皆さん、こんばんは!

栗城です。

8月21日から秋季エベレスト単独無酸素に向かいます!!そして、生中継冒険の共有を行い、9月中旬から下旬の間に登頂をします。

見えない山を登る全ての人達と冒険を共有して、みんなで自分の山に一歩踏み出すために今年も生中継このLINEで行います!

酸素は地上の3分の1、気温-35度、強烈な風が吹く、厳しい環境ですが、それに耐えれるために今年は体調面と精神面がかなりいい仕上りになってます。

2012年に凍傷で9本の指を失ってから、今まで見えていなかった自分と世界を学びました。

そして、「楽しむ」という原点に戻り、昨年はブロード・ピーク8074mを登り、トレーニングと資金の準備も行ってきました。

いつもどんな時も応援してくれた皆さんと山のお陰です。

本当にありがとうございます。

今年は行けます。でも、無理はせず必ず生きて帰ってきます。

そして、山頂を一緒に共有しましょう!

「冒険の共有」始まります。


20150408-1

剱岳の訓練中にネパールの大地震の情報がきて、あまりにも心配で今日も訓練の予定でしたが、昨日の夜に帰って来ることにしました。
ネパールは、僕が最も訪れている国であり、多くの友人知人がいます。
なかなか電話も繋がらない状態でしたがようやく繋がり、栗城の周りの友人知人の無事は確認できました。

しかし、ネパールを襲った大規模な地震は首都カトマンズをはじめ、広い地域に大きな打撃を与えました。

エベレストにも僕がお世話になっている人達も入っていましたが、大きな雪崩が来てベースキャンプは本当に恐かったと思います。

2011年のエベレストでは、僕自身も地震に遭いました。
夜、ベースキャンプでくつろいでいると揺れ始め、震度3〜4ぐらいでしたがゴーッという音と共に四方八方から氷河が崩れ、雪崩が向かってきているのがわかりました。

幸いベースキャンプまでは届きませんでしたが、道が崩れたり、何よりもあの巨大な氷河が崩れて来る音は本当に恐かったです。

今回はその倍の規模です。

エベレストだけではなく、ネパールの一刻も早い人命の救助を祈ります。

今、皆さんにお願いできることは、寄付による支援です。
ネパールは、東日本大震災の時に毛布5000枚を送ってくれました。
下記に寄付先を紹介しますので、少しでもネパールのために支援していただけたらと思います。

<ジャパンギビング登録団体による緊急支援プロジェクト>
■災害支援のプロフェッショナルである下記2団体が支援活動に取り組んでいます。

【アジアパシフィックアライアンス】
ネパール地震災害緊急支援プロジェクト

【ピースウィンズ・ジャパン】
ネパール地震災害緊急支援プロジェクト

<Yahoo!基金>
【ネパール 地震被害緊急支援募金】

皆さん、ナマステ!

登山家の栗城史多です。

LINEブログついにはじめました!

このLINEブログから9月中旬登頂予定のエベレスト単独無酸素登山と「冒険の共有」インターネット生中継「みんなでエベレスト!」を発信していきます。

「みんなでエベレスト!」はチャレンジをリアルタイムで共有することによって成功や失敗を越えた「生き方の世界」を感じてもらい、自分のエベレストに向けて一歩踏み出す人を増やすのが目的です。

チャレンジを共有するということは成功だけではなく、失敗も共有します。

でも、失敗の中に実は沢山の学びや成長もありました。

その山から学んだ学びも皆さんにお伝えして行こうと思います。

さあ、LINEブログ「みんなのエベレスト!」が始まります。

一緒に登っていきましょう!



これまでのブログはこちらからご覧頂けます。
http://ameblo.jp/kurikiyama/ 

↑このページのトップへ