月別アーカイブ / 2018年05月

本日より、15周年記念アルバム「十五」が配信リリースとなりました。
ダウンロード、ストリーミングでもお楽しみください!

_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6023.PNG

▼itunes
https://itunes.apple.com/jp/album/十五/1378638527

▼Amazon Music
https://www.amazon.co.jp/十五-KUNI-KEN/dp/B07CS9HLPW/ref=ntt_mus_ep_dpi_1

▼LINE MUSIC
https://music.line.me/album/mb0000000001648dbd

▼Spotify
https://open.spotify.com/album/4nujn5ER5cujkp51emmRcx

▼その他配信サイトはこちら
https://www.kuni-ken.com/release_info/post-171024152427057/


★明日は栄ミナミ音楽祭に出演します!

栄ミナミエリア・大須エリア、名古屋テレビ塔、名駅エリア、約40会場でオールジャンルのアーティストが熱いライブを繰り広げる音楽祭です。

KUNI-KENの登場は、13(日)大津通矢場町交差点若宮広場!
みなさまのご来場、お待ちしてます!!!

日時:2018/5/13(日)14:30~14:55
会場:大津通矢場町交差点若宮広場(会場MAP:27番)
※観覧無料

【会場MAP】
http://sakaeminami.jp/event/ongakusai/areainfo/index.html

20180416151647.jpg




2017.12.18リリース!
15th anniversary NEW ALBUM「十五」






新作・過去作品やグッズ販売中!
kuniken_shop.png

皆さん、こんばんは!
三味線ロックユニットKUNI-KENのKUNIAKIです。

いよいよ来週に迫ってきました。
香川県観音寺市での生バンドでのホールワンマンライブ!!

編成は、ギター、ベース、ドラムス、そして、、
4人目のメンバーとして、KUNI-KENサウンドには欠かせないのが、マニュピレーター!

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8157.JPG
(中央、マニュピレーター、タカさん)
(右側、ギター、光二さん)

バンドの音以外に、聞こえてくるサウンドに耳を傾けて下さい。バイオリンの音やピアノの音、かっこいいシンセサイザーの音があります。

KUNI-KENの三味線ロックを豊かにする近代を意識した最新なサウンドでお届けします!!

まったく前例のない三味線とのかっこいい融合を目指して、只今準備に追われています。

この日もサウンドの打ち合わせ。

リハーサルもあと一回!!
 
見たことのないショーをしっかりホールワンマンで届ける自信はあります。

海外だけでなく、やはり、国内でも、、
たくさんの方に知られたい。だって日本人ですもん!

観音寺市にチャンスをいただきました。
さあ、頑張るしかないです。

チケット好評発売中〜!!
よろしくお願い致します

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎
_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7051.JPG

観音寺市民会館開館1周年記念 
KUNI-KEN LIVE 2018 "THE 三味線ロック in 観音寺"

日時:2018/5/20(日)開場 13:30 開演 14:00
会場:ハイスタッフホール(観音寺市民会館)大ホール
住所:香川県観音寺市観音寺町甲1186-2
※全席自由
※未就学児入場不可

【チケット料金】
(前売)一般3,000円、友の会会員2,500円
(当日)3,500円
(前売、当日)高校生以下1,000円

【チケット販売】
・ハイスタッフホール(観音寺市民会館)0875-23-7600
(インターネット予約)https://yyk1.ka-ruku.com/kanonji-s/
・ミュージックセンターオオサカヤ観音寺本店 0875-25-2201
・ミュージックセンターオオサカヤ川之江店 0896-58-8711
・三豊市文化会館マリンウェーブ 0875-56-5111
・シャープアンドフラット(三豊市) 0875-73-5597
・県民ホールサービスセンター 087-823-5023
・ローソンチケット Lコード62870 0570-084-006

【問合せ】
ハイスタッフホール(観音寺市民会館) 0875-23-3939


KUNIAKI




2017.12.18リリース!
15th anniversary NEW ALBUM「十五」






新作・過去作品やグッズ販売中!
kuniken_shop.png

皆さん、こんばんは。
三味線ロックユニットKUNI-KENのKUNIAKIです。

ゴールデンウィークになると、津軽の弘前、金木にある風や土、空気、景色、いろいろ思いだす。この時期、津軽三味線の発祥の地で全国大会が開催されます。

自分が津軽三味線の演奏者であることで、いろいろ考えますね〜。津軽三味線の始祖、仁太坊は、人真似ではない汝の三味線を弾けと、弟子に伝えています。
_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6581.JPG

津軽三味線は、とにかくビートが熱く激しい。また、繊細な部分もあり、その音色ときたら「泣き」の音色。決して「笑い」はない。

壮絶な先人達の生き様こそが、その音色を生み出してきています。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3242.JPG
独奏楽器としての三味線こそ、太棹の津軽三味線。

その魅力を感じ、KUNI-KENは今のような活動ができています。この津軽三味線の特徴がいかされるのであれば、その表現方法にセンスを磨き、評価されることにつきると思います。

三味線ロックをやっているからこそ、古典の独奏もまたカッコイイといつでも思えるし、その根管がなくなったら、何をやってもチープになるからね。

津軽三味線もいろいろ発展する中で、楽器の特性上、制限もあり、不器用な所もある。

でも、

それが実は良いと思えるのです。
短所が長所になるわけです。

僕は発展させるのであれば、それと向き合い、良さを活かせてあげながら発展させるべきだと思います。

三味線ロックもそう心がけています。

津軽三味線は演奏を見て、聴いてもらうから表現を見て、聴いてもらえるように。

元々は独奏楽器で、自分の表現をビートに音色に、構成に、アウトプットしていけば良いんじゃないかな。

ただし、人の心に響くように。

また、本日から津軽にきています。
ゴールデンウィーク後のKUNI-KENの活動のためにも!

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8213.JPG
弘前城

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8214.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8211.JPG
出陣です!!

KUNIAKI



2017.12.18リリース!
15th anniversary NEW ALBUM「十五」






新作・過去作品やグッズ販売中!
kuniken_shop.png


↑このページのトップへ