きっとジャンルの垣根を気にする人っていつの時代もいると思うし、1月9日もジャンルの垣根が少なからずあるように見えていて、それで敬遠されていたら嫌なので今回出演頂くアーティストの出演に至るまでの経緯なんかを記しておきます。

これを見て少しでも明日のイベント全てを楽しんでくれる人が増えてくれると嬉しい。

本来対バンイベントとは「興味のなかった、知りもしなかったアーティストを知ることが出来る機会でもあり、アーティスト達は他のアーティストに負けないよう、そして更なる新しい出会いを求めてステージで全力を尽くすもの」と認識しています。

そうすることによりアーティスト側もどんどん磨かれ意識的にも音楽的にも唯一になっていきます。

そうした熱い魂が渦巻く世界だからこそ興奮するものだし応援したいと思ってもらえるのではないだろうか。

少なくとも自分のイベントではいつもそんな気持ちを大切に作り込んでいます。

もちろんこれは強要でもないし、見方によっては全てのアーティストを楽しむことが出来るよって意味で見てもらえると嬉しい。

今までここまで考えてること言ったことないけど今回は敢えて記してみる。


ってことで


以下出演アーティスト50音順にご紹介します^ - ^
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2340.PNG

---------------------

「赤信号は渡らない」

Vocalの脇田 唯さんとは以前開催した「桜'FES」で司会として出演して頂きまして
その時の一分一秒正確な司会がとても素晴らしく感動したのを覚えています
Bassの大嶋さんは古の時よりお世話になっているmoleの長です。笑
moleと云えば個人主催イベント数過去最多になってしまう程本当にお世話になっている会場です。
以前からBassを弾いているのは知っていましたがバンドをやっているのを知りまして
なんとそのボーカリストが脇田さんと云うのも知りまして、大嶋さんと対バン…したい!となったので熱烈オファーの末出演頂くことになりました^ - ^
余談ですが、僕も赤信号は渡りません。
---------------------

「Alvaro(アルバロ)」

数年前のCaffeine LIVEでご一緒してその日にGuitarのけいすけと随分仲良くなりまして、彼の在職しているバンカラにも飲みに行きました。笑
当時はセッションバンドのボーカリストとしてご一緒しただけだったので、いつか桜樹 和哉として対バンしたいと思っていて今回やっとその想いが実現します。楽曲センスもとても素晴らしいですよ^ - ^b
余談ですが、バンカラで一度花雪歌いました。

---------------------

「ill (イル)」

俺のみーたk…ではなく、DrumsのTakumi.が以前やっていたバンドの初期頃からの付き合いになりますが、当時僕のやっていたバンドのドラ息子の弟子でもあったのでとても可愛い後輩です。(メンバーに馬居るの気になるし)
Vocalの希空(ソラ)も以前のバンド時代から知ってます。(馬の事は知らない)
新たにミクスチャーロックバンドを立ち上げたとのことで直ぐにお誘いしました^ - ^
余談ですが、その馬、昔僕も飼って(持って)ましたね。

---------------------

「絵真、ayumu、Riku、tsubasa SESSION」

友情出演としてVocalの絵真に打診。
タイトなスケジュールの中快く出演を決めてくれました。Bassのayumuのベースプレイも勿論、一体どんな曲を演奏するのか全く分からないところも楽しみです。(ヒントはTwitterでの紹介文の中に隠れてる?)
余談ですが、絵真のしゃくり(歌の技術の一つね)が好きです。
---------------------

「G.O.A.T」

今回のイベントはトップバッターに最近勢いのある若手バンドをどうしても入れたくて、moleの大嶋さんに相談したところ紹介して頂いたバンドさんです。是非少しでも多くの方に会場時間から来て観て欲しいですね^ - ^
余談ですが、メンバー全員がSVA総合音楽専攻 在学らしいのでお話するのが楽しみです。

--------------

「桜樹 和哉」

バンド解散を機に幼少期より心に深く根付いている哀愁歌謡やJ-POP、バンド時代に培ったロックなどの要素を融合した楽曲を独自の世界観で描くべく、過去の名を葬り去り「桜樹 和哉」として0からの活動を始める。
▽桜樹 和哉 BAND
Guitar : mitsuru
Bass : Yohey(絶対零度、キズヅラダンディ)
Drums : 湊
の最強メンバーでお届けします。

---------------------

「ナデシコドール」

以前Twitterでも触れましたが、桜樹 和哉としての活動の中に「ライブ」をするという選択肢は最初なくて。そんな時東京で主催やるのでと出演オファーを頂きまして、しかもその日の出演バンド全てが札幌出身だったのもあり、遂にステージに立つ事を決意させてくれたきっかけを与えてくれた。
今回のイベントに欠かせないアーティストなのです。
そんなナデシコドールの2人ですが、クラウドファンディングも成功させ全国無料ワンマンツアーが決定して勢いに乗ってますね。
余談ですが、桜樹 和哉がライブ活動を始めて最初の主催イベントにお花を贈ってくれて嬉しかったですね。

---------------------

それぞれの音楽性に関してはそれぞれの耳、目で確かめて下さい^ - ^b



新年一発目に相応しい熱いステージにしますんで観にくる皆さん一緒にイベントを創りあげて熱い心を持って帰れるような!そんなイベントになるよう全力で楽しむ為の心を持って参戦して下さいね!



チケットはプレイガイドの他、前売予約も各アーティストで受付けてるので是非来て下さい🔥


それでは明日!お会いしましょう!