僕の短所はたぶん、

変なところで真面目過ぎる。

しっかり形を成して、発信しなきゃいけないとか、
意味を持たせなきゃとか、
理由を作らなきゃとか、
根拠とかなんとかかんとか。

そんなことを必要以上に考えてたのかもしれない。

ここ最近は随分と凝りがほぐれたとは思うんだけど、
それでもまだまだ凝りが残ってたのかも。


多分、人間そんなにちゃんとしてなくていいだと思う。


大体のことは生きてりゃなんとかなるし、
それでも、なんとかならないことは、どうしたってどうにもならない。
だから、悩んでもしょうがないから諦めも肝心。


それでも、生きていられる。

周りの目とか声とかが気になるって時は、
その人は自分が生きてるだけで喜んでくれるんだろうか、とか、
自分のメッキが全部剥がれ落ちて、
全てをなくしてマジで人間価値ランク世界ランキングワースト1になっても、その人は変わらないだろうか、
なんてことを考えてみる。


もし、その人が自分が無価値になったときに見捨てそうな人なら、
そんな人が言うことはなんも気にしなくていいんだと思う。


あー、なんか言ってんなー、

で、いい。


逆に、
この人が全てを失っても自分はこの人のこと好きだろうなって思う人がいたら、その人のことはしっかり大事にしたいね。


自分の価値を悩んでしまう時が来たら、
価値とか意味とか理由とか根拠とか、

ぜーんぶ、ぽーいってしちゃっていいんじゃないかな。


意味なんかなくてもいいよ。
もし、意味が必要になったら、後付けくらいがちょうどいいのさ。