ファッションとかそうっすよね。
音楽もそう。

少し前まで古くてダサいって言われてたものが、
逆に新鮮でカッコいいになる。

グルグル回ってるんだなーと感じます。

働き方に関してもそう。

数年前からフリーランスって言葉が流行ってます。

「自由に働く」とか「好きなことで働く」とかすごく話題になってたしね。

なんかわかんないけど、
かっこいい気がしちゃうじゃんね。

かく言う僕もフリーランスとして生活してます。

でも、いざやってみると全然カッコよくないし、
保険も税金も高いし、マジで現実つら!


そんな中、フリーランスの流行も一段落してきた感じあるんで、
もうじきに正社員に傾くようになるでしょう。


「好きなことで働く」って事があんまり重要じゃなくなってきてる感じあります。


それより「好きなことが好きなようにできる暮らしを作る」という方が大事だと多くの人が感じ始めてます。

大昔からちょっと前まで、
「生計の立てる」ということと「好きなことをする」ということは一致してないといけなかった。

だけど、今はもうそれは変わっているんですよね。


好きなことで生計を立てなくてもいい。
好きじゃないけど自分が生計を立てれる手段で生計を立てた上で好きなことをすればいい。


世の中の流れは確実にこっち。
だってみんな好きなことを好きなようにしたいもん。


自分の生活が「生計を立てる手段」で担保出来れば、
「好きなこと」に思いっきり振りかぶることができるんすよね。
多少の失敗くらいしっかり受け止められる。
そこに利益を求めなくていいから、思いっきり挑戦できるようになる。


音楽活動に関してもそう。
だけど、なかなかこの価値観を受け入れられない人が多いというか、ほとんど。


音楽でお金を生むことが最優先なのか、
自分の暮らしを音楽で豊かにすることが最優先なのか、
自分が心から感動できる音楽を作ること最優先なのか、

人によって自分にとって一番大事なのは変わるから、
どれが良いなんてものはない。


自分にとって一番大事なことがなんなのかじっくり考えれば
きっともっとたくさんの音楽ファンが、
大好きな音楽を見続けることが出来たんじゃないかなって思います。


バンドが終わるのをみるのは何百回見ても悲しいね。

ライフスタイルもペースもどうでも良いから
また新曲が聴きたかった。



------
追伸
ブログに書くことをしゃべったらどうなんだろ?
と、さっき思い立ったから勢いで撮りました。

続けるかもしれないし、続けないかもしれない。