12月23日にreleaseした「溺れた言葉」
皆さん聴いてくれましたか?

人は人生の階段を少しずつ登っていきます。

途中で少し立ち止まることもあるけど、それでも確実に一歩、また一歩。

たまーに空を見上げつつ。

過去を少し振り返ってみたり。

人って不思議なもので
言葉で話せて、誰かと分かり合っていける。
なのにすれ違うことも多くて。

それを「合う、合わない」と自分自身で決めて決断する。

でもね、多分もう少し何かが出来たはず。

何かを言ってあげることが出来たはず。

でも言えない。

そんな空気感。

魚にもそんな感情があるのかな?

水槽の無感情、隔てたすれ違い。

もしも心に触れることが出来たら、もっと違う未来があったのかもしれない。

そんな寂しさを伝えることさえ叶わず過ちを。

さよなら。

この曲は「笑顔の中の涙の理由」のストーリーの逆視点で描いた曲。

お互いの想いがすれ違う。

そんな経験あるよね。

自分もあります。

是非歌詞を見ながら聴いてみてください。

t54085aurv.jpg
ジャケット写真は今回も脇田唯さんに撮っていただきました。


#桜樹和哉
#12月23日release‼︎
#溺れた言葉
#ジャケット写真 は
#脇田唯 さん