お知らせ

ハローみなさん!
三味線ロックユニットKUNI-KEN、四日市市観光大使の訓明-KUNIAKI-です!

KUNI-KENで世界に挑戦したり、倭奏(わかな)津軽三味線教室で生徒たちに熱血指導や中学校のゲストティーチャーで熱く講演したりしています!

さて、こんなことになるとは初めて!という出来事を紹介しまーす!

僕は現在、地元四日市市のビバ・橋北さんとのプロジェクトで、ジュニア向け三味線ワークショップを開催しています。

ジュニア世代に津軽三味線の良さを広めたいという永遠のテーマがあり、KUNI-KENのライブを見て、三味線ってカッコいいものなんだと伝えられたらなと。

それには、やっぱり見て聴くことから実際やってみたいに繋げていけたらと、個人でも身近に体験できるセクションを作って動いています。

市も教育委員会も後援していただき、そのPRに四日市市の小学校を回っています。

その出来事は内部小学校で起こりました!

内部小学校は2020年にKUNI-KENが一度学び舎音楽会で公演に行っていて、とても好評でした!

先生方、用務員の方、熱く出迎えていただき、なんと音楽の授業まで案内されました。

KUNIAKIさんが来たら、授業に呼んで!
と、音楽の先生が言っていたそうで。
ついに音楽の授業中に入っていきました!

その先生とは、刑部(さかべ)先生!



かなり前、KUNI-KENが四日市市の音楽会でゲストに出演した時に担当していただいてました!

ね、音楽の先生には一瞬見えない笑
けれど、ピアノは豪快で児童達にストレートに指導されていて素敵でした!

児童は6年生!
KUNI-KENの学び舎音楽会の時には4年生だったそう。

しっかりとKUNI-KENも覚えてくれていて嬉しかったなー。

授業中、僕に質問タイムとなり、かなり質問攻めされた!笑

また、卒業式に歌う合唱もきかせてくれました。
そして、集合写真!最後にサイン会!

何という音楽の授業だ!

僕がPRに行った時間がたまたま音楽の授業中にあたっていて、機転を利かせてくれたんだと思います。

刑部先生はホント素敵!
こんな時間を音楽の授業中に児童に与えるなんて。

本当にありがとうございました。

そしてさらに、奇跡です。
児童の1人が学び舎音楽会てKUNI-KENのファンになり、この日の朝もYouTube見ていたそう。

チャンネル登録したよ!
めっちゃファンなんですと言ってくれました。

サインの後、泣きそうになって喜びを噛み締めてくれました。

こういう奇跡の連続が起きるってあるんですね!

学び舎音楽会から始まり、こうしてさまざまな方に協力していただきながらPRに動くことができて、二次、三次と新たな展開になって有難いなと思います。

いや〜、KUNI-KENも個人の活動も頑張らないといけないなって思いました。
こんなことがあるからまた頑張れるんだ!


そんなジュニア向け津軽三味線ワークショップの詳細はこちらです!

【開催日】2月11日、3月25日
時間14:00〜、14:50〜
料金1回500円
対象 小学生以上(保護者も可)
会場 四日市市橋北交流館
※楽器は無料で貸し出し可
お申し込み
ビバ・橋北事務局 080-4840-9775

ジュニアのみんな
是非遊びに来て下さいね!

KUNIAKI

◉ニューシングル「JAPAN GOLD」
 他、CDアルバム

◉オリジナルTシャツ、マフラータオル
 ステッカーなど

ハローみなさん!
三味線ロックユニットKUNI-KEN、四日市市観光大使の訓明-KUNIAKI-です!

KUNI-KENで世界に挑戦したり、倭奏(わかな)津軽三味線教室で生徒たちに熱血指導や中学校のゲストティーチャーで熱く講演したりしています!

先日、2018年のスイス公演でお世話になったイベントプロデューサーのDavidさんが来日。


日頃、仕事で一緒になって頑張ってる仲間たちを呼んでパーティーしたいということで、なんとなんと、KUNI-KENも招待していただきました!

その日は、愛知県日進市でライブがありましたが、終わってすぐに名駅に駆け込み、新幹線に飛び乗りました!

渋谷の凄くいい感じのレストラン!
最高でした♪


Davidさんと再会し、ゆっくりと話ができたんです。

そもそもの出会いは、2017年のフランスJapan Expoでした。

KUNI-KENのパフォーマンスを生で見てくれて、スイスのイベントにも是非来て欲しいですと、その場でオファーしていただきました。


その後、メールで打ち合わせをしていくにつれて、本気でKUNI-KENを呼んでくれているのがわかりました。

スイス公演は今までにない盛り上がりで、期待に応えることができたんです。

本当に今でも焼き付いている。

その時の動画はこちら!

ね、凄いでしょ!

こうした形でスイスの縁ができての今回のパーティー!

KUNI-KENのどういうところが気に入ってくれたのか、いろいろ教えてくれました。

時が経ち、こういう機会ってなかなかもてないから、凄くドキドキしながら聞けました。

いろいろ褒めてくれたのですが、
一言でいうと、、

他にないパワーがあり、三味線のパフォーマンスが凄く魅力的だったって言ってくれた。


Davidさんの奥様も、当時のスイス公演は本当に凄かったよって重ねて言ってくれた。

この日、この瞬間に、海外で一つの成果を得られたんだなって思った!

ここの段階まで来るには、スイスに行くまでのプロセスからになる。

Davidさんが見つけてくれたフランスJapan Expoはオーディションで合格して挑戦したから、出演料はなしで、渡航費、滞在費、そしてギター、ベースのサポートメンバーの渡航費、滞在費も含めて全額こちらもちで挑んだ!

それがスイス公演での成功というリターンにつながった。それだけではなく、フランスにKUNI-KENの名も広がった。


まさに投資ですよね!

この日のパーティーは改めて、KUNI-KENが海外公演を重ねてこれた軌跡や、考え方、思いなどいろいろ整理することができて、これからの公演に向けての自信に繋がりました。

Davidさん、本当にありがとう!

最後は、またKUNI-KENをフランスやスイスに呼びたいって嬉しい言葉をかけてくれて、Davidさんとの再会は有意義な時間しかなかった。

KUNI-KENのパフォーマンス、楽曲ってやっぱり海外向けかなーって思った。


おまけ
Davidさん、KUNI-KENが東京にいると思い込んで招待してくれたみたいで、三重県四日市市から来ましたと知ったとたん、ひゃーっ言ってた。笑
いやいやこんな機会って距離関係ないですよ!

KUNIAKI

◉ニューシングル「JAPAN GOLD」
 他、CDアルバム

◉オリジナルTシャツ、マフラータオル
 ステッカーなど

ハローみなさん!
三味線ロックユニットKUNI-KEN、四日市市観光大使の訓明-KUNIAKI-です!

KUNI-KENで世界に挑戦したり、倭奏(わかな)津軽三味線教室で生徒たちに熱血指導や中学校のゲストティーチャーで熱く講演したりしています!

皆様、あっという間にお正月が終わりましたね!いかがお過ごしでしょうか。

さて、今年の新春と言われる時期の最後のライブは、プライムツリー赤池で愛知淑徳大学書道部の皆様と和のコラボ!


兼ねてからプライムツリー赤池の存在は知っていましたが、ようやくお世話になれる日がやってきました!

会場はまさしく、いろんなコラボができるぐらいゆとりがあって、演者がワクワクするようなイベントスペース!


今回、ブッキングしていただいたイベンターさんは、もうかれこれ7年前ぐらいからお世話になっていて、KUNI-KENの関東進出にも尽力していただいてました。

コロナ禍を経て、久しぶりの再会。

プライムツリー赤池でやるんだったらこのイベンターさんと決めていたので、本当に嬉しかった!

書道部の皆様は、KUNI-KENのオリジナル曲でコラボをしたいということだったので、最初、JAPAN GOLDを提案しましたが、書道部からは夢見道中と一本をメドレーで!って連絡がきました!

これって凄くないですか?

そうです!
KUNI-KENのオリジナル曲を聴いてくれて自分達で判断してくれたってことなんです。

KUNI-KENから提案するのも価値があるとは思いますが、それ以上に、自分達の書道を表現する上で1番合うものを書道部の皆様で選曲してくれたっていう事実が、また新たなオリジナル曲の価値を生んでくれたと思います!


本番は見事に決まりました!

後ろで弾いていて気合いも入ったし、書道部の作品に魂を生で吹き込みたい!

そんな思いで演奏しました。

本当に選曲してくれてありがとうと言いたい。

夢見道中と一本

見事に作品にあっていて、和のコラボを楽しんでいただけたと思います。

貴重な経験をさせていただきありがとうございました。オリジナル曲を作って、発信していて本当に良かったと思う瞬間です。

上手い三味線弾きはそりゃー沢山いる!

でも、KUNI-KENのこの曲でやりたい!
KUNI-KENの三味線でやりたい!

もはや、古典のじょんがら節もオリジナル化していって、KUNI-KENのじょんがらっていう感じできてます!

オリジナルの作品作りが価値を生んでいくと信じてこれからも頑張ります!


さあ、いよいよ20周年の作品作りのスケジュールが決まっていきます。

来週、サウンドプロデューサー、アレンジャーと打ち合わせです!

腕がなります!
皆様応援よろしくお願い致します。

KUNIAKI

◉ニューシングル「JAPAN GOLD」
 他、CDアルバム

◉オリジナルTシャツ、マフラータオル
 ステッカーなど


ハローみなさん!
三味線ロックユニットKUNI-KEN、四日市市観光大使の訓明-KUNIAKI-です!

KUNI-KENで世界に挑戦したり、倭奏(わかな)津軽三味線教室で生徒たちに熱血指導や中学校のゲストティーチャーで熱く講演したりしています!

先日、地元四日市のコンサートホールムーシケにて開催された1年越しのスギテツさんとのコラボ公演は大盛況にて終了しました!


ご来場いただいたお客様本当にありがとうございました!

また、主催のJUNCOイズムアカデミーさん、1年前は苦渋の決断にて勇気をもって中止をされ、こうしてまたリベンジし、再び開催していただいたこと、そのご尽力に深く感謝します。


今回は昼の部と夜の部の2公演でした。
両公演とも本当に素敵な時間が流れていて、とても楽しかった!

スギテツさんとのコラボ曲は、

◉夕花(KUNI-KENオリジナル曲)
◉日本舞曲第5番
◉チャルダッシュ

全曲とも当日リハーサルでしたが、
夕花はまるで何回も一緒に演っている感覚で、感動しました。

スギテツさんは準備もしっかりとしてきていただいて、哲郎さんのピアノは、夕花の性質にピッタリと合うぐらい、繊細なタッチ感で包み込んでくれてた。

鉄平さんのバイオリンは、スーッと夕花の世界観に入ってきて、もともとのギターソロをバイオリンソロに見事変換していただき、その力強さは素晴らしかった。

いつも生バンドやオケで演奏してきたので、凄く新鮮で、最初は2人で演っていたことも思い出しました。


やはり、夕花はアコースティックナンバーなんだなあと思わせてくれるぐらい、オーガニックな香りを作れたと思います。

夕花を選曲して本当に良かった!

また、スギテツさんの持ち曲、日本舞曲第5番、チャルダッシュは公演当日まで、KUNI-KENでけっこう練習した!笑

やはり、クラシックの旋律で、三味線弾きのスケールではない世界。

でも、挑戦し甲斐があり、楽器の特性関係なく名曲は名曲です!

チャルダッシュで三味線!!
KUNI-KENしかやってないぞ!というくらいとことんやりました!


2曲ともスギテツさんのグルーヴに上手く入り込んでいけたと思います!

何より楽しかった、気持ち良かった!
スギテツさんだから余計にそう感じることもできる。

同世代というのもあって、楽屋トークも楽しかった。

また、スギテツさんの普段のコンサートのスタンスも、クラシックを身近に感じてもらえるような工夫がかなりされていて、ユニークで面白い。

僕達も凄く共感しているし、同じ2人組という安心感もあるのですね!


とにかく、垣根なんてなく、音楽というジャンルの前に、まるでパーソナルそのものの共演のようでした!

そして、JUNCOさんとも共演しましたよ!
鍵盤ハーモニカとピアノと歌で千本桜。



実はKUNI-KENとJUNCOさんも、なんと初共演!オンリーワンの千本桜を表現できたコラボでした。

今回の公演はKUNI-KENが挑戦できる機会を与えていただきました!スギテツさん、JUNCOさん、本当にありがとうございました!



さあ、このコンサート!


コンサートに来れなかった方はもちろん、来てくれた方も、後でDVDを購入する感覚ですね!

生のコンサートでは見れなかったところも見れるエンタメがあります。

時代ですね!



KUNI-KENステージ
1.昇龍の如く
2.津軽じょんがら節 曲弾き
3.千本桜 with JUNCO
4.夕花 with スギテツ
5.NIBACHI-MUGEN
6.JAPAN GOLD
休暇
スギテツステージ
1.春の海
2.剣のずいずいずっころばし
3.アイネ・クライネ・3分クッキング
4.ドナウ川殺人事件
擬音コーナー
5.暴れん坊ウィリアム・テル
6.無伴奏コンビニパルティータ
7.扁桃腺上のアリア
鉄度擬音コーナー
8.アルプスの牧場
9.あすなろう鉄道応援歌 with JUNCO
10.日本舞曲第5番 with KUNI-KEN

アンコール
1.チャルダッシュ with KUNI-KEN
2.大四日市音頭(全員)

KUNIAKI

◉ニューシングル「JAPAN GOLD」
 他、CDアルバム

◉オリジナルTシャツ、マフラータオル
 ステッカーなど

ハローみなさん!
三味線ロックユニットKUNI-KEN、四日市市観光大使の訓明-KUNIAKI-です!

KUNI-KENで世界に挑戦したり、倭奏(わかな)津軽三味線教室で生徒たちに熱血指導や中学校のゲストティーチャーで熱く講演したりしています!

あけましておめでとうございます!
昨年はたくさん応援ありがとうございました!
今年もどうぞよろしくお願い致します。

明日1月7日は、いよいよ地元四日市でスギテツさんと共演!

バイオリンとピアノでユニークにクラシックを奏でる僕も大好きで尊敬するユニットです。

時にはトムとジェリーの映像と合わせながら演奏したり、踏切の音をやってみたり、コミカルでカッコイイ!

僕達の津軽三味線がどこまでそんなお二人と交えることができるか楽しみ!



思えば昨年の2月に開催するはずだったコンサート。主催者さんの苦渋の決断により、あえなく一旦中止となりました。

しかし、そこから主催者さんはいろんなことを乗り越えて、再び開催できるまで尽力されました。

スギテツさんもKUNI-KENもこのご縁に感謝して、プライムな時間を約束します!

そんなプロセスがあった地元での開催!
是非見に来て下さい。
チケットはまだ若干あるそうです!



さて、KUNI-KENは元旦と2日にインストアライブがあり、エネルギーチャージは満タン!

元旦は地元四日市の日永カヨーで、なんと3年ぶりのインストアライブ!たくさんのお客様に来ていただきました!


2日はイオンモール出雲
はい、島根県!!
もちろん初登場でしたが、これまたたくさんのお客様に出迎えられました!


津軽三味線が珍しいとみたいで、KUNI-KENが新鮮にうつったかも!

初めて行くところなのに地元みたいなあたたかさがありましたよ!

日永カヨーもイオンモール出雲も担当の方はリピーター!

イベントができるようになって、こうしてKUNI-KENを呼んでくれました!信頼されているんだなと熱くなりました。

さらに、嬉しいことが!



ライブ前に電話があったんです!
行きますよーって!

出雲在在の久保さん!フランスでそんな話をしてたのを思い出した。

なんか嬉しいなー。
異国のフランスで出会い、こうして久保さんの地元のライブ会場でまた出会えるなんて、冥利につきます。

久保さんご来場ありがとうございました!

このようにまた今年も熱いブログとなりそうです。笑

さあ、20周年の2023年。
こうして熱く幕があけました!

皆様、今年も応援よろしくお願い致します!!

KUNIAKI

◉ニューシングル「JAPAN GOLD」
 他、CDアルバム

◉オリジナルTシャツ、マフラータオル
 ステッカーなど

↑このページのトップへ