こんばんは。
空想委員会三浦です。
3月末から始まったインディーズ回顧ツアーも気付いたらもう次がファイナル。
東京下北沢での公演で終わりとなります。

いつもツアーやってると時間が過ぎるのがとても早くて、「まだまだやっていたいなぁ」って思うんですが、今回は特に早かった。
さらにいうと、今回は演奏しててもあっという間に終わる感じだった。

歌い始めたと思ったらもうライブ終盤で、気付いたら本編終了、みたいな感覚でずっとツアーやってました。
これってとてもいいことで、それほど集中してる証拠です。
集中して集中して、体感時間がどんどん短くなるライブほど私はいいと思ってます。
同じ2時間なのに、濃度が違う。
ぎゅっと凝縮された濃い時間を作れることこそ、バンドマン冥利につきます。

先日はセミファイナルの名古屋でしたが、この日もあっという間でした。
気付いたら終わってた。

もちろん体は疲れてるし、喉も酷使してるから声も疲れてるんだけど、それでもまだまだいける!って思えるようなライブでした。
その感覚を客席にいる皆さんと共有できてたらいいなぁって思いながらライブしてました。
次の東京公演で終わってしまうのが勿体無いと思えるほどいいツアーだったので、最後までしっかり届けて締めくくりたいと思います。



最近よく考えてるのは、「過去は何のために存在するのか」ということです。
過去の栄光とか、消したい過去とかいろんなものがそれぞれの人にあると思うんですが、それをどう活かしていくかを考えることこそ、生きることではないかと思っています。

過去は消せませんし、変えられません。
でも今は変えられるし、未来は変えられます。

それだったら、全部抱えて、それを活かして生きていきたいなと思います。
過去の栄光も消したい過去も、自分にしかない歴史であり、財産です。
それは誰にも真似できないという点で、とても価値があります。
あなたにしか作れない物語の最中にいるってことです。

それに誇りを持って生きていきたいなと思います。
今回のインディーズ回顧ツアーをやって、特にそう思えました。

全部が大事です。
無駄なことは一つもありません。

ツアーファイナルの下北沢では歌でそのメッセージを届けられるように歌います。
チケットを買って会場に来てくれる皆さんに感謝しつつ、一緒に未来を見れるようなライブにしたいと思います。
最終日、よろしくお願いします。

1529405192068.jpg

1529405187017.jpg

1529405196770.jpg




 

こんばんは。
三浦です。

いよいよ始まりました。インディーズ回顧ツアーの後半戦。
セットリストをガラリと変えまして、大阪、そして富山県の福光で2公演やらせていただきました。

皆さんは昔のことをどれくらい覚えてますか?
私は友達とかと昔の話をしてると「よくそんなこと覚えてるね」って言われます。
友達はもう覚えてないことを結構覚えてるみたいです。
その時の風景とか、会話の内容とか、かなり鮮明に覚えてます。

そんな感じなので、大阪と福光でインディーズの頃を思い出しながら歌うのはとても不思議な体験になりました。
やっぱりその土地その土地で思い出が違うので、同じ曲を歌ってても思い出すものが違います。
大阪で歌うのと福光で歌うのでは全然違いました。

当然、歌いながらの感情が違うのでMCで話す内容も全然違ってて(毎回何を話すか決めてない)、それも面白かったです。
歌いながらどんな感情になるのか、どんなことを思い出して話すのか、他人事のように楽しみにしてる自分がいます。

そして、それは客席で見ている皆さんにも言えることです。
ライブの後にツイッターのリプライなどで感想をいただくのですが、やっぱり皆さんそれぞれ思い出す記憶があって、それに引っ張られて悲しい気持ちを思い出したり、苦しかったことを思い出したり、逆に、そういう経験があったから今笑っていられるんだなぁって笑顔で会場をあとにしたり。

一人一人楽しみ方が違うのがとても嬉しいし、そういう風に一人一人の人生に空想委員会の曲が寄り添ってこれたんだなぁと思うと感動します。
いいツアーやらせてもらってます。ありがとうございます。

後半戦まだ始まったばかりですが、これから行く土地も思い出がたくさんあります。
不意に開く記憶の扉から何が飛び出すのかを私と一緒に楽しみつつ、泣いて笑って感情ぐしゃぐしゃになってください。
会場でお待ちしてます。


そして、明日は「ミオフェス」で演奏させていただきます。ミオヤマザキさんに呼んでいただきました。
精一杯歌いたいと思います。
よろしくお願いします。


というわけで、今日はこの辺で。
いつも応援ありがとう。 



1527674347541.jpg
インディーズ回顧ツアー大阪公演



1527674479610.jpg
インディーズ回顧ツアー富山県福光公演
 

こんばんは。
ボーカルギターの三浦です。

長い時間をかけて取り組んでいた短編アニメーション制作のプロジェクトがやっと最終段階まできました。 
先日、ニコ生さんで初めて完成品を公開させていただいたのですが、たくさんの方が見てくださり、私のところにも「完成おめでとう」という言葉がたくさん届きました。
ありがとうございました。ここまでこられて本当に嬉しいです。

でも私個人の考えとしては、「おめでとう」と言われるべきなのは私じゃなくて、このプロジェクトに関わった全ての人へ向けられるべき言葉だと思っています。
空想委員会のメンバー、スタッフ、アニメ制作に関わってくださった全ての方、そしてクラウドファンディングで支援してくださった全ての方、本当におめでとうございました。

みんなで作った作品だと思ってます。
このプロジェクトにチームの一員として関われたことを誇りに思います。
これから先、どんな音楽活動をやっていくのかはわかりませんが、今回の作品は私の中で一生残っていくものだと確信してます。
ありがたい機会をいただきました。
感謝してます。

そしてニコ生での公開の日に発表になりましたが、リリースが決定いたしました。

1526739184469.jpg



我ながら、良い曲を作ったと思ってます。自信作です。
せっかく作った作品ですから、一人でも多くの方に興味を持ってもらって、その人のところまで届けたいです。
そのために自分にできることはなんでもチャレンジしようと思っています。
たとえ異端だと言われようが、遠回りだと言われようが、どんなことでもやります。

届けるところまでがこのプロジェクトだと思っていますので、しっかりやります。
見守っていただけたら嬉しいです。




インディーズ回顧ワンマンツアーももうすぐ後半戦が始まります。
前半戦でやっていたセットリストからは完全に変えています。
今日はバンドリハでしたが、前半戦に参加された方がもう一回見たら、全然印象が変わると思います。
また新たなチャレンジを盛り込んだ攻めのセットリストになってますので期待しててください。


一つ一つの機会をしっかり結びつけて「縁」にして、届けていきたいと思います。
これからも応援よろしくお願いします。


 

↑このページのトップへ