未だに洪水警報が出たまま。
こんなに長い警報発令状況はいつくらいぶりだろう。

倒れる前は仕事柄、ずっと待機や現場への臨場していたはずだ。

地元警察や土木事務所、協会などからも要請がかかったろう。

今はテレビやネットで『リアル』な情報を得ているのみだが、細かな地域の情報までは入らない。

ジレンマを感じるが、引退した身、ましては身障者の自分にはどうすることも出来ない。

圧倒的な自然の力の前には、当然人なんて敵いっこない。

まざまざと見せつけられる。
四年前?
あの鬼怒川決壊の記憶も薄れないうちに。

全ての被災地が、一日でも早く『平常な日々』が戻るよう願います。
PicsPlay_1571090408001.jpg

『雨に煙って見えない』

分からない
分からない

今の俺を
支えるもの

そんなものが
あるのかさえ

降り出した
煙る雨が隠す

何もかも

滲んでく
滲んでく

俺の明日が
見えなくて
PicsPlay_1570847292166.jpg



↑このページのトップへ