1手駒を進めると、エベレストは2手、3手と返してくる。

まるで将棋をするかのように、じっくりと相手の動きを読み、自分の1手を運ぶ。

2日前に5800mのC1に入りましたが、雪が多くなり、一時アドバンス・ベースキャンプ(ABC)に戻ってきました。

昨日から一晩中ABCには雪が降り続き、ABCは気温が高いためすぐに雪が溶けますが、C1以上ではかなり積もっていると思います。

今回ABCに一旦戻る決め手は、この雪による雪崩を避けるため、そして23日から「ジェットストリーム」が近づいているからでした。

秋季エベレストで最もやっかいな敵は、この「ジェットストリーム」と呼ばれる風の周期。

何度かこの風にあっていますが、行動が全く不可能になります。

予定では23日にはエベレストの上部に入る予定でした。

持っているカード「無酸素で登れる体力」は1枚から2枚。

そのカードをベストのタイミングで出します。

ただ今年の相手は、風よりも「雪」になりそうです。

例年よりも量が多く、2009年に見た北側よりもはるかに多く雪が張り付いています。

この「雪」という1手を利用して、こちらも1手「雪が多い時に利用できるルート」を打ち出します。

今晩出る1週間分の予報を見て、再びチャンスを狙っていきます。

今日の写真は、ABCを360度見られる写真です。
こちらのサイトでご覧ください⇒ 栗城Facebook 

 
IMG_2884