10月に入ってからガチめの筋トレを始めました。
この脆弱な肉体を今のうちにどうにかしなければ、非力インドアのまま一生を過ごすことになるという危機感から。

あと完全なステレオタイプですけど、スポ根の人って心も健全なイメージ。
ストレス耐性があるというか…大会前のプレッシャーとかにも打ち勝つ訳ですから。

現状で割とメンタルタフな私が更に図太い根性を手に入れて何になるのかなという点は置いといて、とにかく心身共に健康であることは大切ですよね。

ダイエット目的ではないので食事は普段と全く変わらないのですが、筋トレ始めてから数日で下半身の見た目に変化がありました。お腹まわりも引き締まって内臓が上がったような感じです。良い感じ。

それで、筋肉に詳しい知人からスポーツジムの招待券を頂いたので行ってみたんです。
夏ごろからプールには通っていましたが、ジムは初めて。

しかも、かなり本気の人達が通うタイプのジムです。

腹筋も割れてない私が行って良い場所なのでしょうか。

まあどうなっても恥は一瞬(必殺、何でも10年スパンで考えるの術)だ、と飛び込んでみました。

たくさん機材が並んでいましたが、使い方を知っていたのは3種類くらいでした。
バイクとランニングマシンとダンベルくらい。

でもどうなっても恥は(以下略)なので、とりあえず謎のハンドル付き椅子に座ってみました。

おそらく、それは腕とか肩の筋肉を鍛えるマシンだったのかなと思います。
左右に開いたハンドルを中央に引き寄せるやつです。

なんとなく見たことありはします。

でも、微妙に知ってるやつと違う。

ハンドル部分、両方のウイング部分?みたいな所が上下するタイプでした。

つまりハンドルを握ったまま鳥みたいに羽ばたけるってことです、バサバサと。

何だこの上下稼働は!?この動き必要か?!

心の中では絶叫していましたが、周囲の筋肉玄人たちに気付かれてはいけないと思い、すました顔でハンドルを握りました。
テレビで見たように肘を曲げた体の側面に付け、そして中心へとハンドルを寄せるように……

「む”んっっ」
「む”んっっ」ハァハァ
「む”んっっ」

……ハァハァハァハァ……

何だコレ!!

やたらと力がいるよ!?

数回しか動かしていないのに私の肩は悲鳴をあげていました。
このフロアに居る人、みんな涼しい顔してこんなマシン動かしてんの?!超人なの?!

その時、一人で焦る私の側に一人の女性トレーナーが近づいて来ました。

「両手をピンと伸ばして下さいね」


なんと!!肘は伸ばすんだった!

よくボクシングの映画とかで「脇しめろ~!」とか言ってるからさあ!!
コーチが怒鳴ってるシーンあるからさあ!!
脇は閉めるのが基本みたいなとこあるからさあ!!

まさかあんなに悠々と両手を広げて脇ガラ空きで筋トレするとは思いませんでした。
ほんと部屋に籠って映画ばっか見てるからですね。
先入観に邪魔されてばっかりだ!

アドバイスの通りに肘を伸ばしてハンドルを持つと調度良い抵抗と共にダンベルが持ち上がったのでした。
支点・力点・作用点の神秘。

色々と分からないことはあったものの、恥は(以下略)を用いることによって全ての局面を切り抜け、ジムの仕上げにはジャグジーとサウナで良い汗流して帰りました。
満足です。

私がへなちょこトレーニングをしている間、周囲の玄人達はマシンの持てる最大負荷を掛けて肉体を虐め抜いていました。
上腕二頭筋と会話してる人も居た。聞こえるんだろな、筋肉の叫びが。
女性もたくさん居ました。みんなふくらはぎが美味しそう。


療養期間に入って喉のことだけ考えていても埒があかないと思っていたこともあり、今回のジム体験はとても良い経験でした。

このまま運動も続けていけば、冷え性とかいろんなものもついでに治るだろうという期待も込めて筋トレします。

みなさんもスポーツの秋を楽しんで。

P.S 写真はTHE MODSの野音ライブに伺ったときのもの。めちゃくちゃカッコよかった。
ステージに下がっている幕は漫画家の高橋ツトムさんの作品です!

 IMG_1685