月別アーカイブ / 2014年07月

昨日、青山にてスカイロケットカンパニーさんのイベントに出演させて頂きました。

勤曜ガールズ感謝祭というタイトルのとおり、お客さんはみんな女性!

会場もかなりゴージャスな場所で(孔雀の剥製とかあったよ)、とても華やかな雰囲気でした。

スカイロケットカンパニーさんでは、四月度の『社員のうた』に革命を選んで頂き、リスナーの皆さんから沢山ありがたいメッセージが届きました。

イベントに来て下さった女性リスナーの皆さんに、今回ライブで革命を聴いて貰えて嬉しかった。

涙ぐんで聴いてくれている方や、一緒に歌ってくれている方が、ステージからもハッキリ見えました。

男前な女性がどんどん増えている最近ですが、私達このまま最高のおばぁちゃんになって行こうぜ!


それにしても、女性が沢山集まると良い匂いがするね。

変態みたいな感想だね。ハァハァ。

そして、イベントの最後はマンボウやしろさんのサプライズ誕生日会でした。

大ハーレム状態のお祝い楽しかった(笑)
おめでとうございます。



Ms.OOJAさん、やしろ本部長、浜崎秘書さんと一緒に記念撮影!

今週のジャンプ面白かったな、渚です。

みなさんは普段どのくらい睡眠をとってますか?

私は眠るのがとっても好きで、たまに「このまま一生起きたくないな」と思う事もあるほど睡眠好きです。

眠る前の妄想タイムも好きだし、ちょっと意識が現実に戻って来そうなフワフワした感じとかもめっちゃ好きです。

意外と体は丈夫なので、忙しい時は余り寝なくでも生活出来るんだけど、如何せん眠りを愛しているもので・・・。

しかし、ずっと思い続けて来た事がある。というか当たり前の話なんだが。

「寝ている時間がもったいない。」

コレ。もう1万回は同じこと考えたと思うわ。(笑)

私は子供の頃からたっぷり眠る子だし、睡眠不足で能率が下がるというのも本末転倒だし・・・と、眠りまくって生きて来ました。

だけど私が眠っている間、世界は止まっている訳では無いんだよなあ・・と思うと(寝てる場合じゃないんじゃない?)という気がして来るのです。

そして、いよいよ行動を起こす事に!

初日、とりあえずどうやったら少ない睡眠でも健康な日々を送れるのか学ぼうということで、短眠法の本を読みました。

結果、短眠法の本を読みながら寝落ち。無念!

そして翌日、短眠法を実践している人の事や、方法を調べました。ナポレオンからビジネスマンまで。
コツさえつかんで体が慣れれば、少ししか眠らなくても生きて行けるそうです。

毎朝必ず同じ時間に起きる事が出来なければ短眠は実践出来ないらしい。

私の仕事は毎日定時に始まる訳では無いので、今までスケジュールに合わせて起床時間を変えていましたが、これからは前日遅かろうが早かろうが定刻に起きてみせる!

いつも使っている目覚ましでは無く、睡眠の深さを計ってアラームを鳴らしてくれるアプリを入れてみた。

寝言も録音出来るんだよ~!

でもね、翌朝聞き返した時に、自分じゃ無い別の声とかが入ってたらどうしよう・・・っていう怖い妄想をしてしまったからこの機能は多分一生使わないよ!

使い始めて初日の朝、いつもの半分の睡眠時間だったのに起きた瞬間タップダンス出来るくらいには元気でした。

よしよし、この調子で頑張るぞ。

余談:その晩、私は夢を見ました。
   高校時代の数学の先生(男性)が、白いスラックスで登場。
   私と親友が先生の後ろを通った時に何気なく先生のお尻付近を見ると・・・
   なんと白いスラックスをすかして黄色いTバックが透けている!
   私と親友は顔を見合わせて(マジか!)と慌てている夢でした。
   多分、先日のラジオでTバックのネタ話したからだと思う・・。
   
   なんでやねん!!



こんにちは、渚です。

ここ数日、ライブのDVD発売に向けて編集作業をしています。

11台のカメラで撮った映像を繋いだり、その映像に会場で録音した音を貼付けたりします。

いやー、テクノロジーだよね。


ライブの映像改めて見返してみると面白い。

ベースの佐藤さん、ドラムのマシータさん、ギターのまこっちゃんにもそれぞれカメラが付いていたんだけど、ライブ中の表情とか、「おお!こんなプレイをしていたのか!」っていう場所とかあって見入ってしまいます。
いやー、レジェンド達ほんとカッコいい。

痺れる演奏カットも沢山盛り込んであるから楽しみにしててね。

革命の始まる直前、何かが体の内側からみなぎってくるのを感じて、それを噛み締めていたんですが、その時の私の表情とか「はうーん」みたいな顔で映ってて笑った。

後、まこっちゃんが途中から輝きすぎてアイドルに見えて来た。かわいい。(笑)



夕方まで編集をして、夜はTHE BACK HORNさんのライブに伺いました。

ライブの映像見まくった後に、ライブ見に行くと、ライブしたくてたまらなくなる事が分かりました。

Zepp東京に一杯になったお客さんがリズムに合わせてジャンプして、会場が揺れるほど盛り上がっていました。

私は福岡時代にZepp福岡で一度ライブを拝見していて、その時はまだ学生だったし、まさか音楽を仕事にするなんて夢にも思ってない時代だった事を思い出しました。
懐かしいな。

こうやって今は東京に住んでいて、私は音楽家になり、そして再び見るTHE BACK HORNのライブは、あの頃よりも深く心に刺さりました。


マネージャーのバーバラと一緒にゆりかもめに乗って帰ったんですが(ゆりかもめ初めて乗った!)、さっきのライブに参加していたと思われるお客さんが沢山乗っていて、みんな感想などを話しているようでした。

すると突如・・・

「ねえ!黒木渚2階席に来てたの見た~?」

という声が。バーバラを見ると、バーバラもこっちを見ている。今にも吹き出しそうな顔で。

「2階から、凄いオーラが出てたよ~」

もうあかん。私達は盛大に吹き出してしまいました。

私に気付いてくれたあの子も、まさかその会話を斜め前で本人が聞いていたとは夢にも思うまい。

ありがとう、オーラ出てるって言ってくれて嬉しかったよ。これからも頑張ってオーラ出してくよ。

バーバラも「良かったですね、渚さん。ディスられなくて(笑)」と爆笑してました。

あー楽しかった!

↑このページのトップへ