月別アーカイブ / 2021年07月

ハローみなさん!
三味線ロックユニットKUNI-KENのKUNIAKIです。

東京オリンピック、日本選手のメダル獲得が凄すぎる。

開催に賛否両論があって、今までにない形式で行われている東京オリンピックはレアです。

もうこの先100年で無観客でのオリンピックってないでしょうね。

JAPAN GOLDっていう僕達のオリジナル曲があります。




2020年1月にリリースしました。
最初は東京オリンピックで日本を応援しようという気持ちを込めて制作。

しかし、コロナ禍で東京オリンピックは2021年に延期。

そこから、この曲の意味合いも演奏するたびに更新されていき、この曲を聴いてくれる「あなた」のストーリーの応援ソングになればと。

ライブで演奏すると感動!

こうして、2021年の今年、東京オリンピックがレアケースで開催されて、予想以上の日本選手の活躍に、みなさん気持ちが明るくなったのではないでしょうか。

JAPAN GOLDの意味合いが深まって今年の開催。

みなさん、東京オリンピックをみながら、是非聴いてみてくださいね。


さあ、サッカーも楽しみになってきたぞ!

KUNIAKI


ハローみなさん!
三味線ロックユニットKUNI-KENのKUNIAKIです。

本日、開幕した東京オリンピック。
ここまで本当にいろんなことがありましたね。

開幕前にすでに始まっているサッカー、ソフトで選手が活躍するのを見ていると、開催されて良かったなと思います。

いろんな立場、環境から配慮しないといけない気持ちはありつつも、対策が後手に回らず、安心安全に行われてほしいです。

選手を見ましょうよ。
選手を称えましょうよ。

こうなったら、日本人選手が世間を一変するような感動の活躍を期待したいですね!

昨日のサッカー久保選手のゴールは凄かった。


僕もこの時代、芯はぶれずに前に進んでいきたいですね。

この世紀末覇者のように。



また、健康も大事。
ランニング本数を増やし始めました!
夏はしっかりと走り込んで、美味しいお酒と食事を楽しみたいです!!




KUNI-KENは、熊本公演の成功で元気にやってますよ。新たな機材も投入して、秋の準備もし始めてます。


7年前、東京オリンピックの開会式で演奏したいという夢を語ってました。
今、現場にいないことが悔しい。

しかし、しっかりと受け入れて、夢の続きはこれから。

オリンピック後、世界がどう変わっていくか、しっかりと見極めながら頑張っていきたいです。

それではみなさん、素敵な週末をお過ごし下さい。




KUNIAKI

ハロー、みなさん!
三味線ロックユニットKUNI-KENのKUNIAKIです!

行ってきました、熊本!



熱いプロセスを経て、096k(オクロック)熊本歌劇団さんとHideboHさんとの舞台は、忘れることができない出来事となりました。

096k熊本歌劇団は、熊本を拠点とする女性だけで構成された集団。

プロデュースは株式会社コアミックス。

そうです、KUNI-KENはコアミックスさんとは2009年来、吉祥寺や清洲城の「かぶき祭り」、京都「信長茶寮」のイベントの舞台に出演と、CMタイアップの曲を提供させていただいたりしてお世話になっています。

北斗の拳、シティーハンター、前田慶次など、数々のヒットコンテンツを所有されています。



今回は、熊本に劇団を立ち上げて前田慶次の舞台の旗揚げで声をかけていただきました!

舞台では劇団員のタップもあり、指導されたのは、日本タップ会のレジェンド、 HideboHさん。



KUNI-KENも、かぶき祭りで初めてご一緒させていただきました。

このご縁も最高に嬉しい!

今回は数ヶ月前から熊本に行ってリハーサルを2回ほど重ねてきました。


歌劇団のみなさんは、オーディションを勝ち抜き、本当に礼儀正しく、ピュアなメンバーばかりで感銘を受けました。

そんな彼女たちが、みるみるうちに成長していくのを肌で感じてきて、ついにお披露目公演が今週あったのです。



会場は1500人収容する市民会館シアーズホーム 夢ホール。



熊本城の石垣にみたてた本格的な舞台セットで、
1番後ろの高いところにKUNI-KEN




すでに、ニュースで放送されているのでご覧下さい。ちらっと登場します!



タップ、三味線、和太鼓。
見事に一体となって、本番が1番最高でした。

もう、本当に。

満席のお客様と HideboHさん率いるタップチームのプロフェッショナルなオーラと奏でるタップのリズム、歌劇団の人生をかけた舞。

本番しか出せない、表情やグルーヴがあって、やっぱり舞台は、演者の生き様と二度とない時間を味合う独特な空間が最高に気持ちいいもんだなと。

お客様からいただいたジワーと沸き起こる拍手は忘れられません!

この場に立たせていただき感謝です。
もうみなさん、本当に最高でした。



僕はHideboHさんと下手側から登場しました。

舞台の裏側から舞台袖に行く道中のHideboHさんの背中がめっちゃかっこ良かった。

また、本番中のKUNI-KENと掛け合う仕草がまたシビれるのであります。

勉強になりました。


翌日は熊本城へ。
天守閣は見事に。



石垣を間近で見ると、その歴史の重みが凄く伝わってくる。




熊本地震で石垣がまだ完全ではない所がありました。



コアミックスの堀江社長がおっしゃっていました。

「観光✖️エンターテイメントを目指す。」

本当に素晴らしいコンセプトです。
そこに参加できたことが嬉しい。

熊本地震からの復興と、コロナ禍に負けじと前に進む熊本の象徴的なエンターテイメントが、今回の096k熊本歌劇団のお披露目公演そして、17日から始まる定期公演であってほしいと願います。

さあ、その定期公演、17日初日はソールドアウトだそうです。KUNI-KENは三味線演奏で音源提供しています。


会場は熊本城ミュージアムわくわく座。
本当に素晴らしい会場で、KUNI-KENもライブしたいと純粋に感じました。




近くに「いきなりやわたなべ」というお店があります。店主さんはお披露目公演にも来ていただいて凄く感動したと話してくれました。



なんでも、トレーニングに励む歌劇団を応援されてきたそうです。

だからあの一つの到達点を見て、その厳しいプロセスを知っているだけに感動も人一倍だったんでしょうね。

エンターテイメントは地元を巻き込んで、そして応援されて始めて成り立つもんだと改めて感じます。

そんなプロモーションもしっかりしている歌劇団さんに頭が下がります。

プロセスがすでに本番。
そんな時代がきているのですね。

みなさん、096k熊本歌劇団さんの応援よろしくお願い致します!


おまけ、、
やはり熊本といえばラーメン。
激うまっ!!!

アテンドしていただいた現地プロモーターさんのおかけで、リハーサルから本番までの日々の中、有名店4件も行けました。

黒亭


桂花本店


天外天


文龍本店


人✖️エンターテイメント
また行きたいと思わせてくれる熊本です。



KUNIAKI

↑このページのトップへ