とっくに正月あけてますが、2021年初のブログということで、あけましておめでとうございます!

 今年も、おそらく良いこともあれば悪いこともあるでしょう。怒ったり泣いたり爆笑したりしながら、揺れながら生きてゆきましょうな!

 さて、緊急事態宣言が再び発令されたので、私も皆さんの自粛生活に贈り物をしようと思いました。

 まず、youtube配信のラジオをグレードアップして再開しました!



 少しずつ勉強してきた配信機材をまた改良して、画質・音質共にクオリティが上がりました。(映像が4Kなのでしっかりメイクせねば…)

 個人配信の一人喋りだけど、本気でラジオ局クオリティを目指して今後も改良を続けるぞ。新しいコーナーなどもバンバンやっていこうと思います。

 それから、「大人のための読み聞かせ動画」を作りました!


私の小説「本性」を朗読したものをアップしていこうかなと。

個人的に入眠用の朗読チャンネルをよく聴いていて、「なんか丁度いい長さの動画がないなあ」とか「BGMが気になりすぎるなあ」とかいつも迷うので、同じような方のためにちょうどええやつ作ろうと思いました。

寝落ちを目的としているので、淡々と、静かに、20〜30分くらいの朗読を上げていこうかな。ささやかなBGMを添えて〜。

寝る前だけでなく、仕事や家事の合間にも「ながら聞き」してもらえると嬉しいです。

 

 「本性」の内容について、先日の配信で登場人物の似顔絵を描いたので載せておきますね。※配信で視聴者プレゼントしたのサインが入ってます。

 

 第1話「超不自然主義」

 彼氏に振られた
OLのサエコと、地蔵と結婚しているエリちゃんの奇妙な共同生活を描いています。サエコは彼氏の最後の言葉「お前、普通すぎて全然つまんねんだよ!」という言葉にブチギレ、半ばやけくそで変人を目指し始めます。占い師のふりをして路上に店を出したり、エリちゃんが恋をした地蔵を盗むのを手伝ったり。

特別な人間になりたくてもがく平凡なサエコが愛しいよ。

fUg7hlZAIU.jpg

えりちゃん.jpg



 第2話「東京回遊」

 とあるタクシー運転手と、その乗客である恵の物語。女優を目指した過去を持つ恵は、結婚後の生活に不満を持ち、東京へと家出してきました。そこで乗り込んだタクシーの運転手と、お互いの半生について話しているうちに解決策を見つけてゆきます。

 ですが、タクシーの運転手と乗客は一回性の出会い。互いの語ることが事実とは限らないのです。

kTab5MY684.jpg


 

 第3話「ぱんぱかぱーんとぴーひゃらら」

 日雇いの仕事で生活するギャンブル狂の岩崎と、風俗嬢アッコのラブストーリー。堕落した生活の中で、二人は二人なりに幸せを目指してぶつかり合います。

 この回を書くにあたって、入念な取材をしたこともあり、日雇いや風俗という仕事について細部まで書き込むことができました。マジンガーZと岩崎のオーバーラップシーンもあり、個人的には本性の中で一番好きな話です。


KFgg1z3J6e.jpg


qFv3yc4aBO.jpg


 もし朗読を聞いて気に入ったら、ぜひ、ゆっくり活字でも楽しんでみてくださいね。

文庫本「本性」はこちら


かの有名なピンクレディーも、このように歌っております。
もう飽きましたと。

 

ピンクレディーしかり、皆さんもそろそろ退屈になってきたころではないでしょうか? コロナ以降、エンタメ界隈は趣向を凝らして新しいライブやイベントを打ち出してきたわけです。
けれど、それも既にニュースタンダードが出来つつありますね。皆さんも配信ライブというものに違和感がなくなってきた頃ではありませんか?

 

そんな中、勇敢にも今更配信ライブに挑戦するのが、私、黒木渚でございます。
世の中には無難な演出がたくさんありますが、今回はもう全部やめ! 飽きているのよ! 私、退屈なの!今年予定してたライブとかリリースとか全部白紙に戻っちゃって全然つまんないんだから!
というフラストレーションを力に変えて、今回の配信ライブ作らせていただきます。

 

配信ライブと従来のライブの何が違うかって、「画角」が存在することだと思うんですよね。本来のライブならお客さんは自由な視点でステージを見られるけれど、配信となるとカメラが切り取った目線でしかみることが出来ないので。
しかし、これを逆手にとれば、究極的なところ「絵画的な」美しさまで映像を引き上げることができるのでは?と考えました。
画角の中に配置したいもの、構図を決定することができるのは、絵を描くのと同じです。私は一瞬一瞬を傑作名画として配信したいと思いました。

何を言っているかわかってもらえるでしょうか?!勢いと情熱だけで話してますが!

 

配信ライブはリアルなライブとは別物です。
どうやったって実際のライブで味わえる感動や一体感というものは配信では作り出せません。
けれど、そういう難題をすり抜けて作る、ということに燃えるわけです。これはコロナから突きつけられた挑戦状だと思って。

配信というものを肯定的に捉えてみると、なかなか面白い発見もあり、例えば今まで見ることのできなかったポジションからライブを見てもらえるとか、ステージじゃなくても演奏できるとか、アイデアさえ冴えていれば楽しいことたくさんできます。
あえて古典的なエンタメを差し込んでギャップを作ってみたりと、今回は思いつく限りの演出をやってみました。

 

これはこれで面白いなあ、と思ってもらえたら嬉しいです。
あと、配信の良いところは遠方のかたもライブに参加できるということですよね。これまで行きたくてもなかなか行けない地域もあったので、国境さえもまたげるというのは、嬉しいポイントです。
アーカイブもあるから、見る人のスケジュールに合わせて楽しんでもらえるし。

 

とにかく、2020年のうちに表現しておきたいことが山ほどあって、その全てを今回の配信ライブにぶち込んでおきます。
私は弁論家ではないので、やはり作品に込めるというやり方が正しいと思っています。是非、私の2020年を受け取ってください。

演出.jpg
※写真はライブ演出・装飾の一部です。チラ見せ。

黒木渚 New Digital Single「ダ・カーポ」
Subscription&DL Site
https://lnk.to/Otv6Z4O9AH

黒木渚 Online Live 2020「ダ・カーポ」
日時:2020年12月26日(土)21:00〜
※2021年1月3日(日)23:59までアーカイブ公開
料金:¥2,000
購入サイト:https://eplus.jp/kurokinagisa-st/

 みなさんお元気ですか、渚です。

 家に閉じこもっているうちに夏が終わろうとしていますね。

 今年は夏らしい思い出は少ないけど、色々と特殊な経験が増えた印象深い夏でした。

 そんな中、私は「Nagisa Village」通称「なーちゃん村」の開拓に勤しんでいたわけです。

 なーちゃん村はファンのみんなのためのコミュニティサイトです。

 すでに沢山の方が入村してくれて、私も毎日そこに入り浸ってしまうほど居心地の良い村ができつつあります。

 イメージとしてはクローズドなSNS空間です。

 グループLINEのようにみんなでチャットしたり、トピックごとに語り合う部屋があったり、わからないことを質問すると誰かが答えてくれる知恵袋的な部屋があったり。

 私もコミュニティサイトの運営は初めてなのですが、村人のみんなが色々と協力してくれるので、徐々にコンテンツも増えてきて面白い村になりそうです。

 今のところ、村人のみんなからの意見で村立図書館(お気に入りの本を紹介する部屋。蔵書無限!)や、クリエイティブ遊びをする部屋(今はリレー方式で小説を書いています)などが更に増えました。

 村を愛でるのが生きがいになりつつある私ですが、ここの良いところはクローズドな世界だということです。

 正直、最近SNS疲れしていました。
 攻撃的な言葉を目にしたり、悪意ある匿名の誰かさんに無防備にさらされているのは無意識のストレスとして蓄積します。

 村にいると、そういう無差別な攻撃や悪意にさらされずに済むので、安心して会話することができるのです。

 人同士の物理的な距離が離れている今の時代だからこそ、コミュニティは支えになるわけで、私自身がなーちゃん村に救われている一人になっています。

 朝起きて「おはよう」と言えば、「おはよう」と返ってくる。

 晩酌しながらの雑談に付き合ってくれる人がいたり、黒木渚の活動に意見をもらうこともできる。

 そういうマジメな利点を置いといたとしても、単純にふざけられる場所があるのは楽しいですね。


 音楽の活動としては、現在、新作を制作中です。
 スタジオに集まって作業したりできない現状ですが、アイデアを出し合って少しずつ完成を目指しています。

 おそらく、年内には新曲をお届けできるとおもいます。
 楽しみに待っていてください。


 それから、先日、初めての楽曲提供とプロデュースをさせていただきました。

 私の好きなアーティストの一人「こゑだ」ちゃんに「V.I.P」という曲を書き下ろしました。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9899.JPG

 アレンジとサウンドプロデュースで協力してくださったのは、私の楽曲にも毎回参加してもらっている宮田"レフティ"リョウさん。

 レコーディングで演奏してくれたのも、私のサポートバンドからドラムの柏倉隆史さん、ギターの井手上誠さん、です。(ベースは宮田さん自ら演奏してくれました)

 いわゆる音楽作家としての初仕事だったわけですが、いつかやってみたい仕事のひとつだったので、指名してくれたこゑだちゃんには感謝です。

 私には歌えないような、とびきりキュートでコケティッシュな曲ですが、こゑだちゃんが見事に爆発させてくれてますのでぜひ聴いてくださいね。


こゑだ「V.I.P.」各配信サイトURL

黒木渚 作品まとめサイト

Fan Community 「Nagisa Village」
※9/13(日)までの入村で現物にて黒木渚本人がデザインしたオリジナル会員証をプレゼント
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9893.JPG

↑このページのトップへ