルした検査所はトレイが自動的にレーンの下からでてきて、複数人が一気に準備できるようになったから快適!
スムーズに検査も通って次は出国手続き。

ここでまたリニューアル!
今まではエスカレーターで下の階まで行っていたのが、全部同じフロアに!
ピッカピカの真っ白な床を歩いてドキドキ。
なぜなら…
昨年出国した際にアメリカ国籍の私はその場で
「今回日本出たら、もう戻ってこないよ!」
って書いてある紙にサインをしなければいけなかったのです。
(当時もバタバタで妊婦だったし詳しい内容は曖昧だけど、要するにこんな感じ)

また一年前みたいに水際対策厳しくなってるし、書くのかな…なんてドキドキしてたけど、
今回はそれがなく、普通に出国。

フライトに乗るのも2歳以上は飲食時以外は常にマスク。

フライト自体は半分くらい人が乗っていて、ハワイ便よりかは混んでいました。

そして8時間後無事シアトルの空港へ到着。
また陰性証明書等をみせる可能性があると聞いていたので、すぐに出せるように準備万端。
ハワイの時はかなり厳しい体制の中での入国だったので、なんでもドンとこい状態!

飛行機を降り、入国審査官の元へ。
通常通りパスポートをチェックし、みんなスタンプを貰えて終了。


ん⁈⁇

んん⁇

おわり?笑

コロナ前のなんもかわらーん!笑

陰性証明書や宣誓書を見せること無し。
聞かれもしなかった。
その他に質問も特に無し。
小話も無し。笑

荷物もなんも問題なく受け取り、税関も何も止めらずスルー。
なんじゃこりゃ!ってちょっと拍子抜け。
このまま空港出れるのかなと思いきや、
出口でスーツケース全部係の人に取られ、ベルトコンベアへ流されてく〜

何何何⁇

聞いたら
またバゲッジ1で受けとってね?って。
なぜに⁈

めちゃくちゃ不安だけど他の人も荷物預けてるし、ドギマギしながら進む先はモノレール。



出発と停止がえらく急なモノレールに乗りながら
果たしてまた荷物とは再開できるのかー!!



再会できたー!

で車に乗り込み無事にマンション到着ー!

いやー全然厳しくないじゃん、アメリカの空港。
シアトルがそうなだけ?
謎すぎる。

そして特に指定された隔離も、追跡アプリもない。
街はマスク無しの人もチラホラ。
ワクチン打ち終えた方は外ではマスクしなくてもいいらしい!
ほほう。
いいですね〜(^^)


ってな感じで一年前に比べてみると、
コロナ前とそこまでかわらないアメリカ入国となりました。

次回は「子供3人のコロナ禍フライト用荷物!」

になります(^^)

↑このページのトップへ