今日は季節はずれの暑さからの突然の雨でした。

何度も言ってるけど僕は雨が好きなんです。

勿論 雨に打たれてずぶ濡れになるのは嫌だけど 雨が地面を打つ音や飛沫をじっと見たり聴いたりという時間って何よりも落ち着ける時間のひとつ。

そんな時にはよく幼少期を思い出すんだけど 幼少期の1番の思い出が雨で降りの日常なんて それはそれは根暗な少年時代でした。

もうすぐ冬がやってきて 地元北海道では雪とのたたかい。

一方関東では雪は滅多に降らないからやっぱり雨。

冬でも雨音に浸れるからその点だけは関東好きだな。

でも滅多に降らない雪が降ったら それはそれは宝物のように感じる 実に不思議な感覚だよね。

感受性は豊かに生きたいものです。

まぁ、そんな 何の意味も持たないブログというのもたまには良いでしょう^ - ^

むしろ日々の日常で感じたことを書き記すのが本来のブログの意味だよねきっと。

そんな感じで2日間歌録りばかりで全然寝てないからひさしぶりにこの時間におやすみします(*´꒳`*)

さて、今日はjoppin:calとfazのライブを観させて貰って、とても良い刺激を受けたと同時に、桜樹さんにしか出来ない事への想像を膨らませつつ、そんな有意義な1日になった気がします。


ライブを観るとライブをしたくなるという呪縛を解き放つには制作に打ち込むこと。


一人旅はまだまだ続きます、自分で選んだ道。


打ち勝つべきは自分自身。


創造の海に溺れます。


雨が多いのは雨好き故、暗闇が多いのはきっと心情、光を求めるのは何故だろう?


始発電車に揺られています。

久しぶりの更新になってしまった。

僕は生きています。

毎日を自分なりのペースで。

焦っても良い事はあまりなかった人生なので、今は出来ることを確実に。

アルバム制作の具合はと言いますと、少しずつ完成に向けて進めてますが、年内には間に合いそうになくて、自分の制作ペースを憎んでいます。

それでも、本当に納得のできる作品にしたいので時間をかけてゆっくりじっくりと仕上げていきます。



9月、札幌から戻って来て、間もなく体調を崩してしまって毎日がとても「くしゃみ」ですが心は元気。


それにしても最終電車、雨のち、ずぶ濡れ(靴)はもう嫌。

てことで、今日も電車に揺られ「電気街」へ。



↑このページのトップへ