昨日の続きで

ラベンダー精油についてご紹介

「ラベンダー」の名前は

ラテン語の「洗う」を意味する

「ravare」が由来とされています

※諸説あります

心身を浄化するハーブ🌿と

呼ばれています

心身のリラックス効果に優れていて

ストレスからくる不安や緊張

恐れなどの感情を和らげてくれます

ラベンダーの香りは

ローズやジャスミンのような

華やかな花の香りとは

ちょっと違い

花から抽出されていますが

落ち着いた優しく、本当に穏やかな香りです

そのままの自分を包み込んでくれる様な香り

ラベンダーの精油を嗅ぐと

アルファ波が増えたという実験結果🧪も

出ていて化学的にも

ラベンダーにはリラックス効果があると

されています

副交感神経を優位にさせてくれる

効果もあり

気分をゆったりさせてくれたり

睡眠ホルモンの分泌を促したり

してくれる為

不眠の改善になったり

良質な睡眠へと導いてくれます

また思考がぐるぐる🌀としていたり

物事を考えすぎてしまって

落とし所がわからなくなった時

訳がわからなくなった時

よくわからないけど不安に

襲われたときなど

自分ではどうしようもない

思考が生まれた時

思考を落ち着かせて

ゆったりした気持ちを少しずつ

取り戻させてくれます

冷静な判断や焦らなくても

大丈夫❗️❗️という気持ちにさせてくれます

体に対しては

痛みを抑えてくれる効果があったり

筋肉をゆるめ、ほぐしてくれたり

するので

頭痛や肩こり・筋肉痛💪などにおすすめです

炎症を抑えてもくれるので

日焼けや軽い火傷の時にも良いですよ!!

精製水orミネラルウォーター  40ml
無水エタノール  10ml
ラベンダー精油   3滴

こちらはローション(化粧水)🧴の

作り方なのですが

こちらを作って

コットンにたっぷり浸して

日焼けしたお肌などにつけると

あまり跡にならずにおすすめです

しかも新陳代謝を促したり

しみ・しわ・くすみの予防にもなりますので

女性には嬉しいですよね♡

注意点としては

ラベンダーはかなりリラックス効果が

高いので車の運転🚘の前などは

ご注意下さい

朝に使うよりは夜🌃に

使うのがおすすめかもしれません

朝に使いたい場合

試験や面接、

大切なプレゼン📝

人前で緊張する場面があるときは

一滴だけ、ティッシュに垂らして

ハンカチなどで挟んでカバンに入れたりして

ほのかに漂う感じだといいかと

思います!!

直前にハンカチに着いた香りを

深呼吸するとドキドキ感が落ち着くかも♡

※ラベンダーは血圧を下げる効果もあるため
低血圧の方は長時間・長期間のご使用をお控えください

※精油は直接、肌に使うことは避けてください

ではでは

良い夜をお過ごしください🌙🌉

na6Lj6dMeE.jpg
DvB8KkyEZK.jpg


こちらはラベンダーで有名な

富良野にある富田ファームさん

なんどか行ってるんですが

どうしてもタイミング的に

ラベンダーがピークの時に行けなくて💦

でも少しずれても、ラベンダーは咲いてますよ

ラベンダーじゃなくても

ちがう色とりどりの花💐が

一面に咲いているので圧巻です

富良野・美瑛は本当に素敵な所で

何度行っても楽しいです

お洒落な判断がカフェやお店を

見つけるのもワクワクします

今は離れてしまいましたが

地元が北海道なので

よく友達と車で札幌経由で

富良野・美瑛や小樽に行っていました

小樽も素敵な街です♡










今日はラベンダー精油に

ついて書きたいな!!って思いましたが

その前にアロマテラピーの歴史を

少し(〃ω〃)

大昔、古代エジプトなどの

時代から植物は色々な事に

使われてきました

ミイラ作りの時には

ミルラ(木)やフランキンセンス(木)を

防腐剤として使っていたり

神殿や神への捧げものとして

宗教的な儀式に用いられたり

かの有名なクレオパトラは

ジャスミン🌺やローズ🌷の香油を

(香油とは植物を油につけ込んで
 芳香成分を溶けさせたもの)

愛用していたり

ローマ時代の皇帝ネロは

バラ🌹を非常に愛したことで有名な人物

彼もバラの香油を体に塗ったと

されています

1020年代頃に

活躍したイブン・スィーナ

彼は医学の王・世界最高の知識人と呼ばれ

医学や哲学はもちろん

数学・化学・生物学・博物学・自然学・政治学

などなどあらゆる分野において精通

されていたそうです

彼が精油に欠かせない

水蒸気蒸留法を確立したと言われています

錬金術の研究に取り組む中

水蒸気から精油を取り出す方法を

見つけ出し、確立し

ローズ精油の抽出を成功させた

人物とされています

その後、1900年代

ルネ・モーリス・ガットフォセ

という化学者が

実験中の事故で大火傷を負い

そばにあったラベンダーの精油を

とっさにつけた所

短期間で回復し

傷跡も少なく、綺麗な状態になった事から

ラベンダーには驚異的な治癒作用が

あると知り

ここから精油の研究📔🧪が始まり

精油の特性や効能などの研究を

進めることとなり

現代のアロマテラピーへと

続いています

アロマテラピーっという言葉も

このルネ・モーリス・ガットフォセさんが

作った造語

アロマ(芳香)とテラピー(療法)を

組み合わせて作ったもの

ガットフォセさんの近くにあったのが

ラベンダーで本当に良かったと

思います

ペパーミントやグレープフルーツだったら

めちゃめちゃ、染みただろうし

火傷にはそれほど効果は発揮される

精油ではないので

ラベンダーだったお陰で

研究しよう!!調べよう!!っとなって

今日に繋がっているのかなっとも

思います

もし違う精油だったら

研究しようと思わなかったかも

しれないないですよね💦

ラベンダー様様です(^_^*)

日本にも鳥居鎮夫さんという

日本のアロマテラピーの先駆者的存在で

日本アロマテラピー協会を発足した方

大脳や脳波について研究し権威ある方で

脳波を用いて

ラベンダーやジャスミンの香りが持つ

鎮静作用や香りの心理効果を研究し

立証した方

香りを嗅いで気分が落ち着いたり

明るくなったり、元気になったりする事を

科学的に実証した方なんです

古代から今日まで

いろんな方々が研究に研究をかさね

植物や花が持つ

効能やパワーが伝えられてきて

いるんだなーとしみじみ思いました

テーマと全然ちがう話に

なっちゃいましたが

明日はちゃんとラベンダーについて

書きたいと思います






久々にネイル💅してみました

XA1P5xLyMr.jpg

職業柄、爪も伸ばすことが出来なくって

基本あまり派手なネイルも好ましくないので

いつもは何もしないことが多いのですが

やっぱりね、

たまーにしたくなっちゃいます(*´-`)

なので安定のピンク♡

このピンクは

ちょうど良いピンク感と

自分の肌色になじんでくれるので

重宝してます✨

指を長く、綺麗に見せてくれる

ネイルってやっぱりいいですねヽ(*´∀`)

気分が上がります♡

本当はビビットカラーとか

ボルドー・レッドの

パキッとした色が好きなのですが

仕事の事を考えてしまうと

ピンクやベージュ・薄いオレンジに

なっちゃいます

でも久しぶりにネイルして

良かったです✨

こういう、ちょっとしたウキウキ感というか

充実感・満足感って大事ですよね!!






↑このページのトップへ