ハローみなさん!
三味線ロックユニットKUNI-KENのKUNIAKIです。

6月27日はKUNI-KEN史上忘れることのない1日となりました。

「KUNI-KEN THE 三味線ロック 2021 〜知多 GOLD〜」

大盛況にて終わってしまいました。
完全燃焼して興奮冷め止まぬ時間がありましたが、今は寂しくて寂しくて。



松阪市嬉野公演から続いた大きな2つのホール公演はあっという間だった気がします。

ポイントは、このコロナ禍なのにこの規模での公演ができたということなんです。しかも単独で。

本当に有難いことだ。

知多公演は嬉野公演があったからこそ、ブラッシュアップできたところがありました。

セットリストです!

SE
1. さくらさくら 〜バンドセッション〜
2. 一本
3. 一希
4. Days gone by
5. 大きな古時計 〜バンドアコースティックセッション〜
6. 津軽三下り 〜KUNIAKIソロ〜
7. 津軽あいや節 〜KENJIソロ〜
8. 津軽じょんがら節 曲弾き
     休憩
9. 千本桜
10. ドラゴンボールZ 
11. 志村けんメドレー
12. NIBACHI-MUGEN 〜Version 2020〜
13. Asian Heat
14. カミガカリ

アンコール
1. 島唄 〜弾き語り〜
2. JAPAN GOLD

一曲一曲が本当に楽しくて、演奏していくたびにみんなが、、

それは、お客様、主催者様、バンドメンバー、スタッフ、家族、そして相方KENJI

全てが愛おしくて。
今までにない感情がありました。


NIBACHI-MUGENの時にみなさん全員に手をあげていただいた光景やAsian Heatでテープが飛ぶ光景はもう感動しました。


個人的には反省点はたくさんありました。

でも、今までで1番良かったという声もあったんです。アンケートも凄く好評でした!

手応えも感じてます。

初めて見ていただく方にもKUNI-KENの良さを届けられたんじゃないかなと。


そして、僕が勤めていた会社の上司や同僚。

現在もお世話になっている知多塾の方々など。

知多市に関わってきて出会えた方々がたたくさん来てくれて、1人の三味線弾きではなく、KUNI-KENのメンバーとして見てもらえたことが嬉しかった。

少しでも恩返しできたかな。


これまでに何度も何度も、◯席突破!とか、残り◯席!とか、告知を繰り返してきました。

お見苦しい点もいっぱいあったかと思いますが、この時期に主催者さんにチャンスをいただいた貴重なホールワンマンライブをなんとか成功させたい。

そんな、応えたい気持ちが強くあったということをご理解いただきたいと思います。

【楽屋通路で、こんな素敵なウェルカムボードを作って下さる主催者さんなんです】

やはりプロの単独公演である以上は、ステージパフォーマンスの結果はもちろんのこと、集客でも結果を出さないといけません。

これからも、綺麗事だけを言わず、プロとして結果を出すって、どういうことかもさらに突き止めていきたいと思います。

蓋をあけて見れば、400名近くのお客様にご来場いただきました。 


本当にありがとうございました!

公演当日までの大切な期間、緊急事態宣言の延長と丸かぶりで本当に鍛えられました。

コロナ禍だったからこそ、周囲への感謝の気持ちが今までにない特別なものがありました。

この時期でこの規模の公演ができたことは、必ず未来に繋がるし、人間成長できたと思います。

また、生のエンターテインメントをこの時期だからこそ届けて、その力を全員で共有できたこと。

そのミッションは達成できたと思います。


未来の公演でも、その成果が出るようにこれからも頑張ります!


7月は熊本で大きなイベントに出させていただきます!!

引き続き応援よろしくお願い致します!

最後に、、
バンドメンバーと主要なスタッフさんと翌日反省会を行いました。

僕が糸を切れたアクシデントがあった時に舞台監督はじめ、今までにやってきたチームだからできる連携でカバーしてくれた話も聞けたり。

全員で気になった部分をそれぞれの立場で熱く議論したり。

光二さんが島唄の時に僕の歌をきちんとチェックしてくれていたり。

いろいろな話がきけて、日が浅いうちにやる反省会はやはり良いもんだなと思いました。

改めてチームの偉大さを感じました。


本当に感謝してます。

ありがとう!!

それではみなさん、良い週末をお過ごしください。


KUNIAKI