2週間に渡る中学校(30校)での講演を終えて、子供達からの感想文を読み、やはり話の続きを背中で見せなければと改めて思います。

僕のエベレストへの挑戦はまだ終わってはいません。
過去には、頂すら見えない厳しい状況もありましたが、今年はネパール側8150mまで登り、次に繋がる登山ができました。

振り返ると「頂」すら見えない状況が3年も続いてました。
これでもかというぐらい試練が…。

2009年、春にダウラギリ8167mを登り、秋に中国側のエベレストに向かいました。

エベレストは中国側とネパール側の二つありますが、中国側はベースが6400m、ネパール側は5300mと中国側のとの差は1100mもあります。またネパール側は名物のアイスフォールと呼ばれるクレバス地帯が序盤に広がってますが、中国側にはあまりありません。

そこで登るなら中国側と決めていましたが、2009年10月1日に国慶節という中国の60周年を祝う国家行事があり、チベットなどの複雑な政治の問題が絡み、「10月1日までに国外に出よ」とう通達がありました。

10月中旬に登頂を予定していた僕はベースキャンプの撤収も含めたらとても間に合なく、途中で下山となりました。

それから政治的なリスクの少ないネパール側に切り替えましたが、2010年は強力な悪天候の周期で首都カトマンズからルクラに飛ぶ飛行機が1週間以上欠航し、ようやく飛び立つと思いきや仲間のシェルパが乗った飛行機が墜落。大切な友人を一人、飛行機事故で失いました。

2011年はベースキャンプから出発した日に、ベースキャンプの撮影に来ていたベテランの山岳カメラマンがくも膜下出血で倒れ、遠征は一時中止となりました。

僕にとってエベレストはすでに「頂」すら見えない暗闇の中の登山になっていました。

ある山の先輩が言ってました。
「俺ならやめる」

先輩方々は、ヒマラヤのベースキャンプに入っても自分の心が向かい時や違和感を感じた時は止めます。

この世界では根性論は通じません。

相手は偉大な自然です。

天候が成否の鍵となるエベレストで、すでに予備日はありませんでした。

深い悲しみが担ぐ荷物以上に重くのしかかり、足に力が入らない。

そんな状態で登るのは極めて難しいです。

ある人が下山を前提に登っているのではと厳しい意見もありましたが、恐らく、その人は登る前に何があったの知らないのでしょう。

ベースキャンプの仲間もすでに登頂は厳しいことは知っていても口はしませんでした。

栗城の登山。栗城が決めるべきと。

僕は「登る」を選択しました。

そして、結果は心も身体も十分に山と向き合うことはできなく、下山となりました。

山とすら向かえ会えないことが3年も続き、2012年の春に向かうシシャパンマ南西壁では出発一カ月前から不眠となり、知り合いの医師からそれは「鬱だよ」と言われてしまいました。

そして、6500m地点での滑落…。

命は助かりましたが、3年も向き合えなかったことの精神的なダメージが大きく、身体に現れ、ついに事故に繋がりました。

右手親指と左脇腹の骨折はギリギリ回復し、その年の秋にエベレスト西稜に向かいます。

そして強風の中、すでに限界を越えても登山を続け、8070地点で下山を決めますが、下山時に両手、両手足、鼻が重度の凍傷になり、9本の指を失いました。

靴の紐すら結べない中、トレーニング中にある山の先輩に言われました。
「山を見るのではなく、自分を見ろ」

僕は3年分の闇を打ち払うべく、自分の心も身体も見れないままエベレストだけを見てました。

完全に自分を見失っていたのです。

そこからある言葉が蘇りました。
「楽しくなかったら下山しろ」

昔、山の先輩から言われた言葉です。

本来、挑戦と山は楽しむもの。

山を見てワクワクする自分を取り戻し、本来あるべき登山がしたい。

その想いを持ってブロードピーク8047mを登り、秋季エベレストネパール側を8150mまで登りました。

今年のエベレストは可能性の高い中国側に申請していましたが、ネパール大地震の影響で中国側の許可がおりず、ネパール側となりました。

キャンセルも考えましたが観光業へのイメージダウンは大きく、ヒマラヤへの恩返しになればとネパール側のエベレストに向かったのです。

そしてつい先日、ネパールのエージェントから連絡がありました。
「来年春から中国側(チベット)の登山許可が下りる」

ようやく「頂」が見えて来ました。

まだ糸は切れてません。登山は続いています。

来年、登頂して皆さんと一緒に泣き叫びたいです。

楽しみながら。

151229