月別アーカイブ / 2020年01月


渡り鳥シリーズで有名な俳優、宍戸錠さんが亡くなりました。
私は、ドラマでご一緒して以来、家が近かったこともあり、何度かお会いすることがありました。

当時はまだお若くて、映画への情熱にあふれ、いろいろと勉強になり、また本当に面白かった。
両頰にシリコンを入れ、悪役として売ろうとなさった時のお話などもじかに聞けました。
お優しくて、そして照れ屋で、存在感のある大人の男性でした。

考えてみると、お目にかかり刺激を受けた俳優さんたちが次々に亡くなります。
樹木希林さん、市原悦子さん、佐々木すみ江さん……。

なかでも、佐々木すみ江さんとは、朝ドラ「さくら」や大河ドラマ「篤姫」でもご一緒し、お手紙の交換もしていました。

それにしても、日本の宝が消えるようで淋しいですね。

宍戸錠さんのご冥福をお祈りします──。












明けましておめでとうございます。
なーんて、遅いですね。

皆さん、どんな新年をお迎えになりましたか?

私は、2日から仕事を始め、ずっと原稿を書いておりました。
今年はなんせ忙しい!
しかも、脚本家らしくない仕事がずらり。

小説は、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)とその妻・セツの物語。
舞台は、「オトコ・フタリ」というタイトルで、山口祐一郎さんと浦井健治さん主演で描きます。
作詞は、五月放送(日程未定)のスペシャルドラマ「路」の主題歌。
そして、オペラ!

落語、狂言、ミュージカルと変わった仕事をしてきましたが、それでも、オペラは初です。
言葉というより、音楽が主たる意味を持つオペラ。
これから勉強です。
楽しみです。

とにかく、悲鳴が出るほど忙しい年となりそうです。

その他にも、昨年からたくさんの刺激的な出逢いがあり、人間関係も賑やかになりそうです。

どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0119.JPG

↑このページのトップへ