こんばんは。

2019年に入ったばかりだと思っていたら
もう1月が終わりそうですね。

早くない??

子供が生まれてから
自分の時間がなさすぎて
時間が経つのが早い早い。


気づいたら
息子も生後7ヶ月。

そんな息子ですが
とにかく大きい

成長曲線からは
身長も体重も大きくはみ出しています。

今は体重も10キロを超えて
重い重い。

_var_mobile_Media_DCIM_125APPLE_IMG_5680.JPG
顔が割と甘めなので

インスタで見ていた人たちには
実際に息子に会うと

思ってたよりでかいっ!!

と毎回驚かれます。


単体で見ていても大きいのですが
友達の子供や
児童館などに行くと
他の子よりも明らかに
ひと回りからふた回り大きい。

月齢が上の1歳過ぎの
ハイハイや歩いている子たちよりも大きい。
それで1人、トドのように
ズドーンと転がっているだけなので
なんだかシュール。

そう!
先日、ずり這いを習得しました!!

目を離すと
猫の餌や水をピチャピチャしてて
どうしよう。
餌の位置を変えるか...うーん。


まぁ、男の子だし
大きい分には別にいいかとは
思っています。(抱っこが大変なことに以外は)

大きいだけに食欲も旺盛で
ミルクも離乳食も食べる食べる。
なくなると
足りない!!
と怒ります。

誰に似た(多分私)

そんな息子。

1つだけ心配なのは。


_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0145.JPG

顔も大きい気がする。

私とほぼ同じ

とよく言われるのですが
大丈夫かな。

身長も伸びれば大丈夫だよ

という先輩ママの言葉を信じます。

ま、大きかったらそれはそれでね。

仕方ない。受け入れよう。


世の大きな赤ちゃんを持つお母様方。

背中や腰に気をつけて
頑張りましょう。


ではでは。

おはようございます。


前回は妊娠について書きましたが
今回は出産をテーマに綴りますね。


出産


それはもう
鼻からスイカを出す感覚
お腹の上をトラックに轢かれる痛み
トンカチで思いっきり叩かれ続ける痛み
などなど
聞かされてきました。


え、何それ。恐


とは言え、楽観的な私は
痛みへの恐怖はほとんどなく...


とにかく早く息子に会いたかった。

先生からも
早く産まれそうですね

と言われたりもしたので
勝手に
早く生まれる!!
と思い込んでいまして。

前駆陣痛にも振り回され
37週くらいから、毎日、今日かも!
と思い1日が終わり
今日かも!
と思い次の日を迎え。

気付いたら予定日(40週)も超え...

何かもう産まれてきてくれるなら
いつでもいいや
と投げやりな気持ちになって1週間。


なんと、夫の誕生日に陣痛がきて
そのまま出産。

夫と息子。
同じ誕生日という奇跡。

なんて親孝行の息子なんだ。

陣痛に耐えながら
夫の誕生日ケーキを手作りしていたのも
思い出です。笑

本陣痛から出産までは
9時間半と割と早め。
おかげさまで安産でした。

噂にはさんざん聞いていた
陣痛の痛み。
なるほど、これはとんでもない痛み。


ただ!!
陣痛よりも分娩台に上がってからの
2時間が1番つらかった...!!

息子が大きくて
頭が途中で引っかかり
そこからがとにかく長かった。

その時の痛みったらもう。

何度も意識を失い
途中、痛みで吐いたりと
心も折れかけました。

ですが、母は強しかな。

どんなに心折れかけても
これを乗り越えたら息子に会える!
と思うとお腹の底から
エネルギーが
グワァ!!!
と湧き上がってくるんですよね。


なかなか出て来ないので
助産師さん達が私を元気づけようと
頭出てますよ!触ってみて!
とか
鏡で見てみましょう!ほら!
と声をかけてくれるのですが
もう手を動かしたり視線を動かす体力もなく
え、本当に無理やめて
と思いながらもNOと言えない日本人。

あ、本当だ...!!

と息も絶え絶え、喜んでいる風のリアクションを取る私。

夫に
こんな時でも空気を読もうとする
ゆいこちゃんの性格が出てたよ
と言われました。

そんなこんなで
人生で間違いなく1番痛かったけども
息子が産まれて
その体を抱いた瞬間。

あまりの感動と喜びに
何もかも吹き飛びました。

その間に
けっこう太めの針で大胆にお股を縫われていたらしいのですが

全然痛くない。

注射も無理な私が。

それだけ嬉しかったんだなぁ。
疲れ切っていたのもあるけど。
というか、陣痛に比べたら
チクチク程度の痛みでした。

やっと会えた息子は
3750gとビッグベイビーでした。

そりゃ頭もハマるよね。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9902.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9891.JPG

息子のあまりの可愛さと愛おしさに
次の日には出産の痛みも忘れていました。

出産の痛みは忘れるけど
出産の喜びは絶対にいつまでも忘れない。

人間、都合良いようにできています。


この喜びを味わえるなら
何度でも出産できるなぁ。


まだまだ予定はないですけどね!!


ではでは。



1年半もブログを書かず
何をしていたかというと。


妊娠して、出産して、になりました。


今は、生後6ヶ月の息子を育てています。


今日は
妊娠の頃の事を綴ろうかと思っております。


モデルという職業をやらさせて頂いていますが
妊娠して18kgも太りました。笑

風船のように膨らんでいくお腹を見て
このままどうなるかと思ったよね。
お空に飛んでいきそう
ではなく
地面にめり込みそう
なくらい重かった...‼︎

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9368.JPG

お腹が出すぎて
妊娠8ヶ月頃には
もうすぐ出産ですか??
とよく言われ
双子ですか??
ともよく言われ
夫には、ただでさえゆるキャラなのに
フォルムまでゆるキャラに...
と言われ。

所謂、「食べづわり」だったので
大体の方がつわりで食べられない時期に
食べないと気持ちが悪くて
ひたすら食べていました。

そこで一気に6〜7キロ増えて
そこからは普通のペースで増えていきました。
スタートダッシュがね。勢いがあったよね。

最初は助産師さんも
元が痩せているから
とか
食べられないよりはマシ
と言ってくれていたのが
ある時からは毎回検診のたびに
太り過ぎです
と怒られる日々。

ちょっとでも体重を減らしたくて
検診の日は
薄着
で行くという無駄な努力。笑


ただ、太った以外は
しごく平和なマタニティライフだったと思います。

それでも体のどこかは常に痛くて
歩くのもしんどくて
あぁ〜早く産みたい!
早く赤ちゃんを抱っこしたい!
と日々想っていました。

出産経験者からは
産んでからが大変なんだからね
と言われましたが
それでも早く産みたかったなぁ。

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8923.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8759.JPG

今思うと妊娠中は
とっても愛おしくて優しい日々でした。

2人目の時は
こんなに毎日お腹の子のことを
想って生活する余裕もないだろうし
本当にあの時だけの感情や時間だったのだと
思います。

う〜ん。もはや懐かしい。

過ぎ去った事は
すぐに風化してしまうので
こうして文章に書くのも良いですね。


次は出産の事でも書こうかな。


あ、ちなみに
18kgは出産半年後の今
ほぼほぼ戻りました。
あ〜よかった。本当に。笑

特に痩せるために
何か頑張った訳ではないのですが
人の体ってすごいですね。


寒い日が続いていますが
体調には気をつけて下さいね。


ではでは。




↑このページのトップへ