鹿児島で生まれて育った18年間。
地元愛ってのはそれほど無かった。

嫌いなわけではない。
早く地元から出たいとか思ってたわけじゃないし。

高校を卒業して県外へ出た。
鹿児島の訛りが抜けたことには気付かなかった。

20歳になって東京に住むようになった。
年々里帰りの頻度は減った。
里帰りする間隔は2年、3年と広がっていった。

特別な理由なんてものは特にない。
飛行機代が高いとか時間がないとか。
いつも冠婚葬祭に理由を作ってもらって里帰りをした。

ふとした時、東京で鹿児島を自慢げに語る自分がいた。

これが美味い。
ここに行くと楽しい。
ここの景色がすごい。
これは東京じゃ体感できない。

何でだろう。
鹿児島のことを今更になって調べて、東京で飲みながらプレゼンしてる。

四半世紀なんかもうとっくに過ぎてから、やっと地元愛が生まれている。

何かきっかけがあったわけではない。

少しずつ流れる時間と少しずつ変わる価値観。
離れて見ると見えてくるものってほんとにあるみたい。

人や心は離れたら帰ってこないことがほとんどだけど、故郷は突き放したって故郷だ。

僕は地元に帰りたいとは思わない。

地元から地元を発信すること、守ることは素晴らしい。

けど、僕は東京で暮らして、故郷の話をしたい。
同じ街で暮らすみんなに、故郷の話をしたい。

遠くからじゃ届かない言葉も、東京にいるから届くこともあるよね。

先日、2泊3日で里帰りをした。
3年ぶりだった。
町の時間も、友達の時間も、たしかに進んでいた。
俺も変わっていたけど、変わらないものも見つけた。

実家のベランダから見える景色がなかなか良かった。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0372.JPG

同郷の人たちが集まる日がある。
天文館の何十倍もある新宿の、小さな小さなライブハウスで。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0262.JPG