みなさん、こんばんは!
三味線ロックユニットKUNI-KENのKUNIAKIです。

四日市国際交流センターさんのイベント「Zoomで日本文化探訪 〜津軽三味線〜」で講師として出演しました!

オフラインでの公演が激減する中、本当に貴重な経験をさせていただきました。

現場ではこんな感じ!
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4948.JPG
前にはスクリーンのみ。
これが独特な雰囲気をかまし出しています。
まさにオンラインの現場。

スタッフの吉水さんも、前例がないだけに、「緊張するわ〜っ」て言ってましたが、やはり新しいことに挑戦する姿は素晴らしかったです。
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4949.JPG

メニューはこちら!

1.六段(演奏)
2.三味線の種類と歴史(実演付きのお話し)
3.三味線の棹の分解(実演付きのお話し)
4.三味線でメジャー、マイナースケール(実演付きのお話し)
5.スーパーマリオのテーマ(演奏)
6.大きな古時計(演奏)
7.三味線コンサートの拍手所講座(実演付きのお話し)
8.津軽じょんがら節(演奏)
9.疾風烈火(演奏)

オンラインを考えて、新しい内容にも挑戦!

同じ空間にお客様はいませんが、伝わっている感覚は正直ありました。

流れも間延びせずにやりたいと、事前にプログラミングをして準備してきたので、僕たちものれて楽しかったです。

どんな環境だろうと、準備をしっかりとすれば大丈夫!あたりまえだけど、オフラインでもオンラインでもそれは一緒だと。

また、2人いるので、いろいろ挑戦もしやすいし、2人ユニットが活かせる講座にしないと。

_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4947.JPG
(細棹の歌舞伎演奏のシーン)

特に寸劇めいたものもがそれでした。

今回、オンラインだからこう流れていこうとか、いろいろ試せて、経験値を上げることができたと思います。

オフライン独特なリアル感がないのも、実は良い意味で割り切って進めていける。ただし、準備はしっかりと!

だいたい、オフラインという言葉はいちいち使ってなかったですよね。オンライン、オンラインと、毎日のように聞く日常から反対語として改めて言っています。

オンラインでの経験は、今までのオフラインの有り難さを知り、オフラインでしか出せないことをもっと勉強しろと言われているようです。

今回、「三味線」を説明する上で、細棹や太棹の歴史や音楽ジャンルを勉強でき、新たなことも学び、本当に良い機会をいただきました。

主催の四日市国際交流センターの吉水さん、また、参加していただいたお客様、本当にありがとうございました。

この日本文化探訪はシリーズで続いていきます。次回はこちら〜♪
10月4日(日)10:00〜11:10
「琴」
_var_mobile_Media_DCIM_114APPLE_IMG_4940.JPG

講師は和楽器クインテットでご一緒した麗明智翔さんです!智翔さん、実はこの日、応援に来てくれたのです!ありがとうございました。

問い合わせ
四日市国際交流センターTEL 059-353-9955

みなさん、この新しい取り組みを是非、応援よろしくお願い致します。

KUNIAKI

----------------------------------------------------------
演奏動画配信 アーカイブ
----------------------------------------------------------
♪第10弾「よされあいや」

♪第9弾「寿」

♪第8弾「Aqua  Shine」

♪第7弾「QUEEN, THE BEATLES, DEEP PURPLE 洋楽メドレー

♪第6弾「津軽じょんがら節 曲弾き」

♪第5弾「疾風烈火」

♪第4弾「戦場のメリークリスマス」

♪第3弾「大きな古時計」

♪第2弾「SHIMA-UTA(島唄)」

♪第1弾「クニケンじょんがら」