こちらでもお知らせをしておきます。

ソロ活動の他に僕の楽曲のミックス等で力を貸してくれているタック氏とのコンセプトユニット「闇桜」というのがありまして。

6月25日に1st Concept Single「夕焼けに舞う」を配信限定でリリースしました。

iTunes,AppleMusic,amazonMusic ,music.jp,LINEMUSIC,レコチョク,mora,mysound,Googleplay

で配信中なので良かったら聴いてみて下さい。

_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1789.JPG


こちらの闇桜はですね、作詞作曲は全てタック氏が手掛けていく予定なのですが、これには理由があってね…


あ、いや、これはいずれタック氏本人から語ってもらうとして…笑


僕的視点から見る闇桜の話をしましょうかね。

まず、歌詞が自分ではないので作者の意図を汲み取る事から始まるのですが、いつも僕が言う「聴いた人が感じる世界観や情景は必ずしも同じとは限らない」という僕的視点から感じる世界を表現する事で「作詞者の世界観+僕の世界観」の二つの世界が融合しているのです。

次に、ソロ楽曲と比べて歌の表情、表現方法が全然違うからその辺も含めてじっくりと聴いてみて貰えると^ - ^b


「コンセプト」は僕もタック氏も大好きな
アニメ「地獄少女」の 閻魔あい をテーマに描いたストーリーになっているので、言ってしまえば地獄少女という作品に対するリスペクトの意を込めた曲。なので、わりとすんなりと歌の世界に融けこむ事が出来たと思っています。


うん、一曲発表出来て良かったです。


もう眠いからこの辺にしておくけど、タック氏渾身の作品と僕の表現する世界観を是非堪能して下さいね^ - ^b



あり得ないことの例えで「石に花咲く」という言葉が使われるみたいですが、僕はふと考えたのです。

きっと僕達人間はいつの時代もそんな石に花を咲かせて来たのだと。

今の僕の創作活動などもその一つなのかな?なんて思ったらヤル気が出てくるしね。

要するに物事は全て考え様によって姿カタチを変えていく物だと思う。

僕には、僕にしか無い感性で生み出すこれからの楽曲に対して、今迄に考えた事のない程、考えて、考えて、毎日考えている。

きっと僕なら出来る。

初めから出来ないと思い込む程、愚かで未熟な事はない。

人生なんてほんの一瞬しかないのです。

毎日が早くて本当に嫌になるけど、今年は必ずフルアルバムという石に花を咲かせたいと思っています。


全ての意味が総じて一つになる、そんな作品になりますので待っていて下さい。


さぁ、ようやくまとまりつつ全体のイメージをカタチにしていかなきゃ。




あと、「Purple Syrup」手帳型スマホケース の販売は近く行える様になりそうなのでそちらもお楽しみにね^ - ^b

デザインは先日Twitterの方に載せたので見てない人は是非チェックしてみて下さいね。
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2758.PNG


桜樹 和哉 Presents
1st Stage「 曖 昧 さ 回 避 」

2017年9月6日(水) Sound lab mole

OPEN 17:15 / START 17:45
前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500 (+1Drink ¥500)

【出演】
桜樹 和哉 / アルカネット / .R / ゴールデンコピーボンバー / Xquella / りんか(ex.???)新バンド from東京

■桜樹 和哉 Support Member
Guitar:URALA(CHARLES)
Guitar : 刹那 (ex.ブラッズ)
Bass : ムック
Drum : エミリオ (葉緑体クラブ)
Keyboard : タック

【チケット情報】
・[桜樹 和哉 official 先行受付] Aチケット A-1~50
受付期間 : 7月2日(日)10:00~7月9日(日)18:00迄
[info@kzy-sakuragi.com]
件名に[9月6日]本文に[お名前、枚数]を必ず記入して送信下さい。
※整理番号は受付順となります。
※受付期間外に送信された場合無効となりますのでご注意下さい。

・[一般発売イープラス] Bチケット B-1~100
7月16日(日)10:00~


・[各バンド予約] Cチケット C-1~
8月6日(日)~

【入場整列順】
A→B→C→当日

■A.B予約チケット引換時間 16:30~17:00
会場内、中二階で行いますのでスタッフに予約時のお名前をお伝え下さい。

■整列開始時間 17:00~
スタッフの指示に従って整列下さい。
※上記時間前の会場付近のたむろは近隣のご迷惑となりますのでお控え下さい。

【問合せ先】
Sound lab mole : 011-207-5101

【アクセス】
札幌市中央区南3条西2丁目ニコービルB1F (狸小路2丁目内・旧Bridge)

主催 : SKS music



という感じで少し変更になりましたがお間違えのない様宜しくお願いします。




桜樹 和哉 1st Stage です。

早いもので約2年間ゆっくりと活動してきましたが、遂に主催イベントの開催です。

本当にお待たせしました。
そして、初めましての方もきっと多く居ると思うので今から楽しみです。

今まで出会った皆、そしてその時出会う皆へ9月6日は最高の時間を届けたいと思います。


サポートメンバー

URALA(CHARLES)
僕が音楽を始めて間も無く位に出会い、その後「某学校系バンド」を一緒にやっていたり、その他セッションでも何度もステージに立ってきた仲なので、言わずとも分かる人は分かるでしょうが、素敵なギタリストでありムードメーカー的な存在だと僕は思っています。何よりもセンスがとても好きなので僕の楽曲にどういう味付けをしてくれるのか楽しみ。


刹那(ex.ブラッズ)
彼は昨年の桜樹ミーティングでも弾いてくれたり、今年の彼の前バンドのステージにお招き頂いたりと、桜樹 和哉として活動してからよく手助けしてくれているとても熱い漢。
サポートして貰う時には必ず楽曲に対するあれこれを何度も電話確認したりね。
そんな彼とURALAのツインギターが僕的楽しみの一つなのです。


ムック
前ブログでも触れたけど7月の東京と札幌の2ステージを快く引き受けてくれて、札幌に至ってはね、行くと言うお話をしたら直ぐに二つ返事ならぬ四つ返事くらいで返ってきて嬉しかったの。笑


エミリオ(葉緑体クラブ)
彼とは前バンド時代に知り合って、その時からずっといつかジャムセッションでもしよう!と話していて、本当は昨年末のイベントで念願叶うはずが…僕がまさかのインフルエンザで出演出来ず。それでも彼のドラムで歌いたいと思っていて、今回誘ったら「ようやくだねー」みたいな感じで直ぐに引き受けてくれました。


タック
僕を知っている人なら知らない人は居ないでしょう位、今の僕にとって必要な存在であり古くからの友。 年始のインストで共演するはずが、まさかの今度はタック氏がインフルエンザで出演不可という奇跡の不幸でしたね。
そんな彼ともようやく9月に同じステージで音楽出来るから楽しみだよ(共演は実に…割愛…年振り!)



という事で、桜樹 和哉サポートメンバーは7月に引き続き僕が一緒にステージに立ちたいメンバーを集めました。


どういう化学反応が起こるのか…両ステージ共楽しみです^ - ^





ちなみに今回のアーティスト写真は、札幌の主催イベントの全出演バンドがVなので…

「た だ そ れ に 合 わ せ た」

と言えばそうなんですが、僕は場面によって姿カタチを変え、その度に楽曲と照らし合わせて観てもらった時に

「見える景色の違い」を創れるかなと思ってます。


その答えは7月17日、9月6日に確かめてくださいね^ - ^



↑このページのトップへ