月別アーカイブ / 2019年07月

今一番の貪欲な欲求は「楽しませたい」です。

楽しんでくれているところを見ると自分も楽しくなれるから。

自分の中にある、人気者になりたい、認められたい、有名になりたい、評価されたい、という所謂「売れたい」という感情の正体を考えたことがあります。

そしたら、全部「楽しませたい」に着地しました。


僕らが売れたら、応援してくれる人たちが喜んでくれる。
僕らがたくさんの人に認められたら、自分の好きな音楽が間違ってなかったと思わせてあげられる。

全部そこ。

根幹は楽しませたいという感情ですから、
もっともっと楽しませるにはどうすればいいだろうって
考えたとき、

僕らが売れたら、もっと楽しませるためにやれることの範囲が大きくなる。
それは、広くも出来るし、深くもできる。

もっともっと Crahsを好きでいてくれる人と一緒に楽しくなることをしたいから、
資金や知名度や影響力や発信力が必要。

だから、売れたい。

というところに着地しました。


ゴチャゴチャうっせー話なんだけど、
自分の心と根掘り葉掘り向き合うのもたまには大事だなと思った。

表面的な感情だけだと、
いつかスタミナ切れを起こすもの。

なんで売れたいのかを考えずに、
ウレタイと言ってるだけだと、続けられなくなって辞めちゃうんだろうな。

活動の源泉には、

意義と熱量と愛。


夢を見ながら、現実と向き合って、僕は自分の心の根幹を見つけたよ。


自分心紐解くのって難しいねー。

僕は心理学とか勉強するのが好きだったり、
ビジネスの勉強にも興味あります。

毎朝の移動中に記事読んだり動画を見たりで勉強してるんだけど、
今朝見た記事で、成功するリーダーの条件、失敗するリーダーの条件というのを取り上げているものがありました。

そしたら、失敗するリーダーの条件が、3年くらい前の自分にほぼほぼ当てはまってしまって、シュンとしました。
なんだか全てが合点いくような話だった。

思い返せば未熟者の象徴みたいな性格&行動だったなあなんて、記憶の中の自分に恥ずかしくなったりもしました。

だけど、この3年くらいでトライアンドエラーで一つ一つ改善していったことが、全部当てはまったから、3年前よりは少しは成長できてるのかな。

まあ、まだまだ半人前どころか、1/8人前くらいのリーダーだけどね。

無意識だったり、手探りだったりで改善したことが、
こうやって科学的だったり理論的に正しいんだよって証明されるとやっぱり少し安心するね。

誰だって、間違ってないよって言葉を待ってるんだなあ。

こうやれば良くなるとかは全然わかってなかったけど、
関わってくれる人の事を考えて、
相手のために何ができるかって思えるようになったのがいちばんの大きな転機だったのかも。


少しずつ少しずつ、良い人間になっていきたい。
日々成長だなー。


俺は多分一般的よりもずっとコミュニケーションに劣るタイプだから、
こうやって一つ一つ自分を成長させて、
一つ一つ結果にたどり着けたら、希望があるなあ。


誰だって成長できるんだよって、伝えていけるかなって。
そしたら、もっと日常に隠れてる幸せをたくさん気づけるよって。
心は豊かになれる。


人はいつからだって成長できる。
俺は進化するぞー!

この前鹿児島に帰った時に地元の仲間に聞いた話。

この歳(33〜34歳)になって、同世代のバンドマンが増えてるらしい。

就職をした、結婚をした、家族ができた。
色んな理由で音楽を手放していた元バンドマン達が、
もう一度自分の時間を増やせるタイミングになって、
また楽器を手にしているそう。

ものすごく希望のある話だと思った。

音楽業界について言及する人はたくさんいる。
CDのこと、フェスのこと、違法アプリのこと。

音楽に愛を持ってるからこその発信なのはわかるけど、
本当に大事なのはきっとそうじゃない。
それは全部変化してく時代の、変化してく過程を論じてるだけだ。


これからのミュージシャンは、
ミュージシャンの形が果てしなく増える。

若いうちに売れる、売れない

その2択でしかなかった時代はもうとっくに終わってる。


ミュージシャンは、
自分が音楽を愛しているミュージシャンだと確信している限りミュージシャンだ。


令和になった世の中は、複業が当たり前、
市場の大小や、セオリーなんてとっくにぶっ壊れてる。

なのに、音楽業界だけだ。

変わらないことも偉大だよ。そんなことはわかってる。
古き良き夢は、とても大切。
それを捨てるべきなんてかけらも思わない。

だけど、新しい夢、新しい希望、新しいスタイル、新しい向き合い方。

どんどん可能性に満ちてる。

音楽を愛していけば、
音楽を愛している人たちの未来は楽しくてしょうがないものになれる。

信じてる。
いや、確信してる。


まずは、ミュージシャンがたくさん増えること。
それだけで、ライブハウスはものすごく楽しくなる。


帰ってきてもいいよ、元バンドマン。
今から始めてもいいよ、元リスナー。


音楽を愛してると確信したら、
資格は十分。


世の中は人の数だけ夢があるのに、
音楽業界だけなぜか夢は一つか二つだ。

勝手に散ったことにするな。
夢の形は暮らす日々に合わせて形を変えているんだ。


30代で復活するバンドマン。
30代で新しく始めるバンドマン。


最高じゃんか。


俺さ、音楽好きでしょうがないんだよな。

君はどうなの?

↑このページのトップへ