月別アーカイブ / 2016年09月

九州男児Takao→シドニーでの挑戦

ホリデーサッカースクールが始まり、毎日子供達と走り回っています。語学学校が終わって帰宅して10分後には家を出発!!

昨日は夕方から少し時間が出来たので僕の好きなマンリービーチに今年の夏の挨拶に行ってきました。

I practice with children everyday. Because it's holiday .I will leave shortly after school. I went to manly beach yesterday . It was able to have great time. 


注目は後ろのカップルではなく僕の洋服にして欲しいのだか…(笑)
マンリーパーカー!!

ビーチで着くとすぐにパーカーを買いました。袋はいらないと言いそのまますぐ着る…(笑)
買うとすぐ着たがる性格は変わりません

We will focus parson behind of me. 


それにしても…(笑)

おいっ…
後ろ!!


こいつは必ず現れる…


引きつけて…


Go!!
って無理だよね(笑)


九州男児Takaoにとって
こういう時間は大切。
素晴らしい時間でした。



毎日子供達の笑顔に癒されている

SOLLEV  FC ホリデーサッカースクール

子供達が僕をHappayにさせてくれる!!


九州男児Takao

志高く

感謝=忘れない



九州男児Takao→シドニーでの挑戦

Syoki〜
載っていたぞー

シドニーの日経情報誌にSyokiの記事が。13歳で来るとは…
オーストラリアにきた理由はこちらのブログで👇

  

13歳Syoki との別れ (シドニー空港)

クージービーチ

一緒に行ったビーチはヤバかった…
海に落として悪かったな…
やはりやりたくなるよね…(笑)色々経験ができて良かった。またいつか会おう!

I had so much fun it was like I went back being kid. And it's so sad that you are leaving for Japan. I hope you will take good care of yourself there.

Please don't forget me. 

記事はこちら👇
(13歳のチャレンジャー)


実は九州男児Takaoも去年記事にして頂きました。30歳のチャレンジー。

13歳のチャレンジーと30歳のチャレンジーだったんだな…(笑)

もう一つ…

実は僕も去年SOLLEV の子供達が優勝した時に記事を書かせて頂きました。

僕が考えたテーマは

『日の丸を背負った小さな侍たち』


彼らの事を少しでも多くの人に知ってもらいたい。たくさん練習して体を動かす事を好きになってほしい。


練習後のアイス👇は本当に美味しいんだろうな。ってかまだアイスは寒い(笑)さすが子供達!!!
子供達が来てくれるから一緒にサッカーぎできる。これからも一緒に頑張ろう。


九州男児Takao

志高く

感謝=忘れない

九州男児Takao→シドニーでの挑戦

今日はShuntaのプライベートレッスンの日でした。九州男児Takaoがパーソナルトレーナー(サッカーの家庭教師)として指導しています。このレッスンでも多くの人に出会えている。

彼はイギリス育ちです。吸収力も早い。もちろん英語は完璧。将来が楽しみな選手だ!!

It was private lesson today. His name is shunta. I really hope that he will be working hard.


レッスン後はAkiとKazuma のカメラを撮りに行った。(相変わらず動きます)

改めて言いますが九州男児Takaoはアジアチャンピオンズリーグのカメラマンを経験してます…笑

アジアチャンピオンズリーグ
(メルボルン)

Aki とKazumaとはシーズン中、毎日一緒に練習に通っていた(グランドが近い為)

パンク事件もあったな…笑

とにかく!

準決勝!

結果は1-0で勝利。
Aki 、Kazuma お疲れ!
そして決勝は悔いのないように全力で戦ってほしい。

試合後はスポンサーの所で乾杯!! 

"タキー"っていきなり声をかけられ、振り向くチームメイトがここで働いていた(笑)

My partner Nick
Thanks mate .



カンパーイ👇

真ん中、九州男児Takaoコーラで乾杯。ビールめっちゃ美味しそうでしたが我慢…

次は優勝カップを持った姿で写真を撮れると良いな。二人ともお疲れさん。

九州男児Takao

志高く

感謝=忘れない




↑このページのトップへ