ロンドンから飛行機に乗り、空港で車をレンタルし、イタリアはファッションの街、ミラノに着いた。
しかし、まず、私は驚いた。
イタリアの街の汚さ!
あちこちにペンキで落書き。
こ、これがイタリア?
そして、息子の運転する車は一路ミラノを目指しているのだが、いつまで経っても、なんだかファッションの街がない!
そのうち、「ほい、ホテル着いたよ」と息子に言われて、「えっ、ここがミラノ?」と仰天。
要するに、私が思い描いていた華やかなミラノとはなんだか大きく食い違っていたのだ。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9963.JPG


「おかしい、ここはミラノじゃないよ」と言う私に、息子との娘が言うには、「まずは感覚を正せ」とのこと。
イギリスに留学していた子どもたちからすると、ヨーロッパはいい意味での「田舎」であり、それを、とんでもない都会と思い込んでいる私の感覚こそがおかしい、と言うのだ。

ヨーロッパが田舎!
そして、ミラノも田舎!?
ここから名だたるハイブランドたちが世に出たわけ?
うーん。

どうにも納得できない私は、街一番のハイブランドが並ぶ通りに繰り出した。
路の両脇には、なるほど、これでもかとブランドショップが建ち並ぶ。
しかし、道路が狭い!
うちの近所の通りの大きさくらい。

「うーむ、なるほど」と私はうなる。
誰もが知るブランドたちは、この小さな街で生まれ出たわけだ。
小さな街なんて言うと、どこがじゃい! と言われてしまうかもしれないが、私の中のミラノはとにかく都会だった。
洗練された都会。
それが大きくくつがえされたのだ。

「そもそもあんたの常識がおかしい」と笑わば笑え。
とにかく私は驚いたのだ。

そして、一方で感激もしていた。
何かが生まれ出る土壌とはこういうことなのかもしれない。
この、美の国で生まれた人物がこの地味な?街で新たなる美を創り出す。
そして、小さな工房から生まれた物が世界を席巻する……。

すっかり納得した私は、とにかく見たかった、ドゥオモ(教会堂)に向かう。
そして、その前に立ったとき、私は鳥肌が立った。
写真をどうぞ。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9969.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9964.JPG
娘です。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9968.JPG

美しいでしょう?
ゴシック建築の最高傑作である。

ミラノには二泊したのだが、翌日ももう一度見に行ってしまった。

残念だったのが、ダ・ビンチの「最後の晩餐」が見られなかったこと。
日本で予約しようとして、三ヶ月先まで予約が埋まっていることを知った時はショックだった

ブレラ美術館では数々の名画を堪能。
いやあ、素晴らしかった。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9973.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9974.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9975.JPG

食べ物はおいしかった。
息子が見つけたささやかなワインバーで出されたプロシュートのおいしさは忘れられない。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9970.JPG

とまあ、とにかく、ミラノを車で出発した私たちは、水の都・ヴェネツィアに向かうのだった!


つづく


ミュージカル界の宝であり星でもある、山口祐一郎さんと浦井健治さんを主役に、来年12月上演の舞台を書くこととなりました。

先月27日に情報解禁となり、やっとこうしてお知らせできます。

情報は以下より──

「オトコ・フタリ」
というタイトルは、「男ふたり」であり、山口さんと浦井さんのお二人という意味です。

山口さんのご希望で、ストレートプレイ、つまり、歌なしのお芝居を書くことになっていたのですが、やはりそれではあまりにもったいない。
ファンの皆さんだって、きっとお二人の歌声を聴きたいはず。
そう思って、山口さんにその旨お伝えしたところ、
「急に歌い出す、ということがなければいいですね」
と、ミュージカルスターとも思えないお言葉に噴き出してしまいました

ということで、これから書き始めます。
情報等は、このブログで時々、少しずつアップしていきます。
お楽しみに!

来年の5月放送になる日本と台湾の合同ドラマ『「路(ルウ)」~台湾エクスプレス』の執筆も終わり、いよいよ今月末、撮影が始まることになりました。
台湾ロケから始まります。

原作は吉田修さんの長編「路」で、それを、3回に分け、日本と台湾で放送します。
内容等については、以下からどうぞ。

機械に詳しくない私が必死で新幹線の勉強をし、書き上げたものです。
つらかった……。

とはいえ、内容は、台湾新幹線を作った日本人、台湾人、欧米人たちの対立と和解の話でもあり、日本女性と台湾青年との国境を越えた恋の話でもあります。

主演の波瑠さんは北京語と英語も話さなければならず大変だと思います。
台湾側の主役、炎亞綸(アーロン)は、姿形も美しい、つまりかなりのイケメンですが、人間性もなかなかの素敵な男優さんです。
このドラマを機に、日本のファンが増えるかもしれませんね。

放送時間等、決まり次第ご報告します。
乞うご期待。 


_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9947.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9948.JPG

↑このページのトップへ