月別アーカイブ / 2019年11月

人生には幾つもの選択肢があって
その度に悩み
無数の道を選択して歩いて行くわけですが

例えば職業を変えたり
家を引越したり、友人や恋人との別れとか

そんな幾つもの選択肢によって誰とも同じ人生にはならない、たった一つの人生になる。

僕の場合は常に「歌う為の道」を選んで歩いて生きてきました。

もし全然違う道を選択して生きていたらどんな人生になっていたんだろう?とか、たまーに考えたりもするわけですが、結局のところ常にやりたいことが昔から音楽一択だったから、もし違う選択をしていたら後悔しているだろうね。

近年では音楽人生の中でも自分の中で新たな挑戦をしています。

メイクを完全に辞めてみたり。
アコギを弾きながら歌うことを想定して作曲してみたり。

その他仕事でレコーディングエンジニアなんかもやったり、デザイン業務をやったり、ボーカルディレクションなんかも。

音楽に携わる仕事は有り難くて、常に感性を磨いていける感じがします。

それもまた選択。

何が正解とかではなく、自分で選び、人生を創る。


来月12月18日の新曲リリース
年明け1月9日の主催イベントも自分で決めました。

動かなければ何も始まらない。

選択肢とはそういうもの。

選んだら進め。

そして失敗したら軌道修正してまた進めばいい。

何もせず、何も選ばず他者が成功していくのを傍観するだけのつまらない人生はごめんだ。

何も得ることが出来なかったとしても

何も残せなかったとしても

歩くことを辞めてしまったらそれは「死」と変わらない。

なので僕はゆっくりでも歩く。

新曲を是非聴いて欲しい。
そして札幌で開催する僕の主催イベントに来て欲しい。

宜しくね^ - ^
AbmzVmtfOy.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2340.PNG


9月から僕の精神状態はとても酷かった。

父親が倒れたと連絡があり、その後癌だということが判明したのです。

ちょうど自分自身作曲のスケジュール変更だったり、それに伴う生活の乱れも重なってしまって心此処にあらずのような毎日を過ごしてしまった。

サクラジ スタジオ配信(ツイキャス配信)の時とかも話の内容意味不明だったと思い反省。

その後父親の手術は無事に成功。
しかしその手術と重なり今度は母親が病名不明の病に倒れました。

結果は詳しく書きませんが難病の一種らしいです。
現在は両親共に体調も落ち着き普通の生活を取り戻しつつありますが、そんなタイミングで制作の方でもなかなか答えが見えずに「本当にそろそろこの活動も潮時だ」と考えたりもしました。

今回の作品「Life」「Cherish」はそんな厳しい時期に制作した曲で思い入れの深いものになった。

配信Singleとはいえど、今まで以上に出来る限りの宣伝はしていきます。

そしてこれが最期になったとしても悔いのないように。の気持ちを更に大切に作品を遺していきます。

乱れていた精神状態は一旦落ち着きを取り戻しつつあるのでまた改めて桜樹 和哉を宜しくお願いします。

↑このページのトップへ