月別アーカイブ / 2016年04月

ベースキャンプの雪が溶けて、花も見え始めました。

ベースキャンプでは午前中は快晴無風の日が多いですが、アンナプルナ上部は風の強い日が続いています。

ヒマラヤ遠征の大変なところは天候待ちでもありますが、今日の予報を受けて、いよいよ明後日に標高5500mのアドバンス・ベースキャンプに上がります。

元々は明日を考えていましたが、気圧の谷が通過するということで、もう一日待って明後日に出発する予定です。

アタックステージ開始です。

アタック当日は、撮影担当の魚住さんがベースキャンプから栗城の姿を望遠カメラで伝えてくれます。

日本では、ゴーデンウィークが始まりましたね。

皆さん、良きゴーデンウィークになりますように。

0429_01

0429_02

0429_03
 

降り続けていた雪も徐々に小降りになり、好天周期の兆しが見えてきました。

今いるベースキャンプ(標高4100m)から、通称「ABC」と呼ぶアドバンス・ベースキャンプ(5500m)に移動した後、そこから単独で南壁に向かいます。

ここからABCまでは8キロほどあり、今の問題は氷河の状態が非常に悪いことです。

氷河の末端が標高4000m近くで、エベレストの氷河よりも1000m程低いため、気温が高くその分崩れやすい。

そこは慎重に考えながら行きます。

今の体調は良く、最近お腹いっぱいご飯を食べています。

アタックが始まれば、少ない行動食だけで数日間、動き続けます。

身体が本能的に出発の時を感じているのかもしれません。

時々遊びに来てくれる犬と戯れながら南壁を眺め、静かにその「時」を待っています。

天候が安定し始めたら、出発です。
こちらはいつでも出発できるように準備しています。

20160427_1

20160427_2

20160427_3
 

ベースキャンプは雪が降り続いています。
朝は晴れていてもジェットストリームによる強力な風が稜線にあたり、巨大な雪煙が渦巻いてます。
 
人間がこの厳しい自然をコントロールすることは不可能で、共に生きるしかありません。でも、その厳しい自然があるからこそ人はまた自然や人に優しくなり、助け合いや感謝の気持ちが生まれるのだと思います。

とても厳しいですけど。
 

今日でネパール大震災から1年が経ちました。

あの震災以降、現地支援を行いながら「ふんばろうネパール」を立ち上げて6ヶ所の村の支援と、今は2校の学校建設を進めています。

支援してくださった皆様に、心から感謝申し上げます。
 

そして今、熊本の被災地支援のために、ふんばろうネパールを共に立ち上げてくださった西條剛央先生とスマートサバイバーのチームの皆さんが、被災地のニーズに合わせた支援プロジェクトを立ち上げました。

僕も微力ながら支援させて頂きました。
ぜひ、皆さんご支援をよろしくお願い致します。


しばらく天候の様子を伺い、好天の周期にアンナプルナ南壁に向かいます。

僕も僕なりにできることを頑張ります。
 
1

2

3

↑このページのトップへ