あけましておめでとうございます。黒木渚です。

皆様、今年もどうぞよろしくお願いします。

2015年は、放出の年です。

昨年作ったものや、構想を練ったものを、惜しみなく吐き出して行きます。

テンポ良く行くので、ちゃんと付いて来てね!

その先駆けとして公開された「虎視眈々と淡々と」のMVは見て頂けたでしょうか。

映画監督の北村龍平監督が撮って下さいました。

監督との出会いはミラクル。

普段はロスで生活されている北村監督が、ルパン三世の件で日本に来られていた時のことです。

音楽好きの監督が足を運んだお店に、黒木渚の「はさみ」が置いてあったのをなんとジャケ買い!

そこから、知人を介して会いに来て下さったのです。

こんなことある?!人生で!

と言うことで、男気溢れる監督が出会いの記念にMV撮影を約束して下さったことが今回の作品のキッカケとなったのでした。

当日は、映画撮影チームの「北村組」の皆さんが協力して下さり、私はとにかく歌いまくった。

2日間に及ぶ撮影のフィナーレはマネキン炎上という派手なカット。

ジッポオイルびたびたになったマネキンに、さらに着火材を塗り、点火!

その前で歌うというもの。

監督「渚、いいか、俺がカットと言うまで動くなよ。」

という監督の指示。これは火を使った撮影なので、火柱が上がったりしてパニックになると更に大規模な事故になりかねないため、監督は真剣でした。

ビリビリする緊張感。そして、点火!!!


火柱の前に立ち、大サビを歌う・・・・ああああああああああああ熱つうあああああ!!!!

後頭部、燃えてるかと思うくらい熱かったです(笑)

というか、服とかも燃えてると思った。しかし、なんの事は無い、カットと言う声がして、飛び跳ねるようにその場から逃げると、髪の毛は無事でした。
でも、スタジオ内に居た人達はみんな鼻の穴真っ黒になってた。

監督「頑張ったな!後半、ギッラギラしてて良かったぞ!」

そういって貰えると、がんばりが一瞬で報われます。
良いものが出来る時ならば、多少危険な目に遭おうが、しんどかろうが、どうでも良くなってしまうものだよね。
その場に居たスタッフさん全員そんな気持ちで作っていた気がしました。

点火するときの皆のギンギンした目を忘れられない(笑)


黒木渚「虎視眈々と淡々と」(Short MV)