木洩れ陽に咲いた 鉛色の花
小さな花びら 愛を紡いでる

空に手をかざした 君に届くように

どんな愛の詩が 聴こえるんだろう
傷付いた羽は 癒せるだろうか
イメージで描いた楽園 なんて在りもしないのに
僕達は 奇跡を 信じてる

枯木に結んだ 傷痕のカケラ
ゆらゆらとまるで 何か伝えてる

風が吹くこの丘で 空に舞う花びら

運命なんてものが 在るというなら
生命は脆く 儚いものだ
偶然は未来の必然 それだけが僕らを
突き動かして 共に生きてきた

書き溜めたメロディは ありふれた日々の片隅で
さよならを待ち続けた 君に唄う愛の花束

どんな愛の詩が 聴こえるんだろう
傷付いた羽は 癒せるだろうか
必然が描く世界は どんなエンドロールで
終わりへと 向かっていく?

精一杯の愛を 君に唄おう
花びらに乗せて 空に届けよう
イメージで描いた楽園 I believe we will meet again.
僕達は 奇跡を 信じてる

木洩れ陽に咲いた セピア色の花



Lyrics & World:Kazuya Sakuragi
 Arrangement : ikep