月別アーカイブ / 2017年08月

お題で一筆.jpg




第五回「鰭」

①魚類・水性哺乳類の運動器官。遊泳の際に水をあおる、軟骨または硬骨の鰭条(きじょう)などに支えられ、体壁から突出する扁平な構造。体の正面線上にある鰭(背びれ・尾びれ・臀びれ)と、体側にあって対をなす鰭(胸びれ・腹びれ)とがある。後者は哺乳類の前・後肢に相当する。
②料理で、魚の鰭ぎわの肉。
③鯨のえら。
④身体の横はば。かっぷく。貫禄。
⑤鬼瓦あるいは懸魚の左右についた装飾。
⑥つけ加えたもの。おひれ。




「鰭」という言葉は知っていたものの、こんなに意味があるなんて…。ちゃんと意味を知って使っていたのは①と⑥くらいかなぁ。⑤なんて全く知らなかった。勉強になった…。
 
まずこの説明を読んでぱっと思いついたのは魚の鰭。わたくし三浦は自宅で一切料理をしません。大学生の頃とか、千葉に住んでた頃はちょくちょくやってたんですけどね。今ではもう全くやりません。やらないことに決めたのです。
現状どういう感じかというと、家の台所にはIHクッキングヒーターが一つ。しかしこれは既に機能しておりません。その上に小さな棚を置いて書類入れてる。本も積んであります。つまり台所として使っていないんです。
 
よく引っ越し先を探す料理好きな女の子は「台所が狭い」とか「コンロが一口では料理がしにくい」などという台詞を言いますね。私が今の家を探すときはそもそも料理をするつもりがなかったので、台所の使いやすさは全く気にしてませんでした。
何故料理をしなくなったかというと、別に料理しなくても生きれるなと感じたから。千葉から東京に引っ越してきたくらいの時期はバンドでの仕事が忙しくなってきてた頃で、家に帰ってからご飯を作って食べる時間と気力がなかった。そのエネルギーがあるなら仕事しようって思ってた時期でした。そういう理由でやらないと決めたんですね。
 
ちなみに料理が全くできないかというと、そうでもないです。大学生の頃は暇で暇で仕方ないので毎日料理してました。自分が作りたいのと、当日付き合っていた彼女に食べさせたいというのがモチベーション。カレーとかグラタンとかお好み焼きとか野菜炒めとか簡単な料理を作って食べてました。
カレーは玉ねぎを飴色に炒めると美味しいという噂だけは知っていたので、実際に自分でやってみようと思ってチャレンジしました。たしかあのときは深夜1時くらいにやってみようって思い立って、カレーができたのは明け方だった記憶…。
私の性格上、一回楽しいって思うとどんどん深みにはまっていくのです。だから料理を辞めたのです。料理作る時間があるなら曲を作りなさいって決めたのでした。
 
ですから、もし私に彼女ができて「三浦君の家で料理作って食べさせてあげたい」って思ってくれても、それは叶わないのです。なぜなら我が家には台所がないから。お気持ちだけありがたく頂戴して、何か美味しいものを外に食べにいきましょう。
でも、料理できる男の人がかっこいいっていう感覚はありますよ。速水もこみち君とかかっこいいなぁって思う。俺も高ーいところからオリーブオイルふりかけてぇなとか。
 
ちなみに料理番組を見るのは大好きです。テレビ付けてて、なんか面白い番組やってないかなぁっていうときは料理番組を探します。作ってるのを見るのも好き、かっこいいという憧れもある。そう。どハマりする可能性が大なのです。だから手を出さない。
魚を三枚におろすのとかできたら素敵ですけどねぇ。いつかそういうことに時間を使える日がくるのかなぁ。それは誰にもわからない…。
ということで、今回はこの辺で。


_20170830_161512.JPG
 

どうもギターのなおやです!!

本日は『東海バンドフェス ZEPP 2017』に出演してきました!

見に来てくれたみんな、ありがとうございました!

今回のフェスは普段のロックフェスとは違い、アマチュアバンドの方々が中心で、ゲスト出演という事で演奏してきました!

ゲストってことだったけど、気持ちは出演者と同じだし、ステージも同じ。みんなに負けない気持ちで自分達の音楽を思いっきり届けてきました。

初 ZEPP Nagoya 超気持ちよかったです!


新たな出会いも沢山ありました。普段のLIVEでは絶対に出会えない方々。こういう出会いがあるから辞められんよね。って思うし、これからも積極的にこういうイベントに出演していきたい。

素敵なイベントでした♪( ´▽`)出会ってくれたみんなも、ありがとうね!!また絶対会おう!!

_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6211.JPG


Rolandチームが来ててちょっと遊んだ!
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6210.JPG




そうそう、控室にモニターがあって会場が映ってたんだけど、空想のファンの方々が俺ら以外のバンドも率先して楽しんでる姿が映っててさ。素敵かよ!!ってなりましたとさ。


よい夢を!!









お題で一筆.jpg


第四回「絹糸」

蚕の繭からとった糸。生糸・練糸などがある。


練糸(ねりいと):セリシンを除去した白く光沢のある絹糸。近世までは灰汁、近代以降は石鹸やソーダの溶液を処理に使用
セリシン:蚕の繭糸中の二本のフィブロイン繊維の周囲をつつんでいる蛋白質で、熱湯で処理すると溶出する
 

絹糸でできた製品を身につけた事がない気がする…。昔付き合ってた女性がたしかシルクのシャツか下着を持ってたような記憶もあるが…。手触りは良い印象。
 
シルクというとお金持ちのイメージですね。よくセレブの女の人が風呂上がりはシルクのバスローブで過ごしてる絵だけは浮かぶ。シャンパン飲んで、イチゴ食べて、寝るときはバスローブも脱いで香水だけを身にまとって寝るみたいな。
ベッドはもちろんキングサイズで自宅なのに大きい枕が4つくらいあって、ベッドもお姫様が寝るようなカーテン付いてるベッドね。そういうイメージ。 
まあ、これは極端な例だとしても、やはり肌触りがいいものを身につけるのは大事な事ですよね。そこにお金をかけるのもなんとなくわかる。
 
たしか、モデルのマギーちゃんがシルクのバスローブ着てるって情報を見たことある気がする…。マギーちゃんとはカラオケの映像の仕事でご一緒してからファンで、写真集とスタイルブックを同時に発売するときに両方買ったんだ。写真集はもちろん素敵なんですけど、個人的にはモデルさんがよく出すスタイルブックを見るのが好きですねぇ。
好きといってもそんなにいっぱい持ってるわけではないですけど。マギーちゃんと桐谷美玲さんのは買って読みました。
 
スタイルブックを読んだ事がない人に説明しますと、だいたいはファッションのコーディネート例が載ってたり、食事の事が載ってたり、メイクの仕方が載ってたりです。女性が読んだら役に立つ事が書いてある印象ですかね。
私は男なんで直接役に立つ事はそんなにないかもしれないんですが、やっぱり読むのが好きですね。特に興味があるのがどうやって仕事をしてるのか、どういう意識で仕事をしているのかを知れるのが面白い。
 
マギーちゃんの場合だと体型維持のためのトレーニングの仕方とか食事制限とか。モデルという仕事の裏側が知れるのが面白い。で、結果として「こんなに努力して仕事に向かっているんだな」とプロ意識を知る事で刺激が欲しいのです。そういう刺激って自分が好きだったり、尊敬できる人じゃないと受けられない。まず興味があるというのが大前提です。それがマギーちゃんと桐谷美玲さんだっただけ。
 
話がだいぶズレましたが、マギーちゃんはたしか仕事終わって家に帰って来たらすぐ風呂に浸かって、あとはずっとバスローブで過ごすんだとさ。仕事で体を締め付ける服を着ているから、家に帰って来たら極力楽な服装をしたいんだって。
その感覚、なんとなくわかる。
 
私で言えば家に帰って来たらなるべく音楽に触れたくない。歌も歌いたくない。ときどき好きな曲を聴いたり、ギターをぽろぽろつま弾いてみたりはするけど、あまり音楽に触れてる時間は多くないと思います。
それと同じ意識なのかなと。
 
音楽を仕事にする前(サラリーマン時代)は音楽だけが唯一の心が休まる時間だった。仕事でどんなに疲れてても音楽聴けばちょっと回復する感じがしたり。そういう時代もあったんです。
でも今はもう違う。
音楽以外のところから刺激を得て、それを仕事である音楽に還元する。そういうスタイルに落ち着いたのでした。
人それぞれオンとオフの作り方が違うよね。自分なりのやり方を見つけて、上手にやりたいもんです。
ということで、今回はこの辺で。


_20170823_183351.JPG
 

↑このページのトップへ