22日のリキッドルームファイナルにて、全国フリーライブワンマンツアー「君が私をダメにする」の全てが終了しました。

各会場で黒木渚を迎えて下さった皆様、本当にありがとうございました!

仙台・福岡・大阪・名古屋は昼夜2公演ずつ、東京は夜公演の、全9公演だった今回のツアー。
どのステージにも新鮮な熱量があって、私自身とても楽しんだ。

たくさんの人間が、ひとところに集まって一斉に大きな声を出すというのには、謎の感動があります。

生きているというシンプルな迫力。

大合唱が始まると、ステージの上から両手を広げて、みんなが出した声をかき集めていた。
生命力を浴びて、また次のステージに向かって、ということを繰り返しているうちに、私もどんどん強くなっていく。

到底かなわない大きな何かに向かって、いつも反抗しているような気分だったけれど、今は何も怖くありません。
覚悟を決めて放ったフリーライブのチケットを、無駄にせずにあんなに沢山の人が来てくれたのだから。

ずっと付いて来てくれているファンの皆と、それから新しく黒木渚の音楽に飛び込んで来てくれた皆。
いっしょくたになって、ライブを楽しんでいる様子がとても嬉しかった。

苛立ったり、憂鬱になったりする時間は嫌いだから、ただただタフに歌ってタフに踊るのだよ、我々は。

11月からは、今年3本目の全国ワンマンツアー「自由律」がはじまります。
今回のツアーが次に繋がって欲しいという私の思いは、既に皆さんお気づきでしょう。

私の音楽やライブに対して、1%の直感やひらめきがあったなら、是非また「自由律」でお会いしたい。
上質な非日常を用意して待っているつもりです。

今回のフリーライブ、応募してくれたのに抽選で落ちてしまった方も、用事で来られなかった方も、
冬のツアーで合流してさらに台風をでかくしよう。荒々しく、直線でぶった切るために。

news_xlarge_kurokinagisa_oneman20150722_02