17年前に戸建てを購入して引っ越した時の事です。

昼食に出前をとり届けてくれたおじさんが、我が家の愛猫《くるみちゃん》を見ると、「可愛いですね」と言ってくれました。

目を細めながら、くるみちゃんの頭を撫でるおじさんは、恐ろしい話を語り始めた…

新築に越してきたお客さんが、ペルシャの仔猫を飼ったけどトイレトレーニングに失敗。

家のあちこちに垂れ流し状態だったとの事。

ここから「閲覧注意❕


腹を立てた飼い主は、

仔猫ちゃんの足を切り落とし川に投げ捨てた

と平然と話していたと…

「聞きたくなかった」

仔猫ちゃんのトイレトレーニングは根気が必要な事…

思うようにトレーニングが進まなくても仕方ない事…

仔猫ちゃんに何の非があるのだろう…

ただ、可愛いから…
だけでは、命ある猫ちゃんやワンちゃん達は家族に迎え入れる事は出来ないのです。

人間同様、それぞれに個性や感性があるから接し方も躾方法も違ってくる…

「命」を愚かにしないでほしい…

きっと、被害にあった仔猫ちゃんは、

可愛く鳴き、愛くるしく表情で飼い主に甘えていただろうに…

それが、飼い主の心に響く事は無かったから

残酷な結果になったのだろう…

私はその話を聞きながら、言葉を失い涙を流していました…

くるみちゃんは、そんな私を優しく見ながら身体をすり寄せてくれました…

けっして、その仔猫ちゃんの話を忘れる事はないでしょう❗

私は声を大にして言いたい❕

命を大切に出来ないのならば、安易にペットを飼わないで下さい❕

迎え入れたなら、家族の一員として接してもらいたい…

仔猫ちゃんの御冥福を祈ります。


「お酒は止めても煙草は止めない❕」と
ヘビースモーカー😃🚬💨だった私…

いつの日か、煙草に火を点けたまま灰にする事が増え、煙草を手にするだけで安心している事に気がついた。

その頃、ゴルフのラウンドレッスンを受ける事を機に禁煙を決断❕

初ラウンドレッスンの朝、残った3本の煙草を吸い終え禁煙開始❕

それからは、目の前で煙草を吸われても気にならず、「吸いたい」とも思いません❕

愛煙家の友人達からは「裏切り者」と言われますが、禁煙成功を喜んでくれています😆

あれから4年3ヶ月…

もう2度と煙草を吸う事はないでしょう😁




徒歩で出勤していたある日の事。

可愛らしい子が、お尻をフリフリしながら私の前を歩いている。

数歩進む度に振り返る彼女…
「ついてこないでよ❗」とでも言いたげに私を見つめる。

目をそらすと彼女はまた歩き始める。

私も歩き出すと、彼女はまた立ち止まり私の方に目線を向ける。

その行動を何度繰り返しただろうか。

そして、ある家の前に来ると彼女は小走りに門の中に姿を消した。

そこは先輩の家だった。

そして、彼女は先輩の愛犬の「チビちゃん」だった。

出勤して先輩に事情を説明すると

「ストーカーと思われたんでしょ❗」
だって😓

私はストーカーじゃないやい😡

↑このページのトップへ