月別アーカイブ / 2017年09月

どうも!!ギターのなおやです!

ワンマンツアー富山公演無事終了しました!!

やっと、、、やっっっっと富山でワンマンができました!!

富山で待っててくれた方、遠征して駆けつけてくれた方、本当にありがとうございました!!

今日はね、フロアのみんなからの待ってました感が凄かったし、歌詞を口ずさんでる人がたっくさんいて、、、

なんだよ!!!最高かよ!!

ってなりました。

ちょっとしたことかも知れないけど、そういうみんなの表情って演者の俺にとっては物凄いエネルギーになるんです。それによって演奏が変わるくらいです。

今日は間違いなく俺のギターは暖かみと鋭さが増し増しになってました。

最高に気持ちよかったよ!!

次いつ富山でライブ出来るかは分からないけど、絶対また行けるようにするから!

絶対絶対絶対また会おう!


最高だった今日を、俺は忘れない!!

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6414.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6415.JPG





さてさて明日、9月24日(日)はワンマンツアーDAY6長野公演です!!

今日富山でもらったエネルギー、使わせてもらうぜ。
よろしくお願いします♪( ´▽`)

当日券ありますので、是非!
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6409.JPG

長野LIVE HOUSE J 待ってるぞーー!!!



良い夢を!

こんにちは!岡田です!

今回は更新までそんなに空かずにすみました汗
文章を書く時間も悪くないなって最近は思うようになりましてこれも進歩ですな!
どんどん書いて少しでも上達できるように頑張ります笑

さて、こないだはツアーで岡山と島根に行ってきました。
台風が気になる中、どちらもなんとか台風から逃れられて無事に開催できたことにまずはひと安心!

岡山は何度目になるのかな?もう何回も行っている気がするんですが、今回もまた岡山のみなさんと非常に楽しく過ごすことができてとてもハッピーでございます。少しホテル周辺を歩いたりして、今までよりも更に少しだけ街のことを知ることができたのが今回の収穫です。

そして初の島根は松江。
どんな場所なんだろう?って楽しみにしつつ行ったんですが、これがまたまぁなんと素敵な場所!こーゆー場所好きなんだよなぁって思いながら風景を見てました。次に行くときはもっとゆっくり街を見て回りたいって思える場所です。
ライブも初めましての方がたくさんいて、とても縁を感じた日でした。この縁がいつまでも続くことを願いつつ、無事に今回の遠征も終了。

今回のツアーはまた考えることがありつつも、それを少しづつ乗り越えられている感じがしているので、このまま最後までしっかりと意味のあるツアーにできるように頑張っていこうと思います。

ではまた更新しますね^^/

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3114.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3079.JPG
uUnYUxED3q.jpg
Gk6TTgMmNd.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3116.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3117.JPG

お題で一筆.jpg



第八回「遣句」


連歌・俳諧で、前句がむつかしくて付句を付けにくい場合に、次の句を付けやすいよう軽く付けること。また、その句。俳諧では「逃句」とも。


解説を読んでもなんのことを言ってるんだかさっぱりわからない…。そもそもこの単語も初めて知りました。「やりく」って読むんだって。ここでまた「想像筋」を使ってみましょう。前にやったことが難しくて、次にやることがやりづらい。だからその間にワンクッション置くってことだよね。これって曲作るときに結構やります。
 
例えば、抜群に良いAメロとBメロができました。その後に続くサビも抜群に良いんです。でもそれがうまく繋がらないときが多々ある。方法としてサビを際立たせるためにわざとAメロとBメロを地味にすることもあるんですよ。単調にしてみたり、コードをなるべく進行しないでみたり。敢えて抜群に良いA、Bメロを使わないこともある。それでサビにドカーンってやる手法はあります。
 
でももうどうにもこうにも気に入ったAメロ、Bメロができてしまい、それは絶対使いたい。そしてサビの破壊力も出したい。そういうときにBメロの後にワンクッション。これで両立。そういうやり方もあります。
きっとそういうことなんだと思う。
 
そういえば、昔言われたことがあるのは、「二人目にできる彼女は軽いノリでできることが多い」というやつ。これ、どういうことかというと、人生で一番最初にできた彼女はやっぱり衝撃が大きいのですよ。「これが恋愛なんだー。付き合うってこういうことなんだー」っていうかつてない刺激を受けるわけですからね。ましてや私みたいに最初に付き合った彼女と6年も続いてしまうと、もう次の恋愛になかなか移行できないわけですよ。
ふられた原因についていつまでも悩み、過去を美化し、ずーっと引きづり続けるのです。で、突然目の前にその彼女とは全く違うタイプの魅力的な女性が現れるとすぐその子の方にふらふら〜っと言ってしまうのだそうで。
 
私、まさにこれでした。前の彼女のことをいつまでも忘れられない自分が嫌になってくるんですよ。過去を忘れたい気持ちもあったんだと思います。それを忘れさせて前に進ませてくれるのが人生二人目の彼女。それを思い出した。
 
二人目の彼女と恋愛ができて前に進むことができると、その後はもう勝手に続いていくんですよ。三人目、四人目と。そんなに恋愛経験多くないですけど、でもやっぱり進むためには必要なのだと思います。
 
なんかすごく不謹慎なことを書いている気がしてきた…。でもそれも私の人生であり、事実ですから隠しても仕方ない。何ならその二人目の子を歌った曲も空想委員会の楽曲の中にありますしね。どれかはここでは敢えて言いませんけど。
 
恋愛に限らず皆さんもきっと覚えがあるはず。あなたの人生においての「遣句」、どんなのがあったか思い出してみて。
ということで、今回はこの辺で。


_20170920_113018.JPG
 

↑このページのトップへ