月別アーカイブ / 2019年07月

非常に日本人的な話なんだけど、
ついつい自分を責めてしまうってことはあります?

国民性とか、県民性とか、血液型がどうとか、
俺は全く気にしないタイプなんだけど、
やっぱり日本人には多いらしい。

何か良くないことが起きると、
自分の中に責任を押し付けてしまう国民性らしい。

その割に、成功しても自分の頑張りだ!ってなかなか素直に思えなかったりね。

人ってぶきっちょだね。

多分、自分で自分を評価することが、良くないことって感覚が染み付いてるのかも知れない。

日本で暮らすと「自画自賛」「自意識過剰」とか、
そんな言葉がネガティブな使われ方しかしてこないから、そりゃそうだよな。しょうがない。

だけど、
ちょっと過剰に自分のことを責めすぎな人もいる気がします。

上手いこといったら、自分をどんどん褒めればいいし、
達成したよ!ってことを声に出していい。

ピロウズ大先生も
「君の夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ」
っておっしゃっていますし。


ほんと名曲。ファニーバニー。


うまく自分を評価してあげたり、責めないようにすることが出来ないって人は、

自分に起きた出来事を、
「何故いい結果になったか」
「自分は何を頑張ったか」
ってのを書き出してみるといいらしいよ。


どんなに小さいことでも、
「あ、自分って思ってたよりちゃんと出来てる!」って
気持ちを確認することができるみたい。


家を一度出ると世の中は冷たいことばっかりだからだから、
自分くらいは自分に優しくしてあげたらいいね。



満員電車での通勤時間が長いと、
給料が下がって、夫婦関係が悪くなって、健康を害して、心を病む。らしい。


やば。
なにそれ。


なんか、最近そういう研究結果について言及してる記事やレポートをよく見かけます。

満員電車での長い通勤時間にストレスを感じてる人が多いんだろうなー。みんな必死に耐えてるのね。
だから、こういう研究がされて、発表されたらたくさん拡散されているんだろうね。


ただ、自分のコントロールが得意な人だけは、
この長時間通勤によるダメージを受けないらしい。


なんとなく音楽を聞いたり、スマホゲームしたり、漫画読んだり、ってしてるだけだと、
時間を無駄に使ってる気になってしまって、
どんどん通勤時間に疲弊するらしいんだけど、


自分の手に入れたい知識を勉強したり、
自分のアウトプットのためにその移動時間を使ったり、
自分の未来をことを考える時間にすると、
長時間移動からくるダメージの全てを受けずに済むらしい。


なるほど!!!
と、強く強く膝を打つ話だった。


僕もね、毎朝毎晩移動時間がすごく長いんです。
平日はドア to ドアで片道2時間ほど、移動に使ってます。

だけど、周りに不思議に思われるほど、
移動によるストレスを全然感じていないの。


通勤時間のダメージを受けない方法の話を聞いて、
なるほどな、俺偶然にも全部それやってるわ。
ってことに気づきました。


音楽理論の勉強をしたり、
作詞をしたり、
自分の価値観を広げるためのスピーチ動画を見たり本を読んだり
ブログを書いたり、
Crahsの事務作業をしたり、
次はどんなCrahsのイベントをやろうかなって考えたり、
こんなイベントしたらみんな楽しんでくれるんじゃないかな!なんて妄想しながらワクワクしたり。


そんな風に過ごしてると2時間がほんと一瞬。
作業の合間に、漫画とか読むとリフレッシュにとなるから余計面白く感じてもう最高よ。


俺は、偶然運良く通勤のダメージを受けないようになる習慣がついてたらしい。


ツイてるなあ。


時間もそうだけど、
人はきっと自分のコントロールが効かないことにストレスを感じるんじゃないかなって思った。

だから、上司のことを我慢したりするとどんどんストレスがたまってしまう。
だけど、裁量権を持って自分の意思で仕事をすれば、何十時間働いても、楽しく働ける。


豊かに暮らすために必要なのは自由とコントロール。
なのかも知らないなって思ってという話でした。


自分の時間も
自分の気持ちも
自分の人生も

自分のものだぞ。


本日代官山LOOPにてライブ。

トップバッターを仰せつかりまして、
18:30っていう早い時間なのに走って集まってくれてほんと有り難い。

今日はバンドで合わせるのがすごく気持ちいいなあと感じました。
ほんとバンドって楽しい。
演奏するってほんとたまんない。

みんなもバンドすればいいよ。ほんとこれいつも言ってるけど。

みんなバンド組んでみんなで対バンしよ。そうしよう。


AIがどんどん進化して、
いろんなものが自動化されたり、簡略化されたり。
便利になり続けています。

それは音楽制作や演奏にしても同じ。
最近よくそんな記事を見かけます。
音楽を支えるテクノロジーの進化はほんとすごい。


デジタルで便利なものは全部AIが担っていくから、
僕らに残されていくのは、アナログなもの。

デジタルが進化すればするほど、
アナログなものが大事になっていくっていう不思議な話だね。

音楽も沢山のテクノロジーがあるけど、
一番アナログなものは生演奏。

生演奏が楽しくて、気持ちいい。それがなによりも大事になっていく。

SNSとかコミュニケーションツールが進化するなら、
最後に残るのは人と人の会話。


仲間と会話して、
仲間と演奏して、
Crahsを好きでいてくれる人達と、目と目を合わせて、
世の中がどれほど進化しても、
きっとずっと大切なことは変わりそうにないんだね。

今日も音楽をやれる幸せに感謝!

今日の6人。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2240.HEIC


会うたびにまりえさんのお腹の成長がすごい。
人って神秘的。


気持ちはもう親戚のおじさんです。
多分、サポメンたちもそうだと思うし、
お客さんたちもそんな気持ちなんじゃない?


暮らす音楽を届けるバンド、Crahsです。
今年の夏もよろしくね。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2236.JPG

↑このページのトップへ