ご無沙汰してます、黒木渚です。

皆さん元気に過ごしておいでですか?

 

随分長い間ブログを書かなかったので、一体どの話から書くべきか悩みます。

 

しばらくライブ活動も控えていたせいか、体調が悪いのではないかと心配してくださるファンの方もいたので近況をご報告しようと思い筆をとりました。

 

この数ヶ月、私はひたすら作り続けていました。

 

主にやっていたのは、小説2本の執筆と新曲づくり。

そのほかにも、陶芸、洋裁、アクリル画、漫画、身体表現、などいろんな表現に向き合った期間でした。贅沢で素敵な創作の時間。

 

活動のスピードが重視される時代に改めてこのような時間を設けたのは、ひとつには喉の回復が思うよりマイペースだったこと、それからファンの皆への信頼とそれに応えたいエンターテイナーとしての意地があったからです。

 

本当はいつもライブがしたい。

けど、中途半端なライブをするくらいならやりたくない。

この葛藤をいったりきたりしながら過ごした数ヶ月。

 

くよくよしたってしょうがないので、調子の良い日に少しずつデモを録り貯めながら虎視眈々とその日を待っているのです。

 

咽頭ジストニアの後に機能性発声障害と診断されましたが、特効薬や治療法が確立していない病気なので、試行錯誤しながら自分で治していくものだと思っています。

 

最近は私以外の歌手の方もこの診断を受けたというニュースを多く見かけます。

ありがたいことに同業・同病の方から「こんな治療が有効だった」など情報を共有してもらったおかげで、ゆっくりゆっくり完治に向かっていると感じています。

 

ファンの皆さんもライブを楽しみにしているはずなのに、のんびりリハビリしている私を急かすことなく待ってくださって感謝しています。

私には自慢なことがあります。

それはファンの感性を信頼できているということです。

(あとファンの皆さんが異常に礼儀正しい人々だというのも自慢。笑)

 

他人の感性を信じるというのは容易なことではありませんが、私には確信があります。

「あ、コレ大丈夫なやつや」と。

 

自分の芸術的信念を曲げずにファンと向き合えるのは幸せなことです。

 

だから私はじっくりと創作に向き合って、自分が素敵だと思うものを追求しようと思います。そうすることで、最終的にファンの皆さんに面白いものが還元されたらいいな。

 

 

とは言っても、しばらく本当にのんびりさせてもらったのでそろそろ表の活動もしなければと思ってます。皆さんにも会いたいし。

 

手始めにモバイルファンクラブを活性化しようと思います。

11中旬のリニューアルを目指して色々と準備してきました。

 

新しいコンテンツが盛りだくさんです。更新頻度も高めにできるよう頑張って行きますので、ぜひ楽しんでくださいね。

 

それから、この期間に書いていた小説「呼吸する町」が光文社の文芸誌「小説宝石」(11月号)に掲載されています。

 

ヤクルトレディから着想を得たこの物語、第一話は大手乳酸菌飲料会社「ラクトル」の配達員である女性が主人公です。

小さな街を馳け巡る配達員ラクトママのコミカルかつ妄想まみれの群像劇、ぜひ読んでみてくださいね。

 IMG_4003.JPG