お題で一筆.jpg
第十四回「ネオジム(Neodym)」


(ギリシア語で「新しい」意のneosと「双子の」の意のdidymosから)希土類元素の一。元素記号Nd 原子番号60。原子量144.2。銀白色の延性・展性に富む金属。レーザー装置の発光中心などに用いる。


こんな金属があるなんて初めて知った…。しかもネーミングセンスがいいね。二つの単語を組み合わせて作るなんてかっこいい。
新しい金属がまだまだ世の中には沢山あるんだろうなぁと思うと夢が膨らみますね。発見されてないだけで、きっとまだ眠ってるはず。そう考えると科学者の方々の仕事は自分の代だけで完結すること難しくて、受け継いでいくものなんだなぁと感じます。続けていかなければ成果が出ないものがあるはずです。
前にテレビで見た、動物の身体の研究をしている方(クレイジー・ジャーニーで観たんだったかな)もそういうことを言ってた。「自分の研究は大昔から続いている沢山の科学者たちの研究成果を基にしている。自分の役目はそれを受け継いで次の世代に繋ぐことだ」みたいな。自分の一生をかけても足りないということを前提に心血を注いでいるのを見て、分野は違えども音楽をやっている自分も同じだなぁと感じました。
私がやっていることは誰かが生み出したことを基にしたもので、別に何か大発見をしたわけでもありません。では、何のために音楽をやるかというと、次の世代に受け継ぐためなのかなぁと思ったりします。100年後の誰かが「空想委員会っていうバンドが大昔にいて、結構良い曲やってたんだ」って知って、それを基に次の音楽を作ってくれるかもしれない。仮に、「うわ、このバンドだせぇ。こういう音楽だけはやらないようにしよう」って思ってもらうのもありなんです。バトンを渡すのが役目だとするなら、悪いお手本になるのも意味がある。そう考えると音楽を作るのに悩んだり、苦しんだりしてるのも無駄ではないって感じます。
仮にこれが自分の一生だけのものだと考えると、「売れない音楽を作ることに何の意味があるのか」って思ってしまう。仕事として音楽をやるのがきっと嫌になる。売れる売れない以外の価値を持たなければ音楽は仕事として続けられないです。
そう考えると、別に仕事に限らず、全ての人が生きていることが未来の誰かの役に立つかもしれないです。閲覧数がとても少ないブログでも、誰かが誰かに宛てた恋文でも、家族への「ありがとう」という言葉でも、もしかしたら全く関係のないどこかの誰かがそれを見つけて、影響を受けてるかもしれません。つまり、生きてる人全員がもう既に生きている意味を持っている可能性があります。
生きてる意味を見つけたいと願うのは当然です。でももしかしたらそれがわかるのは自分がこの世からいなくなった後かもしれない。
意味を作ってくれるのは全く知らないどこかの誰か。それもまた楽しそうだなと思ってしまいます。
今日も大いに脱線しましたけど、この辺で。

お題で一筆.jpg



第十三回「搢紳・縉紳」


官位の高い人。身分のある人。 



「しんしん」って読むらしい…。初めて見たぞ、この字…。そして書けと言われても難しくて書けないこの漢字…。身分の高い人のことらしいです。 
子供の頃は身分の高い人とか偉い人っていうのは学校の先生とかお医者さんのイメージがありましたけど、大人になるとその基準は変わるような気がしています。学校の先生もお医者さんも職業の一つでしかないということを知るわけですね。(「先生」と呼ばれる立場に立つことが簡単ではないのでその段階で私よりは身分は上ですが)
大人になってみると世の中には身分のある人は結構いるもんだなぁって感じます。そしてその人に言えることは、「全員が並々ならぬ努力の上にその地位を獲得している」ということ。
「こいつ、全然だめなのに偉い立場にいるんだなぁ」っていう人、周りにはあまりいません。ちゃんとそのポジションにいる理由がわかる。むしろ、最近ではその立場にいることよりも、「この人はしっかりと実績を積み上げて今ここにいるんだなぁ」ってことに感心したりします。身分のある人はちゃんと理由がある。
自分は現在の職業柄、偉くなりたいとは思いませんけど、きっとサラリーマンをやっていたら偉くなろうとしたと思う。やっぱり身分がある人は信頼があるってことだから、やれることの幅が広いんですよね。協力してくれる人も増えるだろうし。そういう点では、自分がやりたいことをやるために偉くなろうっていうのはとてもよくわかります。
「踊る大捜査線」というドラマが大好きなんですが、主人公の青島警部と共に物語の中心にいるキャラクターに「室井管理官」という方がいます。秋田出身。本庁の警察官です。この人は正しいことをするためには偉くならなきゃならないってことで頑張ってる人でした。
警察の本質そのものを変えなければ正しいことができないって言ってた。逆に青島警部は「どこにいたって正しいことはできる」って信じてて、目の前の人を助けることを優先してた。
どちらの言い分もとてもよくわかるし、納得です。
学生の頃の私なら完全に青島警部派でしたけど、歳を取った今なら室井管理官の意見に賛成です。
やりたいことをやるためには偉くならなきゃならないって凄く強く思う。
三浦個人としてはまだまだやりたいこと沢山あるので、偉くなるとはいわないけど、信頼してもらえる立場にはなりたいなと思ってます。そのために毎日こつこつやるしかないです。
今日は「身分」についてのお話でした。
つい先日成人式を迎えた新成人の皆さんも、この機会に自分はどういう道をたどりたいのか考えてみるのも良いかもしれませんね。やりたいことをやるためにどういう立場にいるべきなのか。
あなたはどっち派?



 

みなさま、明けましておめでとうございます!岡田です!
昨年はたくさんありがとうございました!
今年もよろしくお願いします!!

餅たくさん食べましたか!?
僕はもちろんたくさん食べてます。
焼いたお餅に醤油と砂糖を混ぜたやつを付けて食べるのが好きです。
あ、でもやっぱお雑煮も好きだし海苔に巻いて醤油に付けて食べるのも好きだし、おしるこはそんなに好きじゃないかな。。。

餅と言えば佐々木さんなんですが、今年も一日何十個も食べてるんですかね??
今度みんなで聞いてみましょう。

今年は超何年かぶりに初日の出を見ることができていきなりハッピー!
絶対今年は良い年になるよね!!良い年になるように頑張る!!

wI85L1D8QY.jpg

お正月は家でのんびりしつつ、でも結局やることないから曲作ってました。
作業部屋ではなく自分の部屋でゴロゴロ作曲です笑
これがまたリラックスしながらで良い感じなんすよね。
今年はこれだ!笑

と、今年も音楽尽くしな素敵な一年になるんだろうなぁと今から楽しみです(^^)

今日から仕事や学校ももうすぐ始まるのかな??
また元気に毎日過ごしましょう(^^)/

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3904.JPG

↑このページのトップへ